インデックス > スーツデザイン > ジャケットデザイン Archive

ジャケットデザイン Archive

袖本開きをボタン数5個で重ねる

袖本開きをボタン数5個で重ねる

袖本開きをボタン数5個で重ねる

    ジャケット袖先のデザインが、フレアしていたり、ボタンを重ね、また本開き(本切羽)だったりすると、 なんとなくうれしいものなんだと思いますよ。。
    いつもそれほど意識しているのではなくても、ふと袖先に目がいったり、ほかの人の視線を感じたりしたときには、 かなり気分が上がります^^
    新進のデザイナーズブランドにありそうな袖ボタン数多めの袖仕立ても、重ねてあると1個~5個めまでの袖ボタン巾は落ち着いて見えるので、 これならお仕事用スーツを新鮮に見せてくれる良い効果だけが期待できそうな、少し斬新な袖仕立てになりそうです。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットやパンツのデザインをカスタマイズする

ジャケットやパンツのデザインをカスタマイズする

ジャケットやパンツのデザインをカスタマイズする

    オーダーではカノニコや、ホーランド&シェリーなど上質な素材でジャケットパンツをお仕立ていただくことができるほか、 寸法調整、デザインの詳細をご自分でお考えいただいた通りにお仕立てさせていただくことができるんですよ。。 ボタンはメタルボタン、本開きにした袖穴を1穴ごと異なる色糸指定や、共生地で作るエルボーパッチをご希望色のステッチで縫い止めるなど。 これからの秋冬シーズンにご利用いただくことが多い、ハリスツイードや、フラノに特におすすめしたいオーダーデザイン。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ダブルジャケットの横巾ボタン間隔を狭めに調整する

ダブルジャケットの横巾ボタン間隔を狭めに調整する

ダブルジャケットの横巾ボタン間隔を狭めに調整する

    ジャケットモデルによって決められているダブルジャケット標準の横巾ボタン間隔を、 通常より狭く微調整することができるんですよ。モード系のタイトなダブルスーツに 見られる着丈短めなジャケットモデルをイメージしたオーダーメイド。。
    衿巾を広めや、逆に細めなど個性的なデザイン、仕様もお加えいただけます。。

    豊富な生地種類の中から、いちばんのお好み生地、ジャストフィットの寸法で お仕立ていただける、自由度の高いオーダーメイドです。。
    ※ご掲載ジャケットの横巾ボタン間隔9cm

対応縫製ライン

    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿巾細めなクローバーラペル

衿巾細めなクローバーラペル

衿巾細めなクローバーラペル

    コンポラスーツやレディーススーツの衿型としてお仕立てをさせていただくことが多い、ノッチ衿の角を丸くした 衿型デザインが特徴的なクローバーラペル。
    カスタムライン・トラッドモデルジャケットに細めの衿巾を組み合わせ、 フロントデザインに変化をもたせたオーダーならではのジャケットシルエット。。

    ジャケットのフロントダーツを入れないボクシーめなアメトラ仕様のジャケットシルエットは、 動きやすく、風の通りを良くしたい春夏向きジャケットにもおススメです。。

    #上衿(カラー)のみ丸い衿型を「クローバーカラー」、下衿(ラペル)のみ丸い衿型を「クローバーラペル」、 「クローバー」は、上衿・下衿とも丸いタイプの衿型デザインになります。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

袖口のフレア巾を調整する

袖口のフレア巾を調整する

袖口のフレア巾を調整する

    ジャケットの袖先に変化を付けてくれる 袖本開きや、重ねボタンなどのオーダーオプションに加え、袖口巾を通常よりも 広めに取ったシルエットでお仕立てをさせていただく袖フレアは、タイトめな袖シルエットの ご着用感をアップさせてくれるのにも効果的なおススメのオプション。。
    オーダーフォームからは、標準仕様から1.5cmのセミフレア、または2.0cm広めに とるフレアをご案内しておりますが、セミフレアでも少し広めとお考えの方には、+1.0cm のごくわずかな袖フレアにもご対応させていただけます。。

対応縫製ライン
    各縫製ラインでご対応可。
    無料~¥1500。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ヨーク・センタープリーツ付きジャケット

ヨーク・センタープリーツ付きジャケット

ヨーク・センタープリーツ付きジャケット


対応縫製ライン
    カスタムライン
    ビスポークライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ピーク衿とガンパッチで仕立てるハリスツイードジャケット

ピーク衿とガンパッチで仕立てるハリスツイードジャケット

ピーク衿とガンパッチで仕立てるハリスツイードジャケット


対応縫製ライン

    全ての縫製ラインでご対応可
    ガンパッチは、エクセーヌ、
    共生地使用とも+¥3000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

カラークロスにネームを入れる

カラークロスにネームを入れる

カラークロスにネームを入れる

    ジャケットのカラー(上衿)のすわりを良くするために入れられるカラークロス。 通常ジャケットの見返しに入れられるネームを、このカラークロス上に入れることもできるんですよ。。 ネームとして入れることができる文字は、お好みの文字をご指定いただくことができ、字体も漢字や、 ローマ字筆記体、活字体、花文字などにもご対応可。

    通常ウール×ナイロンで作られているスーツ生地と同系色のカラークロスを、 ベロアや柄素材に変更するオプションとの組み合わせもお楽しみいただけます。。 また、スーツ生地と同素材をカラークロスに使用するオプション+¥1000もお選びいただくことができるようになりました。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン +¥1500
    カスタムライン +¥1000
    ビスポークライン 無料


