インデックス > オーダースーツマニュアル > オーダーベスト Archive

オーダーベスト Archive

衿付きベスト・セミピークラペル

衿付きベスト・セミピークラペル

衿付きベスト・セミピークラペル

    Pitty Savile Rowサイト内にご案内させていただいておりますオーダーフォームから お選びいただくことができる、衿付きベストの衿型デザインは、一般的なノッチ衿、 剣型のピーク衿、ショールカラー(へちま衿)の3種となりますが、ビスポークラインではフォーム上にも ご掲載にないデザインでのお仕立てにご対応可。
    このセミピークラペルは、ピーク衿よりも少し剣先が小さく、上衿と下衿の間が少しだけ開いているのが 特徴的な衿型デザイン。ジャケットでは見ることも多い衿型デザインとなるのですが、 ベスト衿ではビスポークラインでのご対応のみとなります。。

対応縫製ライン
    ビスポークライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

人気のベストデザイン

シングル4釦ベスト

人気のベストデザイン

    ベストのフロントデザインも、ジャケットと同様に シングル、ダブルの2種類があって、ボタン数が多くなると その分シャツやネクタイの見えるVゾーンが狭くなり、きちんとしたベストイメージ。 ボタン数が少なくなると、若干ルーズに見えるシルエットになるので、 秋冬ならハリスツイードなどツイード素材フランネルでお仕立ていただく カジュアル向きなベストにおススメです。。

    スーツベストならジャケットの胴裏と同じものでお仕立ていただくことが多いベスト裏地ですが、 カジュアル素材でお仕立ていただくベストとなると、その色柄の自由度はお好み次第。。 前から見たらグレーだけど、バックスタイルは真っ赤や真っ黒といったベスト裏地も お選びいただけてしまいます。。
    キュプラ素材の柄裏地には、リアブラウン&ダンスフォードの裏地もご用意。。
    尾錠部分のみ別素材でといったオーダーにもご対応させていただけます^^


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ベスト裏地・グレーペイズリー

胸開きが広い4釦4掛ベスト

胸開きが広い4釦4掛ベスト

胸開きが広い4釦4掛ベスト

    ベストの釦位置は、ジャケットと同様フロント釦の数が多くなれば高くなり、 少ないと逆に低い釦位置。
    ビジネススーツとしてご着用いただくことも多い、ブリティッシュ仕様のベストモデルには一般に高い 釦位置のベストが標準セットされますが、素材がリネンコットンでお仕立ていただく カジュアル向きなオッドベストには、ボタン位置が低く楽なご着用感のシングル4釦や3釦のベストがおススメです。。

    またベスト生地をお好み素材でお仕立ていただけるほか、裏地にもこだわれるのが オーダーベスト。。
    この裏地生地のみを使ったベストもお仕立ていただくこともできるんですよ。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベストの裏地

ベストの裏地

ベストの裏地

    スリーピーススーツのベストとしても、ツイードフランネル、夏シーズンにはリネンコットンなどの カジュアル素材でお仕立ていただくオッドベストとしても、近頃ご注文をいただくことが多くなったきた ベストアイテム。
    標準では表地に合わせてお仕立てさせていただく裏地も、 無料裏地の範囲内で色柄指定や、キュプラ裏地やリアブラウン&ダンスフォードなどの 柄裏地をご指定など、衿付きのベストベストのポケットデザインなどと同様、 お好みにご対応させていただけるオーダーオプションとして人気があります。。
    また、ジャケットの胴裏と別の裏地をベスト裏地にご指定いただくこともできます。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ハリスツイードベスト・胸ポケット、腰ポケットフタなし

