インデックス

PSR スーツスタイル

茶系ボタンを選んでみる

茶系ボタンを選んでみる

茶系ボタンを選んでみる

    ネイビーやグレーでお仕立ていただくことが多いビジネススーツに使われる ボタンや裏地などの付属類には、ネイビーならネイビー系統、グレーなら同じくグレー系統の ものが標準で使用されることになるのですが、是非お試しいただきたいのが茶系のボタン、裏地。 これがなかなか良く合います。
    たとえば、ただいまの春夏シーズンにとても涼しげなブルー×ホワイトのコットンコードレーンには、 明るめなマーブル調の茶系ボタン、ネイビー、グレーのダークスーツなら、濃いめのこげ茶ボタンや裏地を 選ぶなど。これだけでぐっとファッションセンスの良さが1ランクアップしてしまいそうです。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

パンツ腰裏の色柄を指定する

パンツ腰裏の色柄を指定する

パンツ腰裏の色柄を指定する

    パンツの腰裏には、パンツ生地の色に合わせたマーベルトといわれる滑り止め付きのものを 標準仕様とさせていただいておりますが、カスタムラインでお仕立ていただくスーツパンツ、オーダーパンツの 腰裏に4種類のカラフルな色柄が加わり、オプションとしてお選びいただくことができるようになりました。。
    ほかの方に、ほぼ見られることのないパンツの裏側部分の作り方ですが、夏シーズンにはこだわってみたいオーダーオプション。。
    また、腰裏と袋布を涼しい軽量仕様でのお仕立てにもご対応可です。。

対応縫製ライン
    カスタムライン
    +¥1000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

Xループのループ位置トップと角フタポケット

Xループのループ位置トップと角フタポケット

Xループのループ位置トップと角フタポケット

    スラックスだけでいることが多くなる春夏シーズンには、特に こだわりたいスラックスデザイン。。
    ベルトを通すループの付け方を【X字型】で、取り付けるXループも、 ループ位置を、スラックス上端に付ける「トップループ」と、スラックス の標準仕様となる「ループ下がり1.0cm」とでは、シルエットも履き心地にも 差のでる仕立て方です。。
    股上寸法をより浅く作りたい場合には、「トップループ」がおススメ。 いつも「ループ下がり1.0cm」で仕立てている方は、股上を1cm浅く ご指定いただき、「トップループ」にご変更いただくことで、 よりいまどきシルエットな股上の浅いパンツをお仕立ていただけます^^

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

本バルカポケットとチェンジポケット

本バルカポケットとチェンジポケット

本バルカポケットとチェンジポケット


対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

名刺入れ・モミ玉松葉カンヌキ

名刺入れ・モミ玉松葉カンヌキ

名刺入れ・モミ玉松葉カンヌキ

    いくつかある名刺入れの作り方の中で、高いグレードのスーツに 付けられることが多いのが「モミ玉・松葉カンヌキ」。 名刺入れのためのポケット口をモミ玉といわれる細い玉縁で作り、 端を松葉のように見えるカンヌキ止めをほどこしたもの。
    内ポケットの補強用に付けられる「D管止め」と同じ 赤い色糸が使用されています。
    ※松葉カンヌキ、D管止めそれぞれ色糸指定可。

    名刺入れは、このポケットに名刺を入れておくと、 シワにすることなく収納できるという便利なオプション。 クリーニング時には、入れてあった名刺を取り出すことを お忘れなく。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

胸開きが広い4釦4掛ベスト

胸開きが広い4釦4掛ベスト

胸開きが広い4釦4掛ベスト

    ベストの釦位置は、ジャケットと同様フロント釦の数が多くなれば高くなり、 少ないと逆に低い釦位置。
    ビジネススーツとしてご着用いただくことも多い、ブリティッシュ仕様のベストモデルには一般に高い 釦位置のベストが標準セットされますが、素材がリネンコットンでお仕立ていただく カジュアル向きなオッドベストには、ボタン位置が低く楽なご着用感のシングル4釦や3釦のベストがおススメです。。

    またベスト生地をお好み素材でお仕立ていただけるほか、裏地にもこだわれるのが オーダーベスト。。
    この裏地生地のみを使ったベストもお仕立ていただくこともできるんですよ。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベージュリネンジャケット

ベージュリネンジャケット

ベージュリネンジャケット


対応縫製ライン
    胸ポケット変形
    縫製ラインにより¥1000~¥2000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの胸・腰ポケットの高さ(縦巾)

浅い胸ポケット

ジャケットの胸・腰ポケットの高さ(縦巾)

    ジャケットモデルによって決められている胸ポケットや 腰ポケットの高さ(縦巾)を、標準仕様から 細くご指定いただくことができます。
    サンプルジャケットの胸ポケット高さは、標準2.5cm程度を 1.5cm、腰ポケット高さは標準5.5cm程度を4cmと 浅めに仕立てられたもの。
    デザインとしてもなかなかおしゃれ度の高いものですが、 ショート丈に合わせてバランスよく浅めのポケットというのも オーダージャケットならではのこだわりポイント。。

    全ての縫製ラインでご対応可
    無料~¥1000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
浅い腰ポケット

スラックスの帯付き・帯なし

帯付きループなし

スラックスの帯付き・帯なし

    スラックスのループの取り付けられる腰帯の部分の作り方に、 「帯付き」と「帯なし」という2種類の作り方があります。
    画像からはわかりづらいのですが、上画像が「帯付き」 下画像が「帯なし」。「帯付き」はパンツ上端の3.5cmを 切り替えて作られており、「帯なし」はパンツの上から下まで 1枚の布地で作られている作り方になります。
    履き心地は「帯付き」のほうが丈夫でカタメ。 「帯なし」はクラシックな雰囲気のある優しい履き心地感が特徴的。 帯巾といわれるのは、この「帯付き」で切り替えられた部分の巾の ことで、上画像が少し太めな4.0センチ、下画像が標準の3.5cmになります。。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
帯なしループなし

ドレッシーなスーツにもカジュアルにも共布釦(くるみ釦)

ドレッシーなスーツにもカジュアルにも共布釦(くるみ釦)

ドレッシーなスーツにもカジュアルにも共布釦(くるみ釦)

    ジャケットやスーツの印象が変わるボタンオプションの選び方。 Pitty Savile Rowでご用意させていただいております釦オプションは、 どれもが品質の良いジャケットやスーツによく合う釦種類。
    そのうえで、ビジネス向きのスーツなら上質で落ち着きのある本水牛釦、 ただいまの春夏シーズン向きコットンスーツリネンスーツなどカジュアルなら、貝釦や、ナット釦など、 ご着用目的や、色具合などによってお客様イメージに合った ボタンをお選びいただくことができるのもオーダースーツのメリットです。。
    また、モーニングタキシードといったフォーマルスーツに付けられる 共布釦も、ドレッシーなスーツ、カジュアルジャケットとの相性が とても良い釦アイテム。
    是非一度お試しいただければと思います^^

対応縫製ライン
    共布釦
    各縫製ラインで+¥2000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

More...

インデックス

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.