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

名刺入れ・モミ玉松葉カンヌキ

名刺入れ・モミ玉松葉カンヌキ

名刺入れ・モミ玉松葉カンヌキ

    いくつかある名刺入れの作り方の中で、高いグレードのスーツに 付けられることが多いのが「モミ玉・松葉カンヌキ」。 名刺入れのためのポケット口をモミ玉といわれる細い玉縁で作り、 端を松葉のように見えるカンヌキ止めをほどこしたもの。
    内ポケットの補強用に付けられる「D管止め」と同じ 赤い色糸が使用されています。
    ※松葉カンヌキ、D管止めそれぞれ色糸指定可。

    名刺入れは、このポケットに名刺を入れておくと、 シワにすることなく収納できるという便利なオプション。 クリーニング時には、入れてあった名刺を取り出すことを お忘れなく。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの胸・腰ポケットの高さ(縦巾)

浅い胸ポケット

ジャケットの胸・腰ポケットの高さ(縦巾)

    ジャケットモデルによって決められている胸ポケットや 腰ポケットの高さ(縦巾)を、標準仕様から 細くご指定いただくことができます。
    サンプルジャケットの胸ポケット高さは、標準2.5cm程度を 1.5cm、腰ポケット高さは標準5.5cm程度を4cmと 浅めに仕立てられたもの。
    デザインとしてもなかなかおしゃれ度の高いものですが、 ショート丈に合わせてバランスよく浅めのポケットというのも オーダージャケットならではのこだわりポイント。。

    全ての縫製ラインでご対応可
    無料~¥1000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
浅い腰ポケット

ドレッシーなスーツにもカジュアルにも共布釦(くるみ釦)

ドレッシーなスーツにもカジュアルにも共布釦(くるみ釦)

ドレッシーなスーツにもカジュアルにも共布釦(くるみ釦)

    ジャケットやスーツの印象が変わるボタンオプションの選び方。 Pitty Savile Rowでご用意させていただいております釦オプションは、 どれもが品質の良いジャケットやスーツによく合う釦種類。
    そのうえで、ビジネス向きのスーツなら上質で落ち着きのある本水牛釦、 ただいまの春夏シーズン向きコットンスーツリネンスーツなどカジュアルなら、貝釦や、ナット釦など、 ご着用目的や、色具合などによってお客様イメージに合った ボタンをお選びいただくことができるのもオーダースーツのメリットです。。
    また、モーニングタキシードといったフォーマルスーツに付けられる 共布釦も、ドレッシーなスーツ、カジュアルジャケットとの相性が とても良い釦アイテム。
    是非一度お試しいただければと思います^^

対応縫製ライン
    共布釦
    各縫製ラインで+¥2000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ナポリクラシコの肩先ステッチ

ナポリクラシコの肩先ステッチ

ナポリクラシコの肩先ステッチ

    軽い仕立て上がりのために春夏シーズンには特に人気の高いアンコン仕立て・ナポリクラシコ。 このナポリクラシコには、装飾を兼ねたステッチが押さえミシンとして肩先に入れられるため、 ステッチの色糸指定をしていただく際には、この肩先ステッチも色糸指定の対象に。。
    通常、上衿・下衿・フロントカット・胸ポケット・腰ポケットに 入れられるフロントステッチに追加されるステッチとお考えいただければと思います。。
    コットンスーツリネンスーツとステッチとはとても相性の良いデザインオプション。 是非、お仕立ていただくジャケット、スーツのご検討材料としていただければと思います^^

対応縫製ライン
    カスタムライン・色糸指定
    +¥1000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

裏地色、ネーム色、千鳥掛け色糸指定を工夫してみる

裏地色、ネーム色、千鳥掛け色糸指定を工夫してみる

裏地色、ネーム色、千鳥掛け色糸指定を工夫してみる

    ジャケットの裏仕立てには、仕立て方そのものを お台場付きとするほか、表生地色に合わせた裏地色選び、 少しぜいたくにお仕立ていただく場合には、キュプラ裏地や 柄裏地、当店の店ネームはエンジに黒地+赤地の2色、これに お仕立ていただく生地によってカノニコや、ロロピアーナなどの 生地ネームが加えられると、オーダースーツの裏仕立ては なかなかこだわりがいのあるにぎやかさです^^
    また、追加オプションとして、店ネーム、生地ネーム2枚の ネームを縫い止める色を【白】【黒】【赤】【黄】【シルバー】【ベージュ】【紫】の計7色の 色糸の中からご指定いただくこともできるんですよ。。
    裏地色などに合わせてお楽しみいたあければと思います。。

対応縫製ライン
    カスタムライン、
    ビスポークラインで+¥1000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケット・パンツのポケット口にD管止め



ジャケット・パンツのポケット口にD管止め

ジャケット・パンツのポケット口にD管止め

    ジャケット腰ポケットや、パンツピスポケット(後ろポケット)、内ポケットなどのポケット口の両端に 入れられる「D管止め」は、力のかかりやすいポケット口が裂けてしまわないために 閂止めのさらに外側に補強用に入れられます。「D管止め」はDの字に見えるミシン目で補強するためこのように呼ばれています。

    スーツ生地色と同系色のミシン糸で入っていても、なかなかうれしいオーダーらしさなのですが、このD管止めは色糸指定にもご対応させていただけます。




対応縫製ライン

    全ての縫製ラインでご対応可
    部位により無料~¥1000




オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

チンストラップ

チンストラップ

チンストラップ

    未使用のときには、衿タブ位置にボタン止めでぶら下げておき、 使用時には、反対側の衿裏にも付けられたボタンでも止めることで、 風よけ、防寒用として暖かく、しかもカントリーツイードのジャケット のデザインも楽しませてくれるチンストラップ。
    エクセーヌでお好みの色で作ったり、ジャケット地と同じ生地でも 作れます。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可
    +¥3000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