ハリスツイードベスト・胸ポケット、腰ポケットフタなし

ハリスツイードベスト・胸ポケット、腰ポケットフタなし

    ビジネススーツ標準のフタ付きポケットのフタを 隠してしまったポケットデザインが、フタなしポケット。 このポケットの切り口には、両玉縁という縁飾りが施されているので、 フタを取ってしまうと、この玉縁が見えるようになります。
    近頃よくいただくようになったジャケットベストやベスト単品(オッドベスト)でのご注文。 店長的には、室内での寒さ予防のために、作業のしやすいツイードベストがここ数年の便利アイテム。
    ハリスツイードのような存在感の高い素材で作ると、このツイードベスト中心のコーディネートを楽しめます。

対応縫製ライン
    オッドベスト(単品ベスト)は、
    すべての縫製ラインで対応可

ダブル6釦3掛デザインで6穴(6掛)のベスト

ダブル6釦3掛デザインで6穴(6掛)のベスト

ダブル6釦3掛デザインで6穴(6掛)のベスト

    ダブルベストのほとんどが、内側をホック(スナップ)で 止めるデザインで作られているところ、6穴すべてを ボタン止めで仕立てられた、ダブル6釦3掛デザインの ピーク衿ベスト。
    6穴すべてに穴かがりが作られ、着用時のフィット感が 増すボタン止め仕様のベストデザイン
    ビスポークラインで仕立てられていますので、 ウエストまわりの寸法だけでなく、バストまわりの 上がり寸まで微調整。

対応縫製ライン
    ビスポークライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベストの胸にハコポケット

ベストの胸にハコポケット

ベストの胸にハコポケット

    ベストハリスツイードや、フラノなどでお仕立ていただく カジュアルベストとしてお仕立ていただいたり、ビジネススーツと 共生地でお仕立ていただくスリーピーススーツのアイテムとして お仕立ていただく場合など、どちらもベストは人気です。。
    胸ポケットは「なし」が標準仕様となりますが、ジャケットの胸ポケット 標準となるハコポケット(ウエルトポケット)を左のみに付けたり、 左右に付けるなどのオプションにもご対応可。
    ベストはジャケットを脱いだときにも、さまになるスタイル。 着ていて暖か、動きやすい袖なし胴衣。
対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    +¥0~¥1000(+税)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿付きベストのカラーとラペル

衿付きベストのカラーとラペル

衿付きベストのカラーとラペル

    ツイードフラノなどのカジュアル素材で仕立てるオッドベストや、 ビジネス用にはベスト付き3ピースで仕立てるスーツなど、ベストがらみ のオーダーアイテムがこの秋冬シーズンにも人気です。
    衿付きベストの衿は、スリーピースで着ると邪魔になりませんか?」 というお問い合わせをよくお聞きしますが、ベストのカラー(上衿)は、 肩線までなので、ご着用感に影響がでることは少ないと思いますよ。。 ピーク衿の衿付きベストも同じで、下衿(ラペル)部分の形が特徴的な 剣衿(ピーク衿)の形に変わります。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインに共通


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シングル6釦5掛ベスト・胸ポケット箱

シングル6釦5掛ベスト・胸ポケット箱

シングル6釦5掛ベスト・胸ポケット箱

    ベストの胸ポケットは「なし」、腰ポケットは「箱ポケット」が一般的なポケットの 付け方になりますが、オーダーでお仕立ていただくベストは、このポケットのデザインを いくつかの種類の中からお選びいただくことができます。。
    その代表的なもの、無料オプション、一部有料となるものも含め、オーダーフォームより お選びいただくことができるようになっていますが、より豊富なご案内がある、 ジャケットのポケットデザインをご指定いただいてもご対応可。例えば、アウトポケットに したり、フタを付けたりというのも大丈夫です。。
    ベストの胸ポケットとして、箱ポケットを左側に1つのみ付けるのは無料オプション。。 ノッチの衿付きベストで、第一釦位置は6釦5掛のものになります。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ショールカラー(へちま衿)の衿付きベスト

