インデックス > スーツデザイン > ベストデザイン Archive

ベストデザイン Archive

ピーク衿ベスト

ピーク衿ベスト

ピーク衿ベスト

    室内でお仕事をしていただく際のスーツベストは、ジャケットを脱いでもサマになり、 動きやすく暖かいオーダーアイテム。また、三つ揃えでご着用いただくスリーピースは、 ジャケット+パンツの2ピースでご着用いただくことが多くなるスーツ以前の正統的なクラシックなスタイルとして、 ただいまとても関心度の高いスーツスタイルになっているんですよ。。
    ベストデザインもオーダーならシングル、ダブルのフロント仕様、胸ポケットや腰ポケット種類や、裏地、ボタンの選び方など 多くのご選択肢のなかからお選びいただけます。。
    衿付きベストは、ノッチ衿ベスト、ピーク衿ベスト、ショールカラーベストの3種類から。。もちろん、衿なしベストもご対応させていただけます。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿付きベスト・セミピークラペル

衿付きベスト・セミピークラペル

衿付きベスト・セミピークラペル

    Pitty Savile Rowサイト内にご案内させていただいておりますオーダーフォームから お選びいただくことができる、衿付きベストの衿型デザインは、一般的なノッチ衿、 剣型のピーク衿、ショールカラー(へちま衿)の3種となりますが、ビスポークラインではフォーム上にも ご掲載にないデザインでのお仕立てにご対応可。
    このセミピークラペルは、ピーク衿よりも少し剣先が小さく、上衿と下衿の間が少しだけ開いているのが 特徴的な衿型デザイン。ジャケットでは見ることも多い衿型デザインとなるのですが、 ベスト衿ではビスポークラインでのご対応のみとなります。。

対応縫製ライン
    ビスポークライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ダブル6釦3掛デザインで6穴(6掛)のベスト

ダブル6釦3掛デザインで6穴(6掛)のベスト

ダブル6釦3掛デザインで6穴(6掛)のベスト

    ダブルベストのほとんどが、内側をホック(スナップ)で 止めるデザインで作られているところ、6穴すべてを ボタン止めで仕立てられた、ダブル6釦3掛デザインの ピーク衿ベスト。
    6穴すべてに穴かがりが作られ、着用時のフィット感が 増すボタン止め仕様のベストデザイン
    ビスポークラインで仕立てられていますので、 ウエストまわりの寸法だけでなく、バストまわりの 上がり寸まで微調整。

対応縫製ライン
    ビスポークライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベスト胸ポケットを両玉フタなし

ベスト胸ポケットを両玉フタなし

ベスト胸ポケットを両玉フタなし

    ベストの胸ポケットのデザインにポケットの開き口を 玉縁飾りとした「両玉ふたなし」。 この両玉縁は、ジャケットの腰位置ポケットのフタを 隠してしまったのがその形ですが、これをベストの胸ポケット位置に 付けると、その仕上がり感はオーダーベストならでは。
    ビジネススーツ仕様やコットンリネンで仕立てるスリーピーススーツではもちろん、 オッドベスト(単アイテムベスト)でも、裏地や釦、衿付き、胸・腰位置 ポケットまでこだわりのデザインでお仕立てさせていただけます。。

    ※Pitty Savile Rowご掲載生地中の生地すべてで、スリーピーススーツ、 オッドベストのお仕立てにご対応可。各生地対応のオーダーフォームより デザイン等ご指定いただければと思います。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿付きベストのカラーとラペル

衿付きベストのカラーとラペル

衿付きベストのカラーとラペル

    ツイードフラノなどのカジュアル素材で仕立てるオッドベストや、 ビジネス用にはベスト付き3ピースで仕立てるスーツなど、ベストがらみ のオーダーアイテムがこの秋冬シーズンにも人気です。
    衿付きベストの衿は、スリーピースで着ると邪魔になりませんか?」 というお問い合わせをよくお聞きしますが、ベストのカラー(上衿)は、 肩線までなので、ご着用感に影響がでることは少ないと思いますよ。。 ピーク衿の衿付きベストも同じで、下衿(ラペル)部分の形が特徴的な 剣衿(ピーク衿)の形に変わります。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインに共通


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ショールカラー(へちま衿)の衿付きベスト

ショールカラー(へちま衿)の衿付きベスト

ショールカラー(へちま衿)の衿付きベスト

    ネイビーのコットン生地で仕立てられたショールカラー(へちま衿)ラペルドベスト
    共生地スーツに対してベストが付く3ピーススーツとなるだけで、ドレッシーさが 増してしまうのに、衿型をショールカラーとすることで、更に格調高いシルエット・デザインに。。 下部に見える釦止めを「赤」にしているのもこだわりポイント。 こんなベストがあれば、替えパンツ選びも楽しくなりそうです。。
    ベストの衿型には、このショールカラーのほか、ノッチ衿ピーク衿でそれぞれお仕立ていただけます。