赤系チェック柄裏地

赤系チェック柄裏地

赤系チェック柄裏地


対応縫製ライン
    Ex-madeライン
    +¥2500


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

盛夏におススメな広見返し+背裏なし

盛夏におススメな広見返し+背裏なし

盛夏におススメな広見返し+背裏なし

    ジャケットにいくつかある裏仕立てのなかで、裏地をほとんど使わない 仕立て方が、ジャケット内側に表生地と同じもの広い面積で使う「広見返し」と、 「背裏なし」の組み合わせ。
    胴裏地を前身・後ろ身の背~裾まで全面に付けるのが「総裏仕立て」、 背部分を下3分の2程度少なく仕立てるのがオールシーズン向きな 「背抜き仕立て」、「背裏なし」は「背抜き仕立て」で残されていた 上3分の1程度の背部分の裏地も付けない軽く、風通りの良い仕立て方になります。

対応縫製ライン
    カスタムライン
    ビスポーク


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

袖本開きスナップ止め

袖本開きスナップ止め

袖本開きスナップ止め

    袖先を「本開き」とする仕立て方には、オーダースーツらしい デザインとして多くの方に知られているボタンと穴かがりで止める「本開き釦止め」の ほかに、スナップで止める「本開きスナップ止め」という作り方があります。
    このスナップ止めは、袖の開き口をスナップで止める仕立て方なので、 本開きですが、ボタン穴、穴かがりがなく、切羽(飾り縫い)が付けられます。
    開け閉めを楽にできるという機能性と、既製スーツではほぼ見ることがない独特なデザインが特徴的です。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可
    ¥2000(+税)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

より立体的なデザインとなった本バルカポケット

Ex-made本バルカポケット

より立体的なデザインとなった本バルカポケット

    ビジネススーツ胸ポケットとして選ばれることが多い、 ポケット口の縁が長方形の「箱ポケット」と、脇側が舟のへさきのように 尖った「バルカポケット」。 この胸ポケットデザインの仕立て方にバストのボリュームにそった 曲線デザイン、より立体的な「バルカポケット」デザインとなる 「本バルカポケット」が加わりました。。
    バルカポケットはクラシコスーツと相性の良い胸ポケットと いわれることが多いのですが、その本格的なオーダーデザイン から、ブリティッシュスーツナポリクラシコ等でもお選びいただく ことが多い人気デザインとなっています^^
    ※Ex-madeライン(上)とカスタムライン(下)の「本バルカ」とも、 +¥1000(+税)のオプション対応でお仕立てさせていただけます。。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カスタムライン本バルカポケット

ジャケットの腰ポケットを別素材で仕立てるクレイジーパターン

ジャケットの腰ポケットを別素材で仕立てるクレイジーパターン

ジャケットの腰ポケットを別素材で仕立てるクレイジーパターン

    チェスターコートの上衿をベルベットなど別素材で仕立てる 作り方はよく知られていますが、ジャケットやコートの他の部位、 例えば、腰ポケットや、胸ポケット、袖左右を身頃と変えたり、 右半身と左半身を別生地で仕立てたりといった、クレイジーパターン でのオーダーもお仕立てさせていただけます。
    多くの部分を別生地でお仕立ていただく場合、その部分に対応する 生地用尺が必要となるため、袖丈で変えたり、ジャケット丈で 変更する場合には、生地代もなかなかにご負担が大変になって しまうことが多いのですが、腰ポケットだけとか、胸ポケットだけ などのように、ワンポイントとしてお使いいただく場合には、 生地用尺も2~30cm程度あれば十分です。。
    ハリスツイードや、コットンリネンなどのカジュアル素材で、 それぞれの部位に使う生地を指定してお仕立ていただけます。。

対応縫製ライン
    別素材として使用する部分の素材費と
    縫製ライン、取替え部位によって
    若干異なりますが、補正料として¥2000程度~


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

袖釦の付け方「くっつき」

袖釦の付け方「くっつき」

袖釦の付け方「くっつき」

    袖釦が付けられるときの、釦間隔は、 数ミリ程度開けられているものが標準仕様。 クラシコスーツが広く認知されるようになってからは、 イタリアンテイストのキス釦(重ね釦)と言われる、 各釦を数ミリ重ね付けするデザインの袖釦の付け方が 人気です。。
    この「くっつき」と言われる付け方は、数個ある各袖釦をくっつけて 釦間隔を0ミリとしたデザインのもの。 袖仕立てを「本開き」として、キス釦、くっつきなど、 袖先デザインの組み合わせをお楽しみいただければと思います。
    ※袖釦・くっつきは現在オーダーフォーム備考欄などより お知らせいただくことで、ご対応させていただいております。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    ご指定で無料


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ネイビーのコットンジャケットにバイカラーのナット釦

ネイビーのコットンジャケットにバイカラーのナット釦

ネイビーのコットンジャケットにバイカラーのナット釦


対応縫製ライン
    カスタムライン専用
    +¥1500(+税)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

サマーツイードジャケットに総ピックステッチを色糸指定で

サマーツイードジャケットに総ピックステッチを色糸指定で

サマーツイードジャケットに総ピックステッチを色糸指定で

    衿やフロントライン、ポケットなどフロントステッチとして 入れられるステッチ部位に加えて、肩線や袖、ベント、フロントダーツにも ステッチが入る総ステッチ
    手縫いで入れたような縫いめのステッチは、とても高級感があり、 サマーツイードコットンスーツなど、薄手な春夏生地に入れるととても効果的 なのですが、標準では生地色と同系色のステッチ色を、ネイビーに対して白糸指定 などとすることで、春夏シーズンにはより涼しげなオーダーアイテムが仕上がります。。
    また、総ステッチはミシン目で入れるステッチにもご対応可。素材によっては、 ピックステッチミシンステッチで迷うところです。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

