フルパンツ

バギーパンツの別称。 フル(満ちている、いっぱいの、十分な、だぶだぶの、などの意味)なイメージからこう呼ばれる。
バギーパンツは、股上が深く、バッグ(=袋)のようにヒップまわり、ワタリ巾~裾まで太いシルエットを持つパンツのことで、タックが入ることが多い。タックも極端に太いパンツシルエットとするために、タック量も多めとなる。また、バギーパンツと同様のシルエットをもつ、バギーパンツの原型とされるオックスフォード・バッグスは、1920年代英国の名門オックスフォード大学の学生が好んで着用したことに由来するパンツシルエット。広めのウエストバンドと、パンツ裾は折り返しのあるダブルカフスが特徴的。
これらバギーパンツのすべてにゆったりしたシルエットを全体的に少しやわらげ、細く調整したパンツシルエットをもつものにセミバギーパンツがある。フルパンツを別称とする、バギーパンツには、セミバギーパンツ、オックスフォード・バッグスを合わせ3種類の名称をもつパンツシルエットがある。

関連用語


カテゴリー: パンツのシルエット