ショールカラー(へちま衿)の衿付きベスト

ショールカラー(へちま衿)の衿付きベスト

    ネイビーのコットン生地で仕立てられたショールカラー(へちま衿)ラペルドベスト
    共生地スーツに対してベストが付く3ピーススーツとなるだけで、ドレッシーさが 増してしまうのに、衿型をショールカラーとすることで、更に格調高いシルエット・デザインに。。 下部に見える釦止めを「赤」にしているのもこだわりポイント。 こんなベストがあれば、替えパンツ選びも楽しくなりそうです。。
    ベストの衿型には、このショールカラーのほか、ノッチ衿ピーク衿でそれぞれお仕立ていただけます。

対応縫製ライン
    Ex-madeラインで+¥2625
    ビスポークラインでもご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ベストだけでオーダー

order_vest01.jpg

ベストだけでオーダー

    ジャケット+パンツの組合せを「ジャケパン」といわれるようになってずいぶん立ちますが、 ジャケット代わりに羽織るトップスとして、ベストをお選びになる方も多くなっており、 ベストをジレということから、「ジレパン」というコーディネートもよく耳にするようになりました。。
    せっかくのオーダーでお仕立ていただくベストなら、デザインにもひと工夫したいところ。 ベストの一番下の釦穴(6釦5掛の最下の飾り穴)と、ステッチの色糸をオレンジ色に統一したもの。 ポケットの形を、フタ付きポケットフタなし玉縁のほか、フタ付きアウトなどジャケットで お選びいただくことができるポケット型は、変わり型対応となりますが、全てご対応させていただけます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    スーツ基本価格に対して40%


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

スリーピースベストの裏地の決め方

スリーピースベストの裏地の決め方

スリーピースベストの裏地の決め方

    春夏にはオッドアイテムとしても関心度が高い、ベストですが、 ここ数シーズンは英国調をキーワードにウエストコート(ベスト)付きのビジネススーツ に高い人気が集まっています。
    このスリーピーススーツの裏地は、一般的には、ジャケットの胴裏地と同じものが つけられるため、ジャケット胴裏は目立たないから少し派手めなものをということで 選んだ場合には、ベスト背表に思いのほか、主張の強い裏地色柄が出てしまうという ことがあるため、少しのご注意が必要かも知れません。
    裏地の合わせ方は、やはりスーツの表生地や、使う釦によって変えるのがポイント。 柄ものでも同系色で合わせれば落ち着きます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

人気のツイードベスト、6釦5掛の釦位置

ハリスツイードベスト・腰ポケットフタ付き

人気のツイードベスト、6釦5掛の釦位置

    ベスト付き3ピースできっちり着こなすスーツが人気なのに加えて、 ハリスツイードフラノなど、カジュアルアイテムで仕立てる オーダーベストもお客様の関心の多いアイテム。
    この6釦5掛ベストは、シングルベスト標準が5釦5掛や6釦6掛の フロントデザインに対して、最下端の釦1つが飾りで付けられているもので、 実際には止めることができません。
    よくいただくオーダー内容には、この1穴のみ穴かがり糸を色糸指定する などオッドベストのアクセントとしてはとても効果的に使えるデザインのひとつです。 腰ポケットがフタ付きというのもカジュアルベストには気になるところ。。
    また、オーダーフォーム上ではご案内がありませんが、ジャケットの胸ポケットや 腰ポケットとしてご掲載のあるポケットの形でしたら、このベストの胸ポケットや 腰ポケットにも付けることができます。。

対応縫製ライン
    シングル6釦5掛ベストは 全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ダブルベスト6釦3掛

ダブルベスト6釦3掛

ダブルベスト6釦3掛

    ビジネススーツをドレスアップさせてくれるアイテムとして、 スーツ地と共生地で仕立てるオーダーベスト
    スリーピーススーツとしてのご着用は当然視野に入れた おしゃれ度の高いブイゾーンはもちろん、動きやすい 袖なしベストは、室内での作業時、ジャケットなしの もの足りなさを解消してくれます。
    ダブルベストの特徴的なところは、ジャケットのダブルと 同じく両前といわれる打ち合いの深さ。 シングルベストでは前裾が剣先となっているところ、 水平の裾線となっているところでしょうか。 シングルベストと同じく、釦数が多いとネクタイの 見えるブイゾーンが狭く、釦位置が高くなります。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン  +¥2100
    カスタム・ビスポーク +¥1050