春夏ジャケットにおススメな胸ポケットデザイン

胸ポケットフタ付き

春夏ジャケットにおススメな胸ポケットデザイン

    オーダースーツならではの高い品質の生地や縫製、既製スーツでは 手に入りづらい特徴のある色柄、選べるデザインなど。。
    胸ポケットとしてお選びいただくことができるデザインも、 ビジネス標準の箱ポケットや、バルカポケット、秋冬シーズンには ハリスツイードジャケットや、フラノジャケットの胸ポケットデザインとして多くの ご指定をいただいた各種アウトポケットのほか、腰ポケットと してはオーソドックスなデザインとなる「フタ付きポケット」を 胸ポケットとして付けてしまうオプションにもご対応可。
    御幸毛織のスカーレット色ネップツイードのようなラフでスポーティー感 のあるジャケットの胸元デザインには、フタ付きポケットのような 個性的な胸ポケットデザインが良く合います^^

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

グレーフランネルの3パッチポケット・ジャケット

グレーフランネルの3パッチポケット・ジャケット

グレーフランネルの3パッチポケット・ジャケット

    品の良いグレーフランネルの中でも、コーディネートの巾が広く スラックスの色合わせも楽なミディアムグレー・フランネルのジャケット。 左の胸ポケットと左右の腰ポケット2つの計3つのポケットを アウトポケットで仕立てられたジャケットを3パッチポケットといいます。 カジュアルジャケットには多く見るデザインのジャケットで、 腰ポケットがフタ付きアウトだったり、ボックスだったりする ものもあり、オーダージャケットでお仕立ていただくことができる ポケットデザインの種類はとにかく豊富。。
    明るめ茶系のバスケット革釦とミディアムグレーフランネルとの 色具合もとても映えています。 素材が良く、オーソドックスな色柄で仕立てたジャケットは 長い間良い状態でご愛用いただけます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

レールステッチを色糸指定

レールステッチを色糸指定

レールステッチを色糸指定


対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可
    +¥1000(+税)
    色糸指定は備考欄よりご指定下さい。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ロングジャケットで選べるデザイン

ロングジャケットで選べるデザイン

ロングジャケットで選べるデザイン

    ロングジャケットは着丈を長くして仕立てるジャケットのため、いつもご着用になっている ジャケット着丈とロングジャケットとするために長くする丈寸法を+何cm(15cm程度が目安)とご指定いただく ことでお仕立てさせていただけます。。
    ロングジャケットの仕立て方はコートのそれとは異なるので、コート仕様のためにデザインが限定されてしまうことがなく、 通常ジャケットをオーダーしていただく際のシルエット、デザインのすべてに対してご対応が可。。 たとえば、カスタムラインのブリティッシュモデルのジャケットを通常着丈なら75cmのところ、ロングジャケットと するために+18cm長くして93cmの着丈で仕立てるといった具合の仕立て方です。。
    ジャケットデザインのすべてに対応させていただくことができるので、腰ポケットをハッキング(強)や、アウトポケットで フタ付きなど、衿型もピーク衿クローバーセミノッチタブ付きも大丈夫です。。 また、軽めに羽織る春先のトップコートとしてもおススメなデザイン。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    #着丈86cmまで
    Ex-madeライン  +ジャケット価格×10%
    カスタムライン  +ジャケット価格×15%
    ビスポークライン +ジャケット価格×15%

    #着丈86cm超の場合には一律
    +ジャケット価格×25%
    ※追加生地+縫製増が含まれます。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

軽く羽織りたいジャケットにカバーオール仕立て

軽く羽織りたいジャケットにカバーオール仕立て

軽く羽織りたいジャケットにカバーオール仕立て


対応縫製ライン

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

拝み掛けのシングルジャケット

拝み掛けのシングルジャケット

拝み掛けのシングルジャケット

    ジャケットのフロントデザインに「拝み掛け」というものがあります。 この「拝み掛け」は、右前身(メンズでは下前)に付けられているボタンが、 ジャケットボタン位置の「表」「裏」に1個ずつ付けられており、 「表」側のボタンを付けると普通の付け方、「裏」側のボタンを付けると 「拝み掛け」という様に2種類の止め方ができるフロントデザインです。
    フォーマルスーツによく見るデザインで、「拝み掛け」に掛けると慶事、 普通に掛けると弔事という着方もありますが、はっきりとした決まりは ありません。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで無料対応


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ガンパッチをツイードジャケットに付ける

ガンパッチをツイードジャケットに付ける

ガンパッチをツイードジャケットに付ける

    ハリスツイードや、ソーンプルーフなどのツイードジャケットやフランネルで仕立てる ジャケットのデザインオプションとして人気の高いエルボーパッチ(ヒジ当て)に加え、 よりカントリーテイストのオーダージャケットをお仕立ていただくなら、ガンパッチといわれる 肩当てにもご対応可。
    もともとは、狩猟用ジャケットの機能的なオプションとして、銃の台座を 当てるクッションとなるものなのですが、現在ではジャケット生地と同じ共生地で作ったり、 スエード調の人工皮革エクセーヌで付けたりする装飾的なオプションとなっています。 エクセーヌで付けられた衿タブとそれぞれ別生地で作ることも可。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可
    Ex-madeで、共生地・エクセーヌ(色指定可)共に+¥3000(+税)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ドロップショルダー|ネイビーフランネルジャケット

