カノニコ(CANONICO)

カノニコ(CANONICO)

イタリア製 カノニコ(CANONICO) made in Italy

Vitale Barberis Canonico(ヴィタルバルベリス カノニコ)は、イタリア北部ビエラ地方を本拠とする高級服地の織元メーカー(ミル)です。
1936年創業、良質原毛からの紡績、機織、染色まで一貫して自社工場で行い、その輸出先は世界40カ国以上。クラシカルで品質の高いカノニコの生地は、ヒューゴボス、バーバリー、アルマーニほか世界有数のトップアパレルでも使われています(日本の既製服では、ユナイテッドアローズ、ビームスなど)。
生地の特徴は、軽くなめらかな肌触りで光沢があり、イタリア製生地らしい発色の良さもあるので、現在の多くの方に好まれる主流の生地とあって、人気も高いです。
価格帯は10万前後のところが多いと思いますが、高い品質のわりには比較的手ごろで、コストパフォーマンスの良さでは高い評価があります。
また、近年ではイタリア生地の最高峰といってもよい、エルメネジルド・ゼニアの生地も、このカノニコで織られているということからも、信頼の高さが伺えます。

Super 110'sのSuper(スーパー)って?

Super 110'sやSuper 120'sのSuper(スーパー)は、基本は糸の細さ、数字が大きくなれば大きくなるほど、糸が細く、生地が薄くなり光沢感が増すということで良いと思うのですが、実際にはこのスーパー表示は、「羊毛繊維の品質」の程度を表わしています。
糸の細さは番手で表わし、これは「糸の太さが18.5ミクロンで100番手、18.0ミクロンで110番手、17.5ミクロンで120番手」となります。
通常、良質の極細毛で太番手の糸を紡ぐことはしないため、「羊毛繊維の品質」=「糸の太さの番手」というのでもほぼ間違いではないのですが、たまにフラノタッチな厚地の紡毛織物などで、スーパー表示があったりすると、あれ・・ということになってしまうかも知れません^^

モヘア・キッドモヘア(Mohair・Kid Mohair)って?

太い繊維のためにざっくり感があるモヘアと、スーツ地標準のウール素材とを混織することで、ウールのしなやかさと弾力性・シワへの回復力をあわせもつ春夏向き高級服地となります。
モヘアの大きな特徴とする軽さと通気性の良さ、そして春夏らしい光沢感は、シルクを超えるとも言われるサマーマテリアル。
キッドモヘアは生後3ヶ月程度の子山羊から採れるより細い糸から織られるため、モヘアより柔らかく、生地値も若干高めで取引されています。

カノニコ

カノニコ(CANONICO)のオーダースーツ生地で仕立てる

服地はSuper表示されているような細糸で織られることで、光沢感となめらかな肌触りをもつスーツ地に製織されることになりますが、カノニコのような服地ブランドは、原毛段階から良質の繊維のみを選別して使用するため、その生地の仕上がり感は、世界有数の品質との評価が与えられています。

イタリア製カノニコ
Super 110's
Wool 100%
made in Italy|260gms

¥64000
特別ご提供価格 ¥42800~

カノニコSuper110's

紡毛糸で織られる一般のフランネルに対して、経緯糸ともSuper表示の細糸となる梳毛糸を使ったものをウーステッド・フラノといいます。
上質のSuper100′sで織られたカノニコのフランネルは、その毛羽立ち感もとても繊細で、肌触りも良く、暖かみのある織り上がり。

イタリア製カノニコ
Super 100's フランネル
Wool 100%
made in Italy|340gms

¥64000
特別ご提供価格 ¥48800~

カノニコ

Super120'sの細糸で毛羽立たせたサキソニーフランネルは、きめか細かく、カシミアのように柔らかく優しい肌ざわり。
起毛感のある生地表面は、空気を多く含み、衣服の中の暖かさを逃がしません。

