シャークスキン

シャークスキンとは、本来、「鮫の肌」のことですが、織物でいうシャークスキンは、
鮫の皮のように、斜めにこまかいジグザグのはいった柄をいいます。
スーツ生地として用いられるシャークスキンは、経緯に別々の異なる糸を使って、
右綾に織られており、紡毛織物や、梳毛織物の布面の毛羽を取り除くクリア仕上げを施すことで、
生地の織り目や柄をはっきり見せた織り柄となっています。

グレーに見えるシャークスキンなど、背広の代表的な柄のひとつ。
背広地としてもオーソドックスな部類に入るシャークスキンは、
伝統的スーツスタイルとしてベスト付きスリーピースで着用したい
カチッとしたブリティッシュスーツと相性が良いです。

関連用語


カテゴリー: クラシックパターン, スーツ生地の織り柄