ポリウレタン

伸縮性に富んだ合成繊維の1種で アメリカでは一般にスパンデックスと呼ばれています。
石油から作られるポリエステルにジイソシアネートを加え、生成されたポリマーを溶糸することで作られる。ゴムよりも軽くて強く、染色も自由なところから多くの用途があるが、ポリウレタン100%の生地とされることはなく、多くの場合数%混紡することで十分な効果が得られる。

一般に伸縮性に乏しいといわれているコットンでさえ、このポリウレタンを5%程度混紡することで、ストレッチ性を備えたストレッチコットン素材となる。春夏シーズンには、吸湿性が高く涼しいコットン素材は欠かせないもの。そこにこのポリウレタンを混紡することで、着心地の良さがアップする。
また、ウール素材などで作るビジネススーツなどにも、この伸縮性の高い合成繊維ポリウレタンは用いられており、特にできるだけ細身で着たいタイトスーツなどの着心地感改善や、シワ回復力には用途がある。

関連用語


カテゴリー: 化学繊維