ベスト胸ポケット・左右ハコポケット付き

ツイードベスト・胸ポケット左右ハコ

ベスト胸ポケット・左右ハコポケット付き

    軽めの一枚仕立て・アンコン仕立てのジャケットが好まれる一方で、 ベスト付きかっちりめ、伝統的スーツスタイル・フォーマル度が高めなスリーピーススーツも 人気です。
    ビジネススーツではベストの胸ポケットは付けないことが多いですが、 ツイード素材などで仕立てる時には、ベストデザインにも少し凝りたいもの。 胸ポケットも腰ポケット標準の箱ポケットを付けたり、 フタ付きとしたりなど、既定のデザインフォーム以外のデザインにも、 ポケット形状変更等は、比較的対応させていただきやすいカスタマイズです。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿付きベストのスリーピーススーツ

IMG_9339.JPG

衿付きベストのスリーピーススーツ

    クラシックなスーツが好まれるスーツ事情では、 ブリティッシュスーツクラシコスーツとも伝統的スーツスタイルには必須のベストが注目のアイテム。
    たまに、衿付き(ラペルド)ベストとした場合、 ジャケットを着たときの着心地感が悪くならないか・・ というお問い合わせをいただくことがあります。 ジャケットのVゾーンからのぞく立体的なベストの シルエットはかっこいいものですし、ジャケットを 脱いだときにも、衿なしベストよりもファッション性が 高いです。
    ご心配のご着用感は、上衿をベストの肩線に挟み込む作り方のため、 衿腰が重なることはなく、またラペルも極端に厚いものでなければ 気になりません。

対応縫製ライン
    衿付きベストは全ての縫製ラインで対応可。
    衿の形にはノッチ衿のほか、ピーク衿、ショールカラーなど。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シングル3釦3掛のベスト

シングルベスト3釦3掛

シングル3釦3掛のベスト

    ビジネス用スーツに合わせるベストは、その多くが5釦5掛や、6釦5掛など 比較的ネクタイやシャツの見えるブイゾーンが狭めのものが多いのですが、 話題のネオヒルズ族や、おしゃれに関心のある若い方を中心にベスト+パンツの アイテム構成でご着用いただくジレパンという着こなし方におススメなのが、 3釦3掛のベストスタイル。
    このベストスタイルは、ベストの第一釦位置が低いので開放感があり、 着心地も楽。ネクタイをしないドゥエボットーニなどのシャツとの 相性も良いです。
    前釦を開けたり、前ボタンを共布ボタン、メタル釦でアクセントなど、 ベストの背部分の生地共生地で作ったり、通常胴裏と同じ生地で 作る背部分を、柄裏キュプラや、ベスト表生地とは違った色のものを 付けるなどいろいろなバリエーションをお楽しみいただけます。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードのベスト、腰にフラップ付きポケット

ハリスツイードの衿付きベスト

ツイードのベスト、腰にフタ付きポケット

    古典柄ガンクラブチェックで仕立てた衿付きベスト。かっこ良くラペルドベストといいたくなるほど良い仕立て上がりの オーダーベストです。ブラウンミックスな暖かみのある豊かな色合いが、大人の雰囲気を。しかし、素材がスポーティーな ハリスツイードというのが、またやんちゃなひと味を加えてくれています。
    ビジネス用に三つ揃いで誂えるスリーピーススーツのベスト・腰ポケットは、箱ポケット(ウエルトポケット)が標準仕様 となりますが、フラップ付きポケットとすることで、アウター的に着こなすときのうれしいアクセント。
    春夏シーズンなら同じツイードでも、カノニコのメッシュ織り、その昔麻袋がこのようにざっくり感のある織りをしていた ことからホップサックツイードともいわれる、サマーツイードがおススメです。