ドロップショルダー|ネイビーフランネルジャケット

ドロップショルダー|ネイビーフランネルジャケット

    着心地の良さでおススメしたいのが、まわり寸法を比較的ゆったりめにお仕立てさせて いただき、人の肩線に近いナチュラルなドロップショルダーが特徴的な アメリカントラディショナルモデルのジャケット。
    シングルの3釦段返り胸ポケット腰ポケットアウトポケットとする 3パッチポケット、色はネイビー、素材はフランネルでお仕立ていただく ネイビーブレザーの定番的なアイテムです。。
    肩パッドと、標準モデルの肩点より低い位置からの袖付け等で形作られるドロップショルダー、 フロントダーツなどを省くご指定などからゆったりなボックスシルエットが 優しく、男性らしいフォルムを作ります。

対応縫製ライン
    カスタムライン
    アメリカントラディショナルモデル(トラッド)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

9+3ミリレールステッチ(ミシンステッチ)

9+3ミリレールステッチ(ミシンステッチ)

9+3ミリレールステッチ(ミシンステッチ)

    9+3ミリのレールステッチは、ミシン目で入れられるステッチで、 衿端などから9ミリの位置に3ミリ巾のステッチが入れられるもの。 2+8ミリのダブルステッチの場合には、衿端などから2ミリと8ミリの 位置にステッチが2本入ることになるため、同じ2本線のステッチでも 見た目がずいぶん異なります。
    通常ステッチが入れられるフロントステッチは、上衿・下衿・フロント線・ 胸ポケット・腰ポケットとなるため、このレールステッチを入れた際の インパクトはなかなか。。ビジネススーツなどに入れることが多い ミシンステッチ・コバとは大きく印象が異なります^^

対応縫製ライン
    カスタム・ビスポーク
    +¥1050


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ミシンステッチ(無料オプション)

IMG_0923.JPG

ミシンステッチ(無料オプション)

    ビジネス用のスーツでは入れないことも多いのですが、 スーツに入れるステッチにはミシンステッチピックステッチの2種類が あり、ミシンの縫い目で入れるミシンステッチは、ご指定いただくことで、 無料オプションとさせていただくことができます。
    フロントステッチとしてミシンステッチが入れられる箇所は、上衿(カラー)・ 下衿(ラペル)・フロント線・胸ポケット・腰ポケット。
    各部分の端に入れられるものを「コバステッチ」、端から5ミリを「5ミリステッチ」 2本線で入られれるものを「レールステッチ」など。
    フロントステッチに加えて、肩線・ベント・袖裏・フロントダーツ・背縫い線に 入れられる「総ステッチ」はミシンステッチでも有料オプションとなります。
    ミシンステッチは、コットンリネンなど無地系の平織り生地に入れると効果的です^^

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで無料オプション


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

コットンジャケットの胸ポケットをフタなし

コットンジャケットの胸ポケットをフタなし

コットンジャケットの胸ポケットをフタなし

    ビジネススーツでは、あまり選ぶことが少ないフタなしの胸ポケット。 コットンリネンなどのカジュアルジャケットに組み合わせて胸もとを すっきり演出します。
    この両玉縁のフタなしポケットに、フタを付けるとジャケットの 腰ポケット標準のフラップ付きポケット。この形のポケットを 胸ポケットとすることもできます。
    場合によっては、この上下の玉縁の巾を変えたりということにも 対応可。タキシードなどで、この玉縁部分をベルベットで作る というものも多く目にするデザインですね。。

対応縫製ライン
    Ex-madeラインで+¥1050
    その他縫製でもご対応可。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ダブル8釦4掛・ツイードジャケット

ハリスツイード・8釦4掛ダブルジャケット

ダブル8釦4掛・ツイードジャケット

    ダブルジャケットのフロントデザインは、前釦の数とそれを内側で止める 釦数(×掛)であらわします。フォーマルスーツブリティッシュスーツの ダブルジャケットデザインとしてよくみる6釦2掛は、前釦数が6個なのに対して、 2個掛けで止められているもの、バブル期ソフトスーツでおなじみのロングターン(4釦1掛)は 前釦が4個なのに対して内側で1個掛けされています。
    このハリスツイードの巾広ヘリンボーン(オニアヤ)で仕立てられたジャケットは、 8釦4掛のフロントデザイン。
    前釦が4掛となると、ネクタイ・シャツの見えるVゾーンが狭くなるのは、 シングルジャケットが2釦より3釦、4釦となるほうが、釦位置が高くなるのと 同様です。。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ハリスツイード・グレーの鬼アヤヘリンボーン

黒調貝釦ベスト付き3ピーススーツ|クラシコ

黒調貝釦ベスト付き3ピーススーツ|クラシコ

黒調貝釦ベスト付き3ピーススーツ|クラシコ

    秋冬シーズンにも個性的でおしゃれ度の高いスーツやジャケットにお選びいただくことが多かった 貝釦(シェル釦)は、春夏シーズンがすすむにつれ、コットンスーツリネンスーツ、その他 カジュアル色の強いジャケットなどにお選びいただくことが多いアイテムになると思いますよ。。
    貝釦の基本色は黒と白ですが、7色に光るスペクトル調の鮮やかな色柄が、開放的な春夏アイテムに ぴったり。。天然ものなので、1個1個の柄が微妙に異なるのも、おしゃれ心を満足させてくれそうです。
    ホワイトコットンに白色貝釦や、カラードリネンやカノニコサマーツイードに黒色貝釦など、 貝釦の重みや、冷んやりとした手触り感お楽しみ下さい^^

