パンツウエスト部を「帯なし」に

パンツウエスト部の作り方に、「帯なし」「帯つき」という言い方が
ありますが、既製服などの場合には「帯つき」がほとんどです。
ご着用中のスーツをご確認いただくとすぐおわかりになると思うのですが、
ループのついたベルトをする部分に巾3.5cm程度の帯がぐるっと
1周つけられていると思います。
レディース用のパンツでは3cmの帯巾が標準。

「帯なし」はこの帯がつかずに、1枚の布で腰部も作られています。
作り方からして、「帯付き」のほうが耐久性に優れている・・、とはいえると
思いますが、「帯なし」のほうが履き心地のよさと後々の補修などに利点があります。
また、デザイン的にはクラシックなオーダースーツらしいデザインですので、
クラシコスーツばやりの近頃では店側としてもけっこうお薦めするデザインです。
この「帯なし」「帯付き」はオーダーフォームからお選びいただけます。

「帯付き」には、標準では3.5cmとなる帯巾に4cmや4.5cmなど、
幅広の帯がご用意されており、ベルトレス(ループなし)などでお仕立ていただくことが多い
持ち出し付き釦止めの前釦の数が、幅広の帯となると1個が2個となるなど、
デザインにも差がでます。
オーダーパンツでは、更にこの帯を深く浅くなどハイウエストローライズタイプのローウエスト、
ベルト巾に合わせてなどバリエーションを楽しめます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る