イタリア製カノニコ
Super 120's
サキソニーフランネル
Wool 100%
made in Italy|270gms

¥66800
特別ご提供価格 ¥45800

カノニコSuper120's

2015年秋冬シーズンより、さらに原毛をSuper150'sにアップグレードさせ、リニューアルされた(伊)カノニコのプレミアムスーティング、リベンジ(Canonico Revenge)は、高い光沢感とビジネス環境にも適した耐久性を持つ質感の高いスーツ地コレクション。

イタリア製カノニコ
Super 150's
Canonico Revenge
Wool 100%
made in Italy|270gms

¥92700
特別ご提供価格 ¥58800~

カノニコ

高級服地を扱うイタリア・ビエラ地区でも世界的に評価の高いカノニコから、秋冬トレンドのヴィンテージ調ジャケット生地30柄。

イタリア製カノニコ ジャケット
シルク混、ヴィンテージ調ほか
Wool 100%
made in Italy|300gms~

¥52500
特別ご提供価格 ¥37800~

カノニコ

カノニコ春夏もの

「4シーズンにわたってご着用いただくことができるモヘア服地」をコンセプトとして提供される、カノニコ・モヘアクアトロは、服地全体のおよそ4分の1となる27%のモヘア混。
欧州諸国をはじめ日本でも高い人気があり、高いクオリティーを持つこのクアトロは、春夏を中心としたオールイヤーコレクションとしておススメです。

イタリア製カノニコ
Mohair Quattro
Wool73% モヘア27%
made in Italy|290gms

¥66800
特別ご提供価格 ¥45800

春夏のビジネスシーンをしっかりとカバーしてくれる春夏服地。
イタリアを代表する名門ミル(織物工場)、ヴィターレ・バルベリス・カノニコの毎シーズン一番人気としてあげられるのが、このサマーコレクション定番の、カノニコ Super120'sです。
細糸で織られているためにより光沢感があり、1平方m当たりの重さも、230gと軽量でより涼しく、過ごしやすい服地となっています。

イタリア製カノニコ
Super 120's
Wool 100%
made in Italy|230gms

¥60000
特別ご提供価格 ¥39900~

カノニコSuper120's

イタリアを代表する高級服地ブランド。
ヴィターレ・バルベリス・カノニコの春夏定番Super 110'sはお仕事用スーツとしての耐久性と光沢感を兼ね備えた毎シーズン大好評のスーツ服地。
Super 120'sに比べると、Super表示される数が小さい分、糸が若干太めのため、1平方mあたりで表示される生地の重さが240gと少し重めです。

イタリア製カノニコ
Super110's
Wool 100%
made in Italy|240gms

¥66800
特別ご提供価格 ¥45800

カノニコSuper110's

春夏シーズンの高級服地に必須のモヘアの中でも、生後3ヶ月程度の子山羊から採れた、より細い繊維のみを用いて織られるキッドモヘアは、その独特の光沢感と肌ざわり、そして高い質感を持つスーツ服地。
また、更に強い光沢をはなつ、モヘアツイルのなめらかな肌ざわりは、おしゃれでスーツ好きな皆様を十分に楽しませてくれる存在感と、お仕立て映えを店長がお約束いたします^^

イタリア製カノニコ
Kid Mohair
Wool84% キッドモヘア16%
made in Italy|230gms

¥64000
特別ご提供価格 ¥45800~

カノニコ

新しく春夏シーズンのカノニコ生地にラインナップされたラスティックトロピカル(RUSTIC TROPICAL)は、通気が良く見た目にも涼しい粗い織り感が蒸し暑い夏にもさらっとした着心地を体感させてくれる、夏には必須の平織りトロピカル。
やや色褪せた(ラスティック)ような生地の風合いが、ヴィンテージなテイストを楽しませてくれます。。カジュアル、ビジネス兼用でご着用いただける夏の新定番。

イタリア製カノニコ
Rustic Tropical
Wool 100%
made in Italy|240gms

¥64000
特別ご提供価格 ¥45800

カノニコ

粗く、平織りで織り上げられた薄手・梳毛地のトロピカルは、風通しの良い夏定番の服地。
220gmsの超軽量な重さの生地なのに、しっかりとしたハリ・コシを備えた、シャリ感のあるスポーティー・トロピカル生地使用で仕立てたスーツは、厳しい夏シーズンのお仕事を快適にサポートしてくれます。
メランジ糸使いによるどこか懐かしい生地の風合いは、正統派クラシックスタイルのスーツに好相性です。

