インデックス > スーツデザイン > | ジャケットデザイン > ジャケットの肩線 Archive

ジャケットの肩線 Archive

袖山を高く、肩線を反らせたビルドアップショルダー

袖山を高く、肩線を反らせたビルドアップショルダー

袖山を高く、肩線を反らせたビルドアップショルダー

    近頃ファッション雑誌などで見かけることが多くなってきた、 袖山が高く、肩線を少し反り気味にコンケーブさせたビルドアップショルダー のシルエットを持つスーツ。袖山といわれる袖の一番上の部分が、 肩線から少し突き出たデザインのもので、Pitty Savile Rowでは、 カスタムラインでお仕立てさせていただいております、 ブリティッシュスーツがこの肩線の特徴でお仕立てさせて いただいております。
    さらにこの肩線を強調させたコンケーブショルダーは、 ビスポークラインよりご注文いただけます。。

対応縫製ライン

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ドロップショルダー|ネイビーフランネルジャケット

ドロップショルダー|ネイビーフランネルジャケット

ドロップショルダー|ネイビーフランネルジャケット

    着心地の良さでおススメしたいのが、まわり寸法を比較的ゆったりめにお仕立てさせて いただき、人の肩線に近いナチュラルなドロップショルダーが特徴的な アメリカントラディショナルモデルのジャケット。
    シングルの3釦段返り胸ポケット腰ポケットアウトポケットとする 3パッチポケット、色はネイビー、素材はフランネルでお仕立ていただく ネイビーブレザーの定番的なアイテムです。。
    肩パッドと、標準モデルの肩点より低い位置からの袖付け等で形作られるドロップショルダー、 フロントダーツなどを省くご指定などからゆったりなボックスシルエットが 優しく、男性らしいフォルムを作ります。

対応縫製ライン
    カスタムライン
    アメリカントラディショナルモデル(トラッド)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

背広の肩線・ショルダーラインのいろいろ

ショルダー・ラインとは
肩線、なかでも背広ジャケットのそれを総称する。 肩線は背広全体のシルエットを決定付ける大切な要素である。 多くのモデル(型)は肩線を見れば、容易に想像がつくともいえる。 ナチュラル&ナロー・ショルダー・ラインはトラディショナル型を、コンケーブ・ショルダーラインはヨーロッパ型の背広をそれぞれ代表している。
ナチュラル・ショルダー
「自然型」と呼ばれるほど、パッドもあまり使われない、誇張のない感じのもの。 トラディショナルショルダーモデルといわれるくらいに、この肩線を特徴としている。近頃ではアンスーツの影響もあり、なおいっそう自然な感じが強調されている。
ナロー・ショルダー
「狭い肩」の意で、このスタイルを特徴とするアイビーモデルの背広の代名詞とされているもの。 ナロー&ナチュラルショルダーという言い方もある。
ドロップ・ショルダー
全体に丸みがあり、肩先が落ちた感じのもの。 以前コンチネンタルモデルの背広によく見られた肩線である。
ビルトアップ・ショルダー
詰め物として、袖山を高く盛り上げた肩線のこと。 ”ロープドショルダー”とも呼ばれる。
ロープド・ショルダー
肩先にロープ(縄)が入っているような感じに見える、また、そうしたつくりになった肩線のこと。 肩先が盛り上がっているのが特徴。ヨーロピアン、特にイタリアのジャケットによく見られた。ビルトアップショルダーと同じ。
ウイング・ショルダー
肩先にちょうど翼(ウイング)のような張り出しのついた肩デザイン。 肩を強調するファッション傾向から生まれたファンシーディテールのひとつで、ジャケットやブルゾンによく用いられる。
コンケーブド・ショルダー
全体に湾曲し、袖山で盛り上がったもの。 ヨーロピアン調の背広に見られる。コンケーブとは「凹型の、中くぼの、くぼんだ」の意味である。
スクエア・ショルダー
角張って先端がやや持ち上がって見えるもの。
ソフト・ビッグ・ショルダー
流行のビッグショルダー(大きな作りの肩)を、ただワイルドだけではなく、ソフトなイメージに仕上げたもの。 いわばビッグショルダーの修正版といえる流行肩。
パッデッド・ショルダー
ナチュラルショルダーとは正反対にパッドを厚く入れて、広く高く張らせた肩線のことをいう。
ソフト・ショルダー・モデル
アメリカントラディショナル型の背広の肩線の新しい呼び方で、ナチュラルショルダーのこと。 ヨーロピアン調の影響などから、トラディショナル型の背広も衿幅が広く、全体にシェープドされているが、それに合わせた肩線のことをいう。現代のトラディショナルモデルの主流となっている。
テーラード・ショルダー
テーラードは「男もの仕立ての」を意味する言葉。 したがってさまざまな背広の肩線を総称して用いる。 日本では注文服に見られるような肩先が美しく張り、微妙なカーブを描いた肩線のこともこう呼んでいる。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ドロップショルダー

ナチュラルショルダー・ドロップショルダー

ドロップショルダー

    ドロップショルダーはジャケットの肩先が全体的に丸みがあり、 通常のレギュラージャケットの肩線より 落ちているショルダーラインのこと。
    トラッドスーツのショルダーライン(肩線)として一般的で 肩先の丸みからソフトなイメージ、また、トラッドスーツが 胸ダーツを入れないなどボックスシルエットを特徴とする ゆるい着心地感を肩回りでも助けているような動きやすい袖付け。

対応縫製ライン

ビルドアップショルダー

ビルドアップショルダー

ビルドアップショルダー


対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※カスタムラインでは専用のジャケットシルエット
    ブリティッシュに標準セット。

More...

インデックス > スーツデザイン > | ジャケットデザイン > ジャケットの肩線 Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.