オーバー・ストライプ

こまかい縞の上に色糸で縞を重ねた縞柄のこと。
格子柄の上に、ストライプを配置する柄のこともオーバーストライプという。
日本名は、越縞。

地のストライプより、重ねるストライプの方が間隔が広くなり、
目立ったストライプとなる。
ストライプをどのように配置するかで、呼び方が異なるものに、
オルターネイト・ストライプ(交互縞)などがある。

同様の手法で、格子柄を配置する織り柄は、オーバーチェック
またはオーバープレイドといい、小柄やストライプの上から、
ウィンドウペインなどの大きな格子柄を配置する。

関連用語


カテゴリー: スーツ生地の織り柄, ストライプ