対応縫製ライン
    Ex-madeライン +¥2625
    カスタムライン +¥3675

シングル3釦段返りと3釦中段返り

シングル3釦段返り

シングル3釦段返りと3釦中段返り

    シングルジャケットのフロント釦デザインのうち、2釦や3釦2掛は わかりやすいのですが、このシングル3釦段返りと、3釦中段返りとは、 3つある釦のうち、真ん中の1個のみで止めるという共通点から、見た目が近く、 お問い合わせをいただくことも多いです。。
    この2つのフロント釦デザインのうち、大きく異なるところが、第一釦の釦穴 の見え方。3釦中段返りはこの釦穴が衿返り線から見えず、3釦段返りは、 シャツ・ネクタイの見えるVゾーンが広めとなるため、釦穴が衿の返り線上に 見えています。
    ブレイクポイントといわれる、衿の下げ止まり位置が4cm程度異なるため このようなデザインの違いがとなっています。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
シングル3釦中段返り

赤キュプラ裏地を見返しに差し込みパイピング

赤キュプラ裏地を挟み込みパイピング

赤キュプラ裏地を見返しに差し込みパイピング

    ツイードジャケットやフランネルジャケットをお仕立ていただく際、ご依頼をいただくことが 多くなった挟み込みパイピング。見返しと言われるジャケットと同じグレー生地で作られている ジャケット裏仕立てと、胴裏地の間に見える部分では5ミリ程度の巾のパイピングを挟み込みます。 お選びいただくことができるパイピングは3種類。パイピングはバイアス(斜め45度)に布地を カットして作られるため、縞柄は斜めに出ます。
    あざやかな光沢感をもつキュプラ裏地と、見返し、挟み込みパイピングの3色の 色具合をお楽しみいただけます。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン
    +¥1575の有料オプション


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

エルボーパッチをエクセーヌで付ける

IMG_8253.jpg

エルボーパッチをエクセーヌで付ける

    ジャケットを仕立てる生地と同じ生地で付けることも多いエルボーパッチ(ヒジ当て)ですが、 スエードのような手触りの人工皮革エクセーヌでも取り付け可。この秋冬シーズンには、 デザインフォームからご指定いただくことができますよう調整予定です。。
    ハリスツイードジャケットドネガルツイードジャケットなどに、 エルボーパッチを付けることで、スポーティーかつカントリー調な ジャケットに。。クラシックな英国調スーツがトレンドなシーズンには、 背バンドと共に気になるデザインです。
    デザインフォームご案内前は、備考欄よりどのような色とお気軽に お申し付けいただければと思います。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    エルボーパッチとして付ける素材により
    異なりますが、工賃込みで¥3150~
    ※エクセーヌは@¥3150


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

コットンジャケットにピックステッチを総ステッチ

ライトベージュコットンジャケット・総ステッチ

コットンジャケットにピックステッチを総ステッチ

    コットンスーツにステッチを入れるとなかなか目立ちます。ミシンステッチよりもピックステッチ、 ピックステッチもコバ(端)に入れるよりも5ミリステッチなどとするほうが、目立たせるという 意味では効果的。
    色指定しないオーソドックスなピックステッチでもこれだけ際立ちます。
    腰ポケットに入れられるステッチは、フタ付きポケットならその雨蓋に、アウトポケットなら そのポケットの形に沿って入るので更に効果的。
    フロントステッチ指定と総ステッチ指定とで違うところは、見える範囲では ダーツに入る・入らないというところ。
    総ステッチでは、肩線・ベント・袖・背縫い線にも入ります。

対応縫製ライン
    カスタムライン
    総ステッチはミシンステッチとピックステッチの コバステッチ・5ミリステッチで対応


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

釦の選び方でジャケットに涼しげアクセント

ネイビーブレザー+白色釦

釦の選び方でジャケットに涼しげアクセント

    ネイビーのブレザーには白色釦を合わせるとグッと涼しげ+清潔感漂うよりスポーティーなアイテムにカスタマイズ。
    ビジネススーツに付いている釦ならなんでも構わないと言われてしまいそうなジャケットの釦ですが、 フロント部の釦はなかなか目立ちます。はっきりと目立ってスーツ生地と違う色柄の釦は避けたい方も、 例えばネイビーやチャコールグレーにこげ茶の釦やトーンをスーツ地に合わせた赤系統の釦が相性の 良いことは案外ご存知の方も少ない組み合わせ。。
    パンツをオーダーする際にも、持ち出し釦や、後ろポケットの釦などのご指定にも対応させていただけます。

対応縫製ライン
    共布釦(くるみ釦)や持ち込み釦も対応可。
    基本は各縫製ライン設置フォームからセレクト。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

セミノッチ衿の角度調整

ビスポークスーツ・セミノッチ衿

セミノッチ衿の角度調整

    標準的なビジネススーツの衿型がノッチ衿ピーク衿は日本名・剣衿といわれるように 下衿(ラペル)の先端が上に突き出している形をしており、フォーマルスーツなどのダブルスーツの 衿型を思い浮かべていただくとわかりやすいです。。
    ノッチ衿、ピーク衿にはそれぞれセミノッチ衿セミピーク衿と呼ばれるものがあり、 ジャケットシルエットによりお選びいただくことができる設定、できない設定がありますが、 ビスポークラインではそのご対応が柔軟です。。
    画像のセミノッチ衿は5ミリの高さを指定したもの。これより高くしたければ7ミリや1cmなど というご指定も可。人気のEx-madeクラシコのセミノッチは3~4ミリ程度の高さ。カスタムのクラシコスーツ ではセミノッチ対応不可とさせていただいておりますが、1~1.5ミリ程度の微妙な高さがあり、セミノッチと 言っていえなくもないデザインとなっています^^

対応縫製ライン
    セミノッチの詳細な衿角度調整は、
    ビスポークラインでのみ対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しとパイピング