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

オーダーパンツ+オーダーベストでジレパン

リネン素材のジレパン

オーダーパンツ+オーダーベストでジレパン

    ジレパンと検索すると、「ジーパン?」と聞き返されてしまうのは、検索エンジンにも もう少し勉強していただきたいぐらいなオーダーパンツオーダーベストの組み合わせ でコーディネートしていただく「ジレパン」。日本人には馴染み深いベストのことを 英語では「ウエスト・コート」、フランス語では「ジレ」というらしく、「ジレ+パンツ」で 「ジレパン」が「ジャケット+パンツ」の「ジャケパン」の先を行くこの夏クールビズのトレンドです。。 おススメは、ベストの胴回りを少しゆったりめに作ること。タイトよりもゆとりがあったほうが通気も良く 涼しいですし、じつはこのゆとりをベスト後ろの尾錠で少し絞って調整するトラディショナルな着こなしが、気になります^^

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row http://www.order-suits.com/

ダブルベスト4釦2掛

ダブルベスト4釦2掛

ダブルベスト4釦2掛

    少し寒くなってくると3つ揃い、ベスト付きスリーピースのスーツに少し気持ちが動くところです。 特に今年の秋冬はウォームビズなどの着こなし的用語も目にすることが多いのでなおさらかも知れません。。 ベスト、ウエストコートの良いところは、「衿なし・袖なし胴衣」と言われるように、衿はあっても邪魔には なりませんが、袖がないことで室内などでの作業中動きやすいというところ。
    ベストの打ち合いをダブルとすることで、よりトップスとしての重量感が増し、着心地は袖なしの軽い着心地のまま。 室内での作業中のおしゃれ度がグッと上がります。

対応縫製ライン

    縫製ラインによってフロント釦数などのフロントシルエットの対応がさまざま。 オーダー・デザインフォーム掲載は主なもののみになりますので、詳細はお問い合わせ下さい。

ベスト6釦5掛-釦穴色糸指定

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛-釦穴色糸指定

    釦穴の色糸指定でも少しの工夫でかなりのバリエーションとセンスの良さを表現できますよ。。 ベストの6釦5掛の一番下の6個目の釦は実際には止めない飾りの釦なので、この 釦穴を色糸でかがると、機能的でない飾りの部分を強調しているようで、とても おしゃれな感じです。。
    特にご指定いただかない場合、この釦穴の穴かがりやステッチは、スーツ生地と同系色で付けられるのが一般的。このベストの場合には、白色で上の5個を穴かがりし、最下端の6個目釦を、オレンジ色でというこだわり方です。ベストはジャケットと違って、中に着ていることも多いので少々派手な作りでないと目立ちません。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    釦穴色糸指定オプションは
    カスタムメイド-ジャケット・パンツ・ベストのアイテムごとに+¥1050
    Ex-made、レディースは1色ごと+¥1575
    ビスポークラインは1部位ごと+¥1050

背表共生地ベスト

背共生地ベスト

背表共生地ベスト

    ベストの背表はメンズスーツでは標準で、ジャケット胴裏と同じポリエステルやキュプラ裏地 で付けられますが、通常スーツを仕立てるのと同じ表生地(ベスト前身と同じ生地) で仕立てることもできます。レディーススーツの場合には、縫製ラインによってはこの背表共生地が 標準となっている場合もありますが、メンズではご指定で無料オプションです。
    ベストの背表がすべりの良い胴裏地でつけられるのには、ジャケット内での摩擦を できるだけ少なくし、着心地を良くするという目的があるのですが、それにも増して、 背表共生地には、なかなかの魅力がありそうです。。
    衿付きベストや、尾錠の有り無しなどと組み合わせてより個性的なウエストコートが 楽しめます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • +¥2000

More...

インデックス > オーダースーツマニュアル > オーダーベスト Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.