インデックス > スーツデザイン > | パンツデザイン > パンツの寸法調整 Archive

パンツの寸法調整 Archive

スーツ寸法・ご自分で採寸

スーツ採寸イメージ

スーツ寸法・ご自分で採寸

    オーダースーツをお仕立ていただく際、一番多くのお客様にご利用いただいているご愛用スーツをお送りいただく方法に変えて、よりご自分のお好みに沿ったカスタマイズ度の高いスーツ寸法でのお仕立てをご希望いただく場合、またはご着用中のスーツをお送りいただくお時間がない場合などには、ご自分で採寸された寸法をお知らせいただくという方法もございます。お知らせいただく採寸部位は、サイト内で掲載させていただいている採寸ページの基本採寸部位および、あわせて下記の要領で採寸していただいたバスト・ウエスト・ヒップのヌード寸法をお知らせいただくとよりご希望に沿ったお仕立てをさせていただくことができると思いますよ^^
    また、縫製ラインによっては対応させていただくことができないものもありますが、寸法調整のほか、ジャケット腰ポケットのフタの高さ調整、ベント(センターベントサイドベンツなど)の深さ調整、ボタン位置調整、パンツの帯巾調整(通常メンズでは3.5cm、レディースは3cm)、タック量調整など、デザインに係わる部分についてもお気軽にお問い合わせいただければと思います。
    ※大きく当社パターンからはずれた寸法につきましては、調整させていただく場合がございます。
    -----------------------------------------------------------------
    バスト :乳首の真上を床と水平にきつくなく、ゆるくない程度に
    ウエスト:おヘソの上端にメジャー上端をあわせ、床と水平にきつくなく、ゆるくない程度
    ヒップ :お尻の一番突き出た部分(鏡の前などでご確認下さい)を床と水平に、きつくなくゆるくない程度
    -----------------------------------------------------------------

対応縫製ライン

    基本的な寸法指定はどの縫製ラインでもご指定いただくことができますが、基準寸法からの調整可能寸法・部位に縫製ラインによる若干の差があります。 .

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

採寸方法-ご愛用スーツを送る

愛用スーツで採寸

採寸方法-ご愛用スーツを送る

    Pitty Savile Rowでスーツをお仕立ていただく際に、一番多くご利用いただいている採寸方法が、ご愛用スーツをお送りいただくという採寸方法です。これは現在ご着用中のお手持ちスーツの中で、一番お客様の体型・寸法に合ったスーツを、当店から送らせていただく搬送箱に入れてご返送いただき、当店スタッフが採寸させていただくというオーダー方法です。生地・デザインなどをサイト内のデザインフォーム(メンズレディース)からお選びいただくだけで、お気に入り寸法のスーツをオンラインでご注文いただくことができる方法なので、一番お手軽です。
    また、「既製スーツのパンツはぴったりなんだけど、ジャケットのこの部分が、どのメーカーのものでもどうしても合わない」など、現在ご愛用スーツからの部分調整も、オーダースーツなら更に着心地の良い寸法でお仕立てさせていただけます。お送りいただくスーツの「この部分がもう少しタイトだったら・・」「着丈はもう少し短めなほうが・・」など、±の寸法調整がございましたらお気軽にお申し付けいただければと思います^^
    ※採寸箇所はサイト内掲載の採寸ページで基本採寸箇所の採寸させていただき、クラシコブリティッシュなどの各シルエットパターンでお仕立てさせていただくことになります。その他部位での寸法指定をご希望の場合には、お気軽にご相談下さい。

対応縫製ライン

    基本的な寸法指定はどの縫製ラインでもご指定いただくことができますが、基準寸法からの調整可能寸法・部位に縫製ラインによる若干の差があります。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ダブル巾・カブラ巾

ダブル巾・カブラ巾

ダブル巾・カブラ巾

    パンツ裾の折り返し巾のことをダブル巾とかカブラ巾とかいって、オーダースーツでは その巾をご指定いただくことができます。 基本はパンツ丈に応じて長短を決めればよいと思いますが、標準は4cm、このサイト内デザインフォーム からは3.5cm~4.5cmまでの5ミリ刻み、3種類をご提案していますが、それよりも浅くしたり 深くしたりというご指定もしていただくことができます。
    ゴルフのジャンボ尾崎氏の折り返し巾は3.7cmだそうですよ、、これもこだわりの寸法です。
    メンズスーツ、レディーススーツどちらも対応可。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ダブル巾・カブラ巾はデザインフォームプルダウンメニュー以外数値でも 5ミリ単位で指定可/無料オプション

パンツタック量調整

パンツタック量調整

パンツタック量調整

    標準的なタック量から±何cmなどとご指定いただくことができます。 折り畳んであるパンツのタックの量(深さ)を調整できるオプション。 タック量は、パンツのヒップまわりの寸法や、モモ巾(ワタリ巾)と 関係の深い部分。
    多くは、パンツのモモ巾の太さとあわせて調整していただくことになると思いますが、 タック量を多くとれば太いパンツに、少なくとれば細いパンツに、、 シルエット的に1タックパンツにしてみたいけど、タイトなパンツの流行には 逆らわずに、、という方はパンツのモモ巾を少し細めに設定し、タック量を 少なくするのがおススメです。
    折り畳んであるタックを±1cm調整すると、ヒップまわりで2cm程度、モモ巾では5ミリ程度の調整寸法となります。 オーダーパンツだからできる微調整。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • Ex-made、E-Make、ビスポーク無料
    カスタム縫製のみ+¥1575の有料オプション

ループ下がり

ループ下がり

ループ下がり

    ベルトを通すループの位置は標準ではパンツ上端から 1cmとなりますが、この上端からの位置をループ下がり といって指定することができます。
    ※ループ上赤いマーク部分
    足長に見せたい人はこのループ下がりを長くとる(2cm程度) ことで、パンツ全体の総丈が長くなるので効果的、簡易的な ハイウエストのパンツ。逆におなかが出ている人は、このループ下がりを 少なくとる(5ミリ)もしくは、なし(トップループ=0ミリ)と すると今までこのループ下がりが反ってしまったり、よくシワになって いたのが解消されます。
    また、タイトで股上の浅いパンツにしたいときにも、このループ下りなしの トップループはご利用いただくことが多いご指定寸法。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※無料オプション
    5ミリ単位で指定可

More...

インデックス > スーツデザイン > | パンツデザイン > パンツの寸法調整 Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.