ジャケットデザイン

ジャケットのデザインを選んでスーツをオーダー

ジャケットフロント

スーツやジャケットをオーダーする際に、まず一番はじめに決めることになるシングル、ダブルや、ジャケットの前釦数、衿の下げ止まりのデザイン。釦数が多いと、シャツ・ネクタイの見えるブイゾーンが狭くなります。

ラペル(衿型)

ジャケットの衿型の基本となるノッチ衿やピーク衿。同じノッチ衿でも、タイトスーツには細めの衿巾が、クラシコスーツには比較的広めの衿巾が標準セットされています。セミノッチやセミピークなどオーダースーツならではの特徴的な衿型もお選びいただけます。

ステッチ

ステッチの種類は大きく分けて「ミシンステッチ」と「ピックステッチ」の2種類。上衿・下衿・フロント線・胸ポケット・腰ポケットのフロントのみに入れられる「フロントステッチ」のほか、肩線やベント・フロントダーツ・背縫線・袖などにまで入れられるのが「総ステッチ」です。

ジャケットの胸ポケット

ジャケットの胸位置に付けられるポケットのデザイン。「箱ポケット」や「バルカポケット」のように、切込みを入れて作られるものとアウトポケットのように貼り付けて作られるものがあります。実際には、あまり物入れとして使うことは少なく、ジャケットのデザインのひとつとして作られます。

ジャケットの腰ポケット

ジャケットの腰位置に付けられるポケットのデザイン。お仕事用スーツの腰ポケットとしても人気の高いのが、少し角度を付けて斜めにしたハッキングポケット。カタめのビジネススーツ用だったりフォーマル用には、フタ付きポケットが大人しめです。

袖仕立て

袖仕立ては、ジャケットの袖先の作り方。前釦と同じように穴開きで作る「本開き釦止め」や、標準となる開いたように見せる「開きみせ」。袖釦の数を3個、4個、これらの釦を重ねる(キス釦)など。穴かがりや飾り糸の切羽の色糸指定もしていただけます。

ベント

オーソドックスなビジネススーツやタイトスーツにはセンターベントだとか、トラッドスーツにはフックベント、クラシコスーツにはサイドベンツがわりと相性が良さそうなど、お好きなデザインでお選びいただくことが多いベントの形にも傾向があります。

裏仕立て

ジャケット裏地の付け方やつくり方には標準となる「背抜き仕立て」や「総裏仕立て」などがあり、スーツのご着用シーズンや好み、またスーツ素材の種類によって選びます。「背抜き仕立て」はオールシーズン向き、「総裏仕立て」は秋冬向きが基本です。

内ポケット仕様

ジャケットの内ポケットにもオーダースーツはこだわりがいっぱい。左右に付く「内ポケット」、その下に付く「ペンポケット」「タバコポケット」は標準の無料オプション。必要ないので「付けない」や、スマートフォンや携帯電話、手帳サイズに「縦×横×深さ」寸法をご指定も可。