Cu|カノニコピンチェック・背裏なし

広見返し(大見返し)

広見返しで軽い着心地をアップさせる

広見返し(大見返し)
広見返しは、ジャケット裏仕立ての作り方をできるだけ裏地を排して作る仕立て方。
ビジネススーツにも多く選ばれる裏仕立てですが、特にコットンジャケットリネンジャケットなどのカジュアルジャケット、中でも芯地、付属を省いて仕立てるアンコン仕立て(ナポリクラシコ)との相性がとても良く、春夏シーズンなら軽さ・涼しさを、秋冬シーズンに仕立てるフランネルツイードジャケットなら見た目・デザインの軽快さや特徴のある仕立て方が人気です。。

表生地に使われている天然素材のコットンやリネンを裏地に変え、裏仕立て面積の多くの部分に用いることで、優れた通気性・吸湿性の効果を得ることができ、通常使われる芯地・付属の一部を省いた軽いお仕立て上がりとなっています。
広見返し(大見返し)と言われる名前は、裏地の部分まで見返しと言われる表生地が伸びて使われているため。

広見返し背裏なしで、袖裏有り・なし?

広見返し(大見返し)という裏地を少なくして仕立てる裏仕立てのデザインの中には標準では付けられている背裏(背部分の上3分の1程度付けられている裏地)もなしとしたり、さらに加えて袖裏(袖部分の裏地)もなしとする裏仕立てをお選びいただけます。
夏シーズンに、広見返し同様涼しく過ごせる「半裏仕立て」などで、裏地にメッシュや極薄裏地を選んだ場合の、涼しさ加減とは常に選択を悩まされるところ。。
広見返し+袖裏にメッシュや極薄裏地の組み合わせも可。
※背裏なしでも、肩部分に少量のすべりを良くする裏地が付けられます。

広見返しにはパイピングがおススメです。

裏仕立てを広見返しで仕立てると、多くの場合裏地で隠されて見えないジャケット裏側の縫製始末が見えてしまいます。裁断してそのままでは、生地の端がほつれてきてしまうため、ロックミシンで端処理をされているのですが、この端処理の代わりに行われるのがパイピング
裏地でこの端をくるむパイピングを行うことで、ほつれ止め効果とともに、見た目にもきれいな裏仕立てに仕上がります。よく、「広見返しの際に裏地を選ぶ必要がありますか」とお問い合わせをいただくことがあるのですが、広見返しの裏仕立ての際にも、内ポケットフタや玉縁、ベント、背裏と、ご指定をいただいたときのパイピングに裏地が使われるので、その裏地色指定はなかなか大事です。。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る