イタリア製カノニコ
SPORTY・TROPICAL
Wool 100%

made in Italy|220gms

¥64000
特別ご提供価格 ¥45800

カノニコ

高級服地ブランド・カノニコが毎春夏シーズンに展開するメッシュ織りのスーツ・ジャケット用素材は、透け感の少ない目の詰まった生地素材のため、メッシュ調織物のもつ清涼感と長期にご着用いただくことができるご着用感を有効にご利用いただける応用範囲の広いファブリック。

イタリア製カノニコ ジャケット
サマーツイード
Wool 100%
made in Italy|280gms

¥52500
特別ご提供価格 ¥32800

カノニコ

高級服地ブランド・カノニコが毎春夏シーズンに展開するメッシュ織りのスーツ・ジャケット用素材は、透け感の少ない目の詰まった生地素材のため、メッシュ調織物のもつ清涼感と長期にご着用いただくことができるご着用感を有効にご利用いただける応用範囲の広いファブリック。

イタリア製カノニコ ジャケット
リネン・シルク・コットン・ウールなど
ブレンド素材
made in Italy|230~320gms

¥52500
特別ご提供価格 ¥37800~

カノニコ

カノニコ生地

 カノニコ(CANONICO)におススメデザイン

・セミノッチ

シングルジャケットの衿型はノッチが標準。このノッチの場合には上衿と下衿の縫い目線(ゴージライン)が直線ですが、セミノッチの場合には下衿が少し出っ張っています。
オーダーだから選ぶことができるオーダーらしい衿型です。ゴージラインの高いクラシコスーツにも相性が良いです。

セミノッチ衿

・キス釦・重ね釦

ジャケット袖口の釦は2~4個、数ミリの間隔をおいて付けられているのが標準ですが、この袖口の釦の端を少しずつ重ねて付けるのを【重ね釦】とか【キッス釦】などといって、オーダースーツではよくいただくオプションのひとつです。
このキッス釦は「袖本開き・本切羽」と併用してご指定いただくこともできますので、袖釦穴があって更に重なっている、、というのはおシャレ的にもポイントが高いです。このキッス釦とする場合の袖釦数は、通常ある釦間隔がなくなって袖先釦~数個の釦の巾が狭くなりますので、3個よりも4個のほうがバランスが良いかも知れません。

キス釦・重ね釦

・シングルピーク

フォーマルなスーツによく見るピークドラペルは少しかしこまったドレスアップのイメージの強い衿型ですが、あえてカジュアル素材に合わせられるのもオーダーならではのカスタマイズです。
衿巾は今細めが主流ですので、剣先が突き出て少し大きめに見えるピークドラペルも、細めにするのがおススメです。少しの違いですが、ラペル、カラーの形が若干違うことで、ピーク、セミピークの2種類があります。どっちにしよーかなーと、少し悩んでみてくださいね^^

・サイドベンツ

カジュアルのジャケットには、ベントをサイドで開けておくのが動きやすく腰まわりが楽なので良いのではないかと思います。。店長よりも上の世代の方ですと、ベントはセンターベントのみ、サイドベンツは少しキザな感じがして滅相もない・・という方がたまにいらっしゃいますが、タイト志向の今スーツでは、ベントはサイドが正解です。
右画像で白く見えているのが胴裏地になりますが、オーダースーツではこの胴裏地もご指定いただくことができるので、カジュアルテイストなカスタマイズをお楽しみ下さいませ。。

関連記事

ネットからオーダー

  1. スーツデザイン
    スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
  2. 仕立てる生地を選ぶ・春夏
    生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
  3. ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
    採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
  4. シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
    縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
  5. 各縫製ライン対応のスーツモデル
    シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
  6. オーダーの流れ
    オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る