テーパード・スラックス

裾口へ向かって先細りになったシルエットのスラックス。テーパード・パンツ。よりテーパードになり、脚にぴったりしたものを”スリム・スラックス”また、極端にスリムなことを”スーパースリム”と呼んでいる。ブリティッシュモデルのスーツにみられるテーパードスラックスマンボズボンに見られるスーパースリム
ビジネス用に着用されるスーツのパンツシルエットとしては、もっともオーソドックスなシルエットで、タックの有る無しに関わらず、人の脚のシルエットに自然に沿うように太めのモモからヒザ、裾にかけて細くなっている。テーパードスラックスの「テーパード」は「先細りになった」という意味をもつ。ヘアカットでいう「テーパーカット」(髪の毛を筆先のように細くカットする)と同じ語源となる。
テーパードするパンツシルエットとは逆に、フレアするのがフレアード・パンツ。テーパードパンツは、ヒザ巾に対して裾巾は2~3cm太めの寸法とすることが多いが、フレアードパンツはその逆に、ヒザ巾よりも裾巾のほうが同程度太くなるパンツシルエット。

※マンボ・ズボン
腰周りから大腿部にかけてゆったりとし、そこから急に細くなるパンツ。

関連用語


カテゴリー: パンツのシルエット