インデックス > スーツデザイン > | ベストデザイン > ベストのシルエット Archive

ベストのシルエット Archive

ピーク衿ベスト

ピーク衿ベスト

ピーク衿ベスト

    室内でお仕事をしていただく際のスーツベストは、ジャケットを脱いでもサマになり、 動きやすく暖かいオーダーアイテム。また、三つ揃えでご着用いただくスリーピースは、 ジャケット+パンツの2ピースでご着用いただくことが多くなるスーツ以前の正統的なクラシックなスタイルとして、 ただいまとても関心度の高いスーツスタイルになっているんですよ。。
    ベストデザインもオーダーならシングル、ダブルのフロント仕様、胸ポケットや腰ポケット種類や、裏地、ボタンの選び方など 多くのご選択肢のなかからお選びいただけます。。
    衿付きベストは、ノッチ衿ベスト、ピーク衿ベスト、ショールカラーベストの3種類から。。もちろん、衿なしベストもご対応させていただけます。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

胸開きが広い4釦4掛ベスト

胸開きが広い4釦4掛ベスト

胸開きが広い4釦4掛ベスト

    ベストの釦位置は、ジャケットと同様フロント釦の数が多くなれば高くなり、 少ないと逆に低い釦位置。
    ビジネススーツとしてご着用いただくことも多い、ブリティッシュ仕様のベストモデルには一般に高い 釦位置のベストが標準セットされますが、素材がリネンコットンでお仕立ていただく カジュアル向きなオッドベストには、ボタン位置が低く楽なご着用感のシングル4釦や3釦のベストがおススメです。。

    またベスト生地をお好み素材でお仕立ていただけるほか、裏地にもこだわれるのが オーダーベスト。。
    この裏地生地のみを使ったベストもお仕立ていただくこともできるんですよ。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ダブルベスト6釦3掛

ダブルベスト6釦3掛

ダブルベスト6釦3掛

    ビジネススーツをドレスアップさせてくれるアイテムとして、 スーツ地と共生地で仕立てるオーダーベスト
    スリーピーススーツとしてのご着用は当然視野に入れた おしゃれ度の高いブイゾーンはもちろん、動きやすい 袖なしベストは、室内での作業時、ジャケットなしの もの足りなさを解消してくれます。
    ダブルベストの特徴的なところは、ジャケットのダブルと 同じく両前といわれる打ち合いの深さ。 シングルベストでは前裾が剣先となっているところ、 水平の裾線となっているところでしょうか。 シングルベストと同じく、釦数が多いとネクタイの 見えるブイゾーンが狭く、釦位置が高くなります。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン  +¥2100
    カスタム・ビスポーク +¥1050

シングル3釦3掛のベスト

シングルベスト3釦3掛

シングル3釦3掛のベスト

    ビジネス用スーツに合わせるベストは、その多くが5釦5掛や、6釦5掛など 比較的ネクタイやシャツの見えるブイゾーンが狭めのものが多いのですが、 話題のネオヒルズ族や、おしゃれに関心のある若い方を中心にベスト+パンツの アイテム構成でご着用いただくジレパンという着こなし方におススメなのが、 3釦3掛のベストスタイル。
    このベストスタイルは、ベストの第一釦位置が低いので開放感があり、 着心地も楽。ネクタイをしないドゥエボットーニなどのシャツとの 相性も良いです。
    前釦を開けたり、前ボタンを共布ボタン、メタル釦でアクセントなど、 ベストの背部分の生地共生地で作ったり、通常胴裏と同じ生地で 作る背部分を、柄裏キュプラや、ベスト表生地とは違った色のものを 付けるなどいろいろなバリエーションをお楽しみいただけます。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛

    メンズスーツの場合、ベストのフロント釦の数は5個か6個が標準で、5個よりも6個のほうが釦数が多い分、 シャツの見えるVゾーンが狭くなって、釦間隔も狭くなります。
    この6釦5掛ベストは、一番最後の6個目の釦は飾りで釦穴も開きますが、実際には止めることができない 釦と釦穴との位置関係にあります。
    釦穴などに穴かがりを色糸指定としてみたり、この6個めの釦だけ、違った種類・色のものにしてみたりと オーダーベストらしいデザインのバリエーション。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    無料オプション

衿付きベスト(1)

衿付きベスト

衿付きベスト

    ベストはアメリカでの呼び名、イギリスではウエストコート、ニット系のベストはチョッキと呼ばれて ウォームビズには欠かせないビジネス用のアイテムのひとつ。
    燕尾服フロックコートディレクターズスーツには必ず用いられ、上下服・ツーピーススーツに 加えて3つ揃い・3ピーススーツになる。 衿付きにすると更にドレッシーさが増して、仕事ができそうでイカク的な装い。
    寂しい衿元を飾ってくれるディテールとしてもおススメです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ビスポークラインのみ ¥3150
    他縫製ラインでは一律¥2100

衿付きベスト(2)

衿付きベスト

衿付きベスト

    ウォームビズにおススメなベストに衿が付くと グッと格調高くシックな装いになります。 オーダーだからベストを付ける付けないはご注文時に 選ぶことができるのですが、おじさん臭いニットベスト よりもスーツ生地と共生地で仕立てるベストははるかに カッコいいもの。
    ベスト付きスーツのことを3ピースとか3つ揃えなどと いい、上下一組のものは2ピーススーツといいます。
    ウエストコート(ベスト)付き3ピーススーツは英国調で着こなしたい ブリティッシュスーツは欠かせません。
    ベストの衿は前のみで、首の後ろ(衿腰)部分は通常つきません。

対応縫製ライン

  • カスタムライン
  • ※ベストオプション+¥2100
  • Ex-made・レディース
  • ※ベストオプション+¥2100
  • ビスポーク
  • ※ベストオプション+¥3150

More...

インデックス > スーツデザイン > | ベストデザイン > ベストのシルエット Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.