インデックス > スーツデザイン > | ジャケットデザイン > ジャケットの寸法調整 Archive

ジャケットの寸法調整 Archive

スーツ寸法・ご自分で採寸

スーツ採寸イメージ

スーツ寸法・ご自分で採寸

    オーダースーツをお仕立ていただく際、一番多くのお客様にご利用いただいているご愛用スーツをお送りいただく方法に変えて、よりご自分のお好みに沿ったカスタマイズ度の高いスーツ寸法でのお仕立てをご希望いただく場合、またはご着用中のスーツをお送りいただくお時間がない場合などには、ご自分で採寸された寸法をお知らせいただくという方法もございます。お知らせいただく採寸部位は、サイト内で掲載させていただいている採寸ページの基本採寸部位および、あわせて下記の要領で採寸していただいたバスト・ウエスト・ヒップのヌード寸法をお知らせいただくとよりご希望に沿ったお仕立てをさせていただくことができると思いますよ^^
    また、縫製ラインによっては対応させていただくことができないものもありますが、寸法調整のほか、ジャケット腰ポケットのフタの高さ調整、ベント(センターベントサイドベンツなど)の深さ調整、ボタン位置調整、パンツの帯巾調整(通常メンズでは3.5cm、レディースは3cm)、タック量調整など、デザインに係わる部分についてもお気軽にお問い合わせいただければと思います。
    ※大きく当社パターンからはずれた寸法につきましては、調整させていただく場合がございます。
    -----------------------------------------------------------------
    バスト :乳首の真上を床と水平にきつくなく、ゆるくない程度に
    ウエスト:おヘソの上端にメジャー上端をあわせ、床と水平にきつくなく、ゆるくない程度
    ヒップ :お尻の一番突き出た部分(鏡の前などでご確認下さい)を床と水平に、きつくなくゆるくない程度
    -----------------------------------------------------------------

対応縫製ライン

    基本的な寸法指定はどの縫製ラインでもご指定いただくことができますが、基準寸法からの調整可能寸法・部位に縫製ラインによる若干の差があります。 .

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

採寸方法-ご愛用スーツを送る

愛用スーツで採寸

採寸方法-ご愛用スーツを送る

    Pitty Savile Rowでスーツをお仕立ていただく際に、一番多くご利用いただいている採寸方法が、ご愛用スーツをお送りいただくという採寸方法です。これは現在ご着用中のお手持ちスーツの中で、一番お客様の体型・寸法に合ったスーツを、当店から送らせていただく搬送箱に入れてご返送いただき、当店スタッフが採寸させていただくというオーダー方法です。生地・デザインなどをサイト内のデザインフォーム(メンズレディース)からお選びいただくだけで、お気に入り寸法のスーツをオンラインでご注文いただくことができる方法なので、一番お手軽です。
    また、「既製スーツのパンツはぴったりなんだけど、ジャケットのこの部分が、どのメーカーのものでもどうしても合わない」など、現在ご愛用スーツからの部分調整も、オーダースーツなら更に着心地の良い寸法でお仕立てさせていただけます。お送りいただくスーツの「この部分がもう少しタイトだったら・・」「着丈はもう少し短めなほうが・・」など、±の寸法調整がございましたらお気軽にお申し付けいただければと思います^^
    ※採寸箇所はサイト内掲載の採寸ページで基本採寸箇所の採寸させていただき、クラシコブリティッシュなどの各シルエットパターンでお仕立てさせていただくことになります。その他部位での寸法指定をご希望の場合には、お気軽にご相談下さい。

対応縫製ライン

    基本的な寸法指定はどの縫製ラインでもご指定いただくことができますが、基準寸法からの調整可能寸法・部位に縫製ラインによる若干の差があります。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの衿巾・ラペル巾指定

ジャケット衿巾

衿巾の基準

    ジャケットの衿巾は特にご指定をいただかない場合、 お客様の肩巾寸法を基準に決められます。 衿巾寸法はその時の流行に左右されることになりますが、 基本は肩巾寸法が広ければ衿巾も広く、肩巾寸法が狭ければ 衿巾寸法も狭くなります。
    また、パターンオーダーでお仕立ていただく、カスタムスーツEx-madeスーツの場合には、ご指定いただくことができる衿巾の太さ、狭さに若干の制限があり、ジャケットのシルエットパターンにもよりますが、5cm~10cm程度の衿巾の中で対応させていただくことができます。

指定方法

    この衿巾寸法は、【左参考画像】の採寸位置を採寸して いただくことでご指定寸法でのお仕立ていただくことができます。 下衿の一番尖った先端(下衿の一番広い位置)から地面と水平に 衿折り返し位置まで。 採寸寸法をご指定いただく場合には、5ミリ単位でご指定下さい。 標準的衿巾の目安は肩巾46cmのとき衿巾8.5cmとなります。

ジャケットのボタン位置調整

ジャケットのボタン位置調整

ジャケットのボタン位置について

    ジャケットのボタン位置は流行によって上がったり下がったり、今は高めのボタン位置が流行ですね。それにあわせてボタン位置が標準でも高い3釦4釦スーツのご注文をよくいただきます。。もちろんファッションは個人のものですので、、あえて時流に逆らって低いボタン位置でスーツを作るのも面白いかも知れません。ジャケットのボタン位置はジャケットフロント、一番目につくところですから仮縫い付きのフルオーダーでも鏡の前で後1cm上げてみようかな、、など気になりだすととっても気になるものです。

調整方法

    当サイトの各縫製ラインのうち、ボタン位置を詳細にご指定いただくことができるのは、ビスポークEx-madeスーツレディーススーツカスタムラインスーツでもボタン位置の上げ下げをすることはできますが当社レギュラーパターンから1.5cm若しくは3.0cmの上下のみご指定いただくことができます。このレギュラーパターンボタン位置は流行が加味されたり、また上着丈によっても異なりますので詳細な数値を決めることが難しいのですが、前回お作りいただいたスーツからの±調整だとか、採寸用にお送りいただくスーツボタン位置からの上下調整(可・不可あり)とご指定いただくと楽だと思います。また、カスタムラインでも有料オプションではジャケットボタン位置の詳細指定をしていただくことが可能です。
    ※各縫製パターンによって同じシルエット仕様(クラシコブリティッシュなど)でも、若干の差がありますので、前回縫製パターンと異なったスーツをお仕立ていただきます場合には、お手数ですがご確認いただければと思います。

More...

インデックス > スーツデザイン > | ジャケットデザイン > ジャケットの寸法調整 Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.