ドロップショルダー

背広の肩線の1種。 全体に丸みがあり、肩先が落ちた感じのもの。以前コンチネンタルモデルの背広によく見られた肩線である。
厳密には、袖付けを肩先点(ショルダーポイント)よりも外側、腕側に落とした(ドロップ)位置につけることで、丸みを帯びた優しいショルダーラインとなる。
袖付けを若干腕側に落とすことで、肩巾を広く見せることができるため、ゆったり着用したカジュアルジャケットや、胸ダーツを省き、ずん胴にルーズな着こなしをするトラッドとの相性も良い。
アイビースーツの特徴的な肩線であるナチュラルショルダーは、ドロップショルダーが肩先点よりも落とした袖付けをするのに対して、自然な肩先点を通るショルダーラインという意味がある。

関連用語


カテゴリー: 肩線・ショルダーライン