広見返しのパイピング

広見返しとパイピング

    広見返しはジャケットの裏仕立ての中で夏仕立てといわれるもの。
    ジャケットの内側を見ていただくと、スーツの表生地と同じ生地が折り返して付けられているのが 「見返し」というもので、この「見返し」から続く胴裏地も表生地と同じもので作ってしまいます。 通常胴裏で隠れてしまっている部分がむき出しになるので、機能的なほつれ止めと装飾目的で付けられる パイピングは効果的な見え方でファッション的に楽しませてくれます。
    コットンスーツリネンスーツでこの広見返しをすると、軽く通気が良い上に吸湿性の高いコットン、 リネンの天然素材がジャケット内をより涼しく保ってくれます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードジャケットにベース型フタ付きの腰アウトポケット

ベース型フタ付きポケット

ツイードジャケットにベース型フタ付きの腰アウトポケット

    ジャケットの腰ポケットに付けるフタの形は、標準では長方形で 角の取れた丸い形。アイビースーツではこのフタの角が直角のものが本格的。 ハッキングとかスラントなどと言われる斜め切りとすると、このフタの形は 平行四辺形のように変形します。この変形の度合いは、ハッキング角度(弱) よりも(強)のもののほうが見た目にも目立った変化をしますので、 オーダー時のご検討材料としてはなかなか大事。
    ベース型のフタは、野球で使われる5角形のホームペースに その形が似ているためで、オーダーパンツならではのパンツ・後ろポケット のタブなどでもベースといいます。
    ベース型のフタにアウトポケット、そして巾を広めにとったミシンステッチ のツイードジャケット。これはハリスツイードのものですが、春夏シーズンには、 カノニコのサマーツイードコットンスーツなどで是非お試しいただきたいデザインです。

対応縫製ライン
    全てで対応可
    @¥1050~¥2100


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットステッチの入る場所

ジャケット5ミリステッチ・衿

ジャケットステッチの入る場所

    ステッチにはまずミシンステッチピックステッチ、そしてそのステッチを衿端やジャケットフロントから何ミリ入ったところに入れるかで、端に入れるコバステッチ、端から5ミリ、7ミリ、10ミリなど。
    また、一般にステッチと言う場合、ゴージを境として上衿(カラー)・下衿(ラペル)・前端線(フロント線)・胸ポケット・腰ポケットに入る「フロントステッチ」と言われるもの。もうひとつは、総ステッチと言われる上記フロントステッチに加えて、肩線・袖・ベント・ダーツ・背縫い線に入れられるもの。
    端に入れておくとあまり目立たずシックなビジネススーツ向き。内側に入れるほど目立つステッチの入り方になります。 カジュアル素材には特におススメなステッチですが、コットンスーツなどとは更に相性の良いオプション。
    ミシンステッチ+フロントステッチはどの縫製ラインでも無料です。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ジャケットミシンステッチ5ミリ・腰ポケット

ジャケットの衿裏・カラークロスを指定する

カラークロス

ジャケットの衿裏・カラークロスを指定する

    ジャケットの上衿の裏をひっくり返してみると、カラークロスといわれる付属の織物が見えます。 このカラークロスは衿裏に縫い付けることで、衿のすわりを良くするためのものになるため、 特にご指定いただかない場合には、ジャケット表生地ど同系色のものが付けられます。。 この、比較的見えづらい隠れた部分のおしゃれですが、見せるおしゃれよりも、見えて しまった時のさりげなさのほうが、きっと相手にとってはポイントが高いはず^^ 斜めストライプ、格子柄、ベロア無地の計12色の中からご希望のものをご指定いただけます。。
    寒い時期、タブ付きラペルのジャケットを衿を立てて着こなすなどする時には、より目立つのでおススメです。。

    対応縫製は、メンズカスタムラインのみ
    +¥1050の有料オプション
    ※釦・裏地指定対応素材限定

オーダージャケット
カラークロスの種類

ブリティッシュスーツのカッタウェイフロント

ブリティッシュスーツのカッタウェイフロント

ブリティッシュスーツのカッタウェイフロント

    メンズカスタムラインのフロントカットは基本的には、ブリティッシュクラシコタイトなど、それぞれ のシルエットパターンのコンセプトとなる専用のフロントカットでお仕立ていただくことになりますので、 オーダー初心者の方にも簡単に完成度の高い本格オーダーをお楽しみいただけます。。 ブリティッシュ・スーツにセットされるフロントカットは、専用のカッタウェイ・フロント。フロックコートの 前裾を切り落とし動きやすくなるように前開きを大きくしたようなものをカッタウェイ・フロントといいます。 ブリティッシュ・スーツでは、ドレープ感のあるバストからウエスト、裾にかけてのカッタウェイ・フロントで 流れるようにドレッシーなラインを作ります。。

対応縫製ライン

    メンズカスタムライン・ブリティッシュの シルエット専用カッタウェイフロント

コーデュロイジャケットにアウトポケット

IMG_4437.JPG

コーデュロイジャケットにアウトポケット

    コーデュロイというと、野趣あふれる秋冬カジュアルの定番素材。ちょっと肌寒い季節などの外出時、気軽なジャケット感覚でご着用いただく方が多いようです。インナーに少し厚めのセーターなどを合わせる着こなしには、お仕事用スーツよりも若干オーバーサイズに、薄手のニットや、ベスト程度をご着用予定なら、春先・秋口などのときのことも考えると、寸法調整はしないほうが良いかも知れません。 また、思いっきりタイトに着丈短めなパツパツなジャケットにも、ニーディックのコーデュロイはナチュラルストレッチが効いているので、思ったよりも動きやすいです。 たて畝コーデュロイのアウトポケットの柄合わせは一般的には、表地の柄に合わせて縦ですが、貼り付ける方向を横にしてみるのも、ちょっとしたアクセントで面白いかも知れません^^
    ※ドイツのニーディック社はコーデュロイをはじめ、コットンを原料とした織物で世界的に定評があり、同様にベルベットも有名です。

