白黒ハウンドトゥースなどクラシックパターンの生地でオーダー

タイトめスーツのトレンドからご注文をいただくことが多い衿巾細めのナローラペルのスーツ。

今どきスーツにも、すっとなじんでしまうのが、古くから毛織物の織り柄として使われてきた、伝統柄といわれるクラシックパターン。

犬の歯の形に見える織り柄から「ハウンドトゥース(千鳥格子)」、鳩の目のように見える「バーズアイ」、サメの歯のように見える「シャークスキン」などはその代表的なもの。

流行スーツを、伝統柄で仕立てるスーツもオーダーならではのご選択。
お仕立ていただくスーツ生地の柄選びだけで、1ランク高いスーツをご着用いただけます。。

Ex-madeライン
ジャケットフロント シングル2釦1掛
衿型 ノッチ衿
胸ポケット アウトポケット
腰ポケット ハッキング弱

バーズアイで仕立てるクラシコスーツ
グレーのシャークスキン地で仕立てる大人のクラシコスーツ
秋色のグレンチェック柄スーツをできるだけの衿巾広めなピーク衿
グレンチェック|シングルピーク3釦2掛のクラシコスーツ

白黒グレンチェックスーツ

胸ポケットアウト・タイト2釦スーツ

白黒ハウンドトゥース・腰ポケットハッキング弱

タイト・ナロータイプラペル・ハウンドトゥース

グレー×黒バーズアイ
グレー×黒バーズアイ
グレーシャークスキン
グレーシャークスキン