インデックス > スーツデザイン > | パンツデザイン > パンツの裾仕立て Archive

パンツの裾仕立て Archive

靴ずれ布

靴ずれ布

靴ずれ布

    靴ずれ布はオーダースーツでは標準の仕様としてパンツの後ろ裾が靴のかかとで擦れて破損してしまわないように、 お仕立てするスーツと共生地で付けられるものですが、昔の名残りで、後からお直しなどをいただいたときのために、 どこの銘柄の生地でお仕立てしたのかがわかるように、このように生地の銘をいれることが多いです。 パンツの脇ポケットの裏にも同じようにこの生地の耳部分を見ることができます。 オーダーパンツらしいところですね。。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで標準仕様

ダブル巾・カブラ巾

ダブル巾・カブラ巾

ダブル巾・カブラ巾

    パンツ裾の折り返し巾のことをダブル巾とかカブラ巾とかいって、オーダースーツでは その巾をご指定いただくことができます。 基本はパンツ丈に応じて長短を決めればよいと思いますが、標準は4cm、このサイト内デザインフォーム からは3.5cm~4.5cmまでの5ミリ刻み、3種類をご提案していますが、それよりも浅くしたり 深くしたりというご指定もしていただくことができます。
    ゴルフのジャンボ尾崎氏の折り返し巾は3.7cmだそうですよ、、これもこだわりの寸法です。
    メンズスーツ、レディーススーツどちらも対応可。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ダブル巾・カブラ巾はデザインフォームプルダウンメニュー以外数値でも 5ミリ単位で指定可/無料オプション

パンツ裾ダブル

パンツ裾ダブル

パンツ裾ダブル

    パンツの裾の作り方は、このダブル仕様がおシャレなトレンド。もともと正統派といえるのは 折り返しのないシングルでしたが、その昔アメリカの大統領マッキンリーが遊説中、どしゃ降りの雨に降られたとき、 無造作に折り返してはいたのが始まり。おぼっちゃん学校の学生さんが裾ダブルをよくはいているので、 かしこまったイメージにとられることが多いのかも知れません。
    サイト内オーダーフォームでは、便宜的に3.5cm~4.5cmまでの0.5cmきざみをご案内させて いただいていますが、それよりも折り返しの浅い、深いは数値指定対応可です。標準は4.0cm。
    スナップ止めとされる裾ダブルを、折り返しがあるように糸止めで見せかけたデザインは フレンチ・ターンナップ

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • 指定で無料オプション

モーニングカット

モーニングカット

モーニングカット

    パンツ・スラックスの裾の仕立て方には、シングル、折り返しのあるダブル、それとシングルの前側を1.5cmほど あげたモーニングカットというのがあります。ぱっと見た目はシングルとそれほど変わりがありませんが、 靴をはいたときなどにたるむパンツの前裾を適度にカットすることで、パンツ前ライン(クリース)をきれいにみせる ためにこのようにします。また、この前裾のたるみをブレイクなどともいって、ルーズ感をだすために わざわざ長めのパンツにするのが好まれることもあります。 モーニングカットの名前は、モーニングコートの縞ズボン裾がこの形をしていることから。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※指定で無料オプション

More...

インデックス > スーツデザイン > | パンツデザイン > パンツの裾仕立て Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.