使いまわせて便利な2パンツスーツ

既製スーツでは昔からありましたが、オーダースーツでも近頃では
2パンツスーツへの対応が充実度を増しています。
逆にオーダースーツのほうが、気に入った生地で仕立てる際、
上下スーツ(2ピーススーツ)で仕立てるか、2パンツスーツで仕立てるか、
またはベスト付きスリーピーススーツで仕立てるかを選ぶだけで、
お好みに構成されたスーツをオーダーできるので、向いています。
もともとオーダーで使用される生地は既製品のそれとは異なり、
打ち込みも強く、ハリ・コシもあり、高級感を持ちながら耐久性にも優れている、
という素材がほとんどですが、同じように上下揃いで使用している場合には、
運動量の多いパンツが先にいたんでくるのはやはり仕方のないことです。
そこでご用向きも多い2パンツスーツなのですが、ファッション的にはあまり
おススメできないこのアイテム・・、しかしスーツ自体がお仕事着という強い
側面を持っていますから、ビジネススーツ的には存在価値の高いものになります。
パンツが2本あれば、交替に履くことで着用していないパンツを休ませることが
できますからパンツの寿命が延びますし、良い状態で長くはくことができます。
また、1本のパンツを汚してしまった場合でも、クリーニングに出すことができます。
特に、クールビズ傾向な春夏のビジネススーツ事情の中では、パンツのみが
着用されている時間も今まで以上に長くなっているため、春夏スーツで仕立てる
2パンツスーツは、春先・秋口用のスーツとして、またパンツ単品で着用する
クールビズ用のパンツとして大忙し。

当サイトでは、2パンツスーツには、カスタムラインEx-madeラインビスポークライン
全ての縫製ラインで対応させていただけます。
ジャケット+パンツでオーダーするジャケパンスタイルには、
1枚のジャケットに対してオッドパンツの組み合わせを替えることで、
バリエーションに富んだ着こなしができる春夏向きコーディネート。
素材も春夏定番のコットンパンツリネンパンツをはじめ、ビジネス向きパンツ
チェック柄中心のカジュアルパンツ素材などオーダーパンツなら種類も
デザインも豊富です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る