チェスターフィールド

オーバーコートの1種。
イギリスのチェスターフィールド伯爵が初めに着用したことに
由来するコートで、19世紀後半に流行し現在なお人気のある伝統的コート
チェスターフィールド・コートの本格的なものには、その上衿に
ビロードがかけられていることから、テーラードカラービロード
用いたものを、チェスターフィールド・カラーと呼びます。

チェスターフィールドは、もっともドレッシーなコートとされており、
フォーマルスーツのアウターコート用に使われるほか、
おしゃれなタウンコートとしての用途も多いです。
多くは、シングルブレステッド、ノッチドカラーで、
前合わせがフライフロント仕立て(比翼仕立て)※とされています。
胸にはウエルトポケット(箱ポケット)、両脇にフラップポケットが付き、
全体のシルエットはウエストを絞った細身なもの。

時代とともにデザインにも変化が見られるようになり、
ダブルブレステッド4つボタン、ボタンスルー仕立て(打ち抜き仕立て)
シングルブレステッド3つボタンなどデザインの変化したものあります。

※ジャケットやコートの打ち合わせの上前端が二重構造仕立ての
ボタンがけになっていて、着装したときに表からボタンが
見えないようになっているものをいう。

関連用語


カテゴリー: コート