対応縫製ライン
    Ex-madeラインで+¥2625
    ビスポークラインでもご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベストだけでオーダー

order_vest01.jpg

ベストだけでオーダー

    ジャケット+パンツの組合せを「ジャケパン」といわれるようになってずいぶん立ちますが、 ジャケット代わりに羽織るトップスとして、ベストをお選びになる方も多くなっており、 ベストをジレということから、「ジレパン」というコーディネートもよく耳にするようになりました。。
    せっかくのオーダーでお仕立ていただくベストなら、デザインにもひと工夫したいところ。 ベストの一番下の釦穴(6釦5掛の最下の飾り穴)と、ステッチの色糸をオレンジ色に統一したもの。 ポケットの形を、フタ付きポケットフタなし玉縁のほか、フタ付きアウトなどジャケットで お選びいただくことができるポケット型は、変わり型対応となりますが、全てご対応させていただけます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    スーツ基本価格に対して40%


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

スリーピースベストの裏地の決め方

スリーピースベストの裏地の決め方

スリーピースベストの裏地の決め方

    春夏にはオッドアイテムとしても関心度が高い、ベストですが、 ここ数シーズンは英国調をキーワードにウエストコート(ベスト)付きのビジネススーツ に高い人気が集まっています。
    このスリーピーススーツの裏地は、一般的には、ジャケットの胴裏地と同じものが つけられるため、ジャケット胴裏は目立たないから少し派手めなものをということで 選んだ場合には、ベスト背表に思いのほか、主張の強い裏地色柄が出てしまうという ことがあるため、少しのご注意が必要かも知れません。
    裏地の合わせ方は、やはりスーツの表生地や、使う釦によって変えるのがポイント。 柄ものでも同系色で合わせれば落ち着きます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

人気のツイードベスト、6釦5掛の釦位置

ハリスツイードベスト・腰ポケットフタ付き

人気のツイードベスト、6釦5掛の釦位置

    ベスト付き3ピースできっちり着こなすスーツが人気なのに加えて、 ハリスツイードフラノなど、カジュアルアイテムで仕立てる オーダーベストもお客様の関心の多いアイテム。
    この6釦5掛ベストは、シングルベスト標準が5釦5掛や6釦6掛の フロントデザインに対して、最下端の釦1つが飾りで付けられているもので、 実際には止めることができません。
    よくいただくオーダー内容には、この1穴のみ穴かがり糸を色糸指定する などオッドベストのアクセントとしてはとても効果的に使えるデザインのひとつです。 腰ポケットがフタ付きというのもカジュアルベストには気になるところ。。
    また、オーダーフォーム上ではご案内がありませんが、ジャケットの胸ポケットや 腰ポケットとしてご掲載のあるポケットの形でしたら、このベストの胸ポケットや 腰ポケットにも付けることができます。。

対応縫製ライン
    シングル6釦5掛ベストは 全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベスト胸ポケット・左右ハコポケット付き

ツイードベスト・胸ポケット左右ハコ

ベスト胸ポケット・左右ハコポケット付き

    軽めの一枚仕立て・アンコン仕立てのジャケットが好まれる一方で、 ベスト付きかっちりめ、伝統的スーツスタイル・フォーマル度が高めなスリーピーススーツも 人気です。
    ビジネススーツではベストの胸ポケットは付けないことが多いですが、 ツイード素材などで仕立てる時には、ベストデザインにも少し凝りたいもの。 胸ポケットも腰ポケット標準の箱ポケットを付けたり、 フタ付きとしたりなど、既定のデザインフォーム以外のデザインにも、 ポケット形状変更等は、比較的対応させていただきやすいカスタマイズです。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿付きベストのスリーピーススーツ

IMG_9339.JPG

衿付きベストのスリーピーススーツ

    クラシックなスーツが好まれるスーツ事情では、 ブリティッシュスーツクラシコスーツとも伝統的スーツスタイルには必須のベストが注目のアイテム。
    たまに、衿付き(ラペルド)ベストとした場合、 ジャケットを着たときの着心地感が悪くならないか・・ というお問い合わせをいただくことがあります。 ジャケットのVゾーンからのぞく立体的なベストの シルエットはかっこいいものですし、ジャケットを 脱いだときにも、衿なしベストよりもファッション性が 高いです。
    ご心配のご着用感は、上衿をベストの肩線に挟み込む作り方のため、 衿腰が重なることはなく、またラペルも極端に厚いものでなければ 気になりません。

対応縫製ライン
    衿付きベストは全ての縫製ラインで対応可。
    衿の形にはノッチ衿のほか、ピーク衿、ショールカラーなど。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードのベスト、腰にフラップ付きポケット

ハリスツイードの衿付きベスト

ツイードのベスト、腰にフタ付きポケット

    古典柄ガンクラブチェックで仕立てた衿付きベスト。かっこ良くラペルドベストといいたくなるほど良い仕立て上がりの オーダーベストです。ブラウンミックスな暖かみのある豊かな色合いが、大人の雰囲気を。しかし、素材がスポーティーな ハリスツイードというのが、またやんちゃなひと味を加えてくれています。
    ビジネス用に三つ揃いで誂えるスリーピーススーツのベスト・腰ポケットは、箱ポケット(ウエルトポケット)が標準仕様 となりますが、フラップ付きポケットとすることで、アウター的に着こなすときのうれしいアクセント。
    春夏シーズンなら同じツイードでも、カノニコのメッシュ織り、その昔麻袋がこのようにざっくり感のある織りをしていた ことからホップサックツイードともいわれる、サマーツイードがおススメです。

