ベルトレス・スラックス

ベルトを用いないではかれるスラックスの総称。 ベルトを通すためのベルトループが付かないタイプのスラックス。多くはウエストバンドの先端に持ち出しが伸びボタン止めとされ、この持ち出しによって腰まわりのフィット感を増すことができる。脇にアジャスター(アジャストタブ)が付けられるのも特徴のひとつである。スポーティな用途に使われることが多い。
ベルトレス・スラックスに特徴的な持ち出しには幾つかの種類があり、先端が四角く釦1個止めとしたもの、先端が三角となる剣先の形をした持ち出し、一般的には、釦1個止めの釦止めとするところ、前釦2個止めとする場合など。この前釦2個止めの場合には、3.5cm標準のウエストベルト(腰帯)の巾が4cm~4.5cmと太めになる。
また、アジャスター(アジャストタブ)は、スライド式や釦止め式のものなどがあり、フォーマルスーツなどにも付けられるスライド式のものが一般的で、ジャストフィットのウエスト寸法を基準に前後4cmのウエスト調整を可能にした付属金具。

関連用語


カテゴリー: パンツ・スラックス