ブレイク

スラックスの折り目の下部にできる「ゆるみ、たるみ」のこと。
パンツの長さの目安として使われ、ビジネス用スーツ
一般的なパンツの長さは、裾が靴甲にしっかり当たり、
靴甲の上でパンツにたるみのある「ワンブレイク」、
この当たり方が軽め(裾丈が短めなため)なのが
「ハーフブレイク」、まったく当たらない長さのパンツの裾丈
となるものが「ノーブレイク」といいます。

このブレイクはパンタロンなど長めのスラックスには
絶対不可欠な着こなしのポイントですが、パンツの前折り目線(クリース)
がたるまないようにパンツ前裾を1.5cmほど短めにカットする
モーニングカット(アングルドボトム)や、細身パンツ、アイビースラックス
のシルエットとなるパイプドステムストーブパイプなどでは「ノーブレイク」が基本。

ブレイクとは同様の言い方に「ワンクッション」「ハーフクッション」
「ノークッション」などが使われます。

関連用語


カテゴリー: 服飾用語