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベスト胸ポケットハコ型ほか、ベストポケットのバリエーション

ベスト胸ポケット・ハコポケット付き

ベスト胸ポケットハコ型ほか、ベストポケットのバリエーション

    スーツ関連の服飾用語でウエルトポケットは一般にハコポケットのこと。このウエルトは縁飾りという意味をもち、 もとは靴下のはき口部分の飾りのことをさします。ジャケットの胸ポケット標準としてのハコポケットは、 ベストの腰位置ポケット標準としての顔もあり、また、サンプル画像はそれを胸位置のポケットとしたものです。。 作り方は、切込みを入れたスリットポケットとしたところに、縁飾りをしたもの。この縁飾りが長方形をしていれば 「ハコポケット」、脇にかけて舟のへさきのように先細りになっていれば「バルカポケット」この切り込みに玉縁をつければ 「フタなしの両玉ポケット」になります。
    ベスト用のポケットには、他にいろいろなバリエーションがあり、ジャケットの腰ポケット同様フタ付きとしたものや、 フタなし両玉ぶちなど、左右とも、また左のみなど。

対応縫製ライン

    縫製ラインにより対応デザインに若干の差がありますので、各縫製仕様専用のオーダーフォームでご確認下さい。
    オプション料は¥0~¥1,050

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛

    メンズスーツの場合、ベストのフロント釦の数は5個か6個が標準で、5個よりも6個のほうが釦数が多い分、 シャツの見えるVゾーンが狭くなって、釦間隔も狭くなります。
    この6釦5掛ベストは、一番最後の6個目の釦は飾りで釦穴も開きますが、実際には止めることができない 釦と釦穴との位置関係にあります。
    釦穴などに穴かがりを色糸指定としてみたり、この6個めの釦だけ、違った種類・色のものにしてみたりと オーダーベストらしいデザインのバリエーション。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    無料オプション

衿付きベスト(1)

衿付きベスト

衿付きベスト

    ベストはアメリカでの呼び名、イギリスではウエストコート、ニット系のベストはチョッキと呼ばれて ウォームビズには欠かせないビジネス用のアイテムのひとつ。
    燕尾服フロックコートディレクターズスーツには必ず用いられ、上下服・ツーピーススーツに 加えて3つ揃い・3ピーススーツになる。 衿付きにすると更にドレッシーさが増して、仕事ができそうでイカク的な装い。
    寂しい衿元を飾ってくれるディテールとしてもおススメです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ビスポークラインのみ ¥3150
    他縫製ラインでは一律¥2100

ベスト-腰ポケットハコ

ベスト-腰ポケットハコ

ベスト-腰ポケットハコ

    特別なご指定をいただかない限り、ベストの腰位置のポケットはこのハコポケットが標準仕様。 どの縫製ラインでもいくつかの変わり型デザインのご用意があり、ジャケットの腰ポケットと同じようにフタ付きポケットに したりフタを取った玉縁のみのフタなしポケット他、ビスポークラインではかなりの自由度があります。
    このハコポケットはジャケット胸ポケットのハコポケットと同形状。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで標準仕様

ベスト-尾錠

ベスト-尾錠

ベスト-尾錠

    ゆったりめのベストをこの背の尾錠できゅっとしめてジャストサイズに調節するために使いますが、今のベストはぴったりに着用しますので、ほとんど飾りのようなもの。
    逆にオーダーなのでゆったりめのサイズに作ったベストをこの尾錠で絞って着るのもおもしろいです。ベストの背の作り方にも、「ジャケット胴裏と同じ裏地で仕立てる」「ベスト前身と同じ生地で仕立てる」などいくつかの方法があるので、尾錠を付ける付けないのセレクトでカスタムメイドの巾も広がります。

対応縫製ライン

    ※全縫製ライン/尾錠つきが標準仕様
    備考欄などに【尾錠なし】など明記で
    尾錠なし仕様にも対応可

衿付きベスト(2)

衿付きベスト

衿付きベスト

    ウォームビズにおススメなベストに衿が付くと グッと格調高くシックな装いになります。 オーダーだからベストを付ける付けないはご注文時に 選ぶことができるのですが、おじさん臭いニットベスト よりもスーツ生地と共生地で仕立てるベストははるかに カッコいいもの。
    ベスト付きスーツのことを3ピースとか3つ揃えなどと いい、上下一組のものは2ピーススーツといいます。
    ウエストコート(ベスト)付き3ピーススーツは英国調で着こなしたい ブリティッシュスーツは欠かせません。
    ベストの衿は前のみで、首の後ろ(衿腰)部分は通常つきません。

対応縫製ライン

  • カスタムライン
  • ※ベストオプション+¥2100
  • Ex-made・レディース
  • ※ベストオプション+¥2100
  • ビスポーク
  • ※ベストオプション+¥3150

More...

インデックス > スーツデザイン > ベストデザイン Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.