タフタ

極細の横畝で、なめらかな感触・しなやかなハリのある薄地の平織り物。 薄コハクなどともいう。使う素材によって絹を使ったシルクタフタ、化合繊フィラメントを使ったナイロンタフタなどの名称がある。

本来のシルクタフタは、経糸に諸撚り糸、横に少し太めの片撚り糸を用い、密に織った織物で、無地のほか、色糸を使った先染め柄、モアレ模様(透けた生地を2枚重ねたときにでる模様)を作り出すモアレ加工を施され、ドレス、ブラウス、リボンなどに用途がある。

また、玉虫タフタは多くの需要があり、経・ヨコ糸に色糸を用いて織り上げることで、人が見る角度によって玉虫(イリデッセント)のように見えるタフタ。

関連用語


カテゴリー: 織物(ファブリック)