ショールカラー

衿型の1種。 俗に「へちま衿」と呼ばれるもので、ショール(肩掛け)のような感じに首元にたれる衿のこと。タキシードやドレッシング・ガウンに多く用いられる。
一般的なジャケットの衿形状である「かま衿」に対して、「棒衿」の衿形状をしている。首の後ろは立ち、前に向かって直線的な裁断がされたもの。衿キザミがなく、ジャケット身頃を折り返して作られる下衿と、部分的に取り付けられる上衿とが隙間なくゴージ部分で縫い合わされているもの。
タキシードの場合には、フェイシング・クロスといってシルクももしくはシルク調のポリエステル、シルク、ポリエステル混紡となる拝絹地を衿表に被せるのが一般的。

関連用語


カテゴリー: ジャケットの衿型