メリノ

メリノ種の羊。 または、その羊毛で織り上げられた梳毛織物のこともいう。メリノ羊はスペインを原産地とする羊で、非常に繊細で良質の毛がとれることで有名。
羊毛(緬羊)は、元来黒色もしくは褐色だったため、衣服の素材としては適さなかったものを、長い年月の品種改良のための交配を繰り返し、白色の羊を作り出すことに成功したのが、このメリノ。

羊は古くから、緬羊(毛を刈るための羊)として、飼育され、同時に品種改良が行われきており、その種類は現在3000種以上、およそ11億頭が飼育されていますが、衣料用羊毛として普及したメリノは、衣料用として用いられる羊毛全体のうち、およそ45%を占めています。

メリノ羊毛は、オーストラリア産羊の代名詞とされるほど、その産出量も多く、品質はしなやかで毛の色は白、高級服地としてアパレル用の織物やニットに使用される。

オーダースーツ用の服地としても、メリノ種はひとつのブランドとしての認知度も高く、高級ウーステッド地として用いられる、スーツ、ジャケットパンツ・スラックス用の素材として高い人気がある。

関連用語


カテゴリー: 織物(ファブリック)