インデックス > オーダージャケット | ジャケット・裏仕立て > 広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

    そのデザインのオーダーらしいところからも春夏シーズンのみでなく 秋冬シーズンにも人気の「広見返し」。
    特にコットンジャケットリネンジャケットなどの天然素材では ジャケットの裏仕立て・見返し部分を大きく作ることで、 優れた通気性や吸湿性をより効果的に引き出せます。
    この「広見返し」の裏仕立てでは、内ポケットの玉縁、フタ、 背裏、ベントその他端処理の一部を、裏地と同じ生地を使って 仕上げられますが、パイピング(オプション対応)をご利用 いただくことで、これら部分のほか、背中心、裾、脇の縫込み 部分にも玉縁処理されることになるため、その高いファッション性は 見た目にも楽しませてそうです。。
    ※「広見返し」ではその仕立て方から、タバコポケットペンポケットを 付けることができません。

対応縫製ライン
    カスタムライン、ビスポークで


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

インデックス > オーダージャケット | ジャケット・裏仕立て > 広見返しのパイピング標準

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.