対応縫製ライン

    ■全縫製ラインで対応可
    ご指定で無料オプション

ナポリクラシコスーツ専用|裏仕立てカバーオール

IMG_4174.JPG

ナポリクラシコスーツ専用|裏仕立てカバーオール

    付属・芯地を極力省いたナポリクラシコスーツを更に軽く仕上げるには、裏仕立てにカバーオールをお選びいただくのがおススメ。へり取りのパイピングをしただけの最小限の裏地。このカバーオール仕立ての場合には、付属・芯地が更に少ないため、内ポケットは付けられず、表のポケットも切りポケット(フタ付きポケットなど)も対応不可、胸ポケットも含めてアウトポケットのみと、独特な形なだけに、若干、仕様に制限があります。

対応縫製ライン

    ■カスタムメイドライン専用
    +¥2100の有料オプション

ジャケットの色ステッチ

IMG_4402.JPG

ジャケットの色ステッチ

    ジャケットのフロントステッチは、一般的には上衿、下衿、フロント、胸ポケット、腰ポケットに入るのですが、このステッチの色指定をすることができます。ミシンステッチピックステッチのどちらでも大丈夫。コーデュロイベルベットハリスツイードなどの起毛素材にステッチを入れる場合には、毛足に埋もれてしまいステッチが入っているのかどうなのかよく見ないとわからないような場合もありますので要注意。ステッチには向いた表地とそうでないものとがあります。色の選び方は、お好み次第ですが、おとなしく入れたいような場合には、色のトーンを合わせるとか、サンプルのように裏地や表地の1色を拾うと落ち着きます。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可 釦穴色糸指定オプションは カスタムメイド-ジャケット・パンツ・ベストのアイテムごとに+¥1050
    Ex-made、レディースは一色ごと+¥1575
    ビスポークラインは1部位ごとに+¥1050
IMG_4403.JPG

ナローなピークドラペル

ナローなピークドラペル

ナローなピークドラペル

    今年ハヤリの鮫のようにざらついてキラキラした表面感のシャークスキン地に、細身のピークラペルは かなりおシャレ度の高い組み合わせ。礼服などにつける剣衿=ピークラペルをシングルスーツにつけると シングルピークスーツになります。タイトなスーツには衿巾を狭くするとバランスが良いと思いますよ。。 サンプルの衿巾は7cm(標準では8.5cmぐらい)。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    +¥1050の有料オプション
    ※ジャケットシルエットによっては組み合わせることが できない場合があります。

シングルピーク衿

シングルピーク衿

シングルピーク衿

    ダブルスーツ標準の衿型ピーク衿をシングルスーツにつけると ちょっとカッコいいです。
    既製スーツにもみかけるおしゃれな組み合わせですが、オーダースーツなら 生地から選べてその他ディテールもお好み次第。 ピーク衿もタイト志向のスーツには衿巾も細め、6~7cmにする ナローラペルがおススメです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • +¥1050の有料オプション

アウトポケット

アウトポケット

アウトポケット

    アウトポケットはお仕事用スーツの腰ポケットが切りポケットにフタ付きが 標準なのに対して外(アウト)にはりつけてあるカジュアル仕様。
    サンプル画像は腰位置つけてある腰ポケットですが、これを同形で少し小さくした ものを胸ポケットにも付けて「3パッチポケット」というのもあります。 あまりビジネス用素材、スーツとは相性が良くないのかも知れませんが、 ハリスツイードコットンリネンコーデュロイなど、オーダースーツだからセレクトできる ディテールとして応用範囲も広いです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • 指定で無料オプション

衿穴(ラペル穴・フラワーホール)

衿穴・ラペル穴・フラワーホール

衿穴(ラペル穴・フラワーホール)

    衿キザミ部分から切り替えられているゴージラインを境に、上部分を上衿(カラー) 下部分下衿(ラペル)といって、ラペルには衿穴が付くのが標準です。
    この衿穴は、ラペル穴と呼ばれたりより優雅にフラワーホールなどとも呼ばれます。 フラワーホールというのは、花を挿したりするのに使うためですが、一般的には 社章、記章、おシャレな人はラペルピンなどをさします。 ご指定いただけば、衿穴なしでお仕立てすることができます。 また、この衿穴をかがっているかがり糸を色指定などするとぐっと おシャレさを増してしまいます。
    バルカラーなど、下衿(ラペル)の小さな衿型の場合には、衿穴を付けられない場合もあります。 ノッチ衿セミノッチ衿ピーク衿など衿型を問わず、衿穴は付けられます。また、普通は1個の衿穴を左右2個や、 片側に平行して2穴付けるなど、オーダースーツならではのカスタマイズも対応可。

対応縫製ライン

  • 衿穴ありが標準仕様
  • 指定で衿穴なしも可(無料オプション)

ジャケットフロント-シングル4釦3掛

ジャケットフロント-シングル4釦3掛

ジャケットフロント-シングル4釦3掛

    ジャケットの第一釦をした時にネクタイとシャツが見える三角形の部分をVゾーンといいます。 このVゾーンはジャケットフロントの釦数が増えるほど釦位置が上って狭くなり、釦数が少なければ 釦位置は低くなって、Vゾーンは広くなります。この釦位置の高い・低いや釦間隔は流行に大きく左右されるところ。 一般には2釦よりも3釦、3釦よりも4釦のほうがVゾーンは狭く、ご希望があればシングル5釦の スーツもお仕立ていただけます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可

ジャケットフロント-手付けボタン

ジャケットフロント-手付けボタン

ジャケットフロント-手付けボタン

    オーダースーツのひと手間かけた仕事はジャケットのフロントボタンを手付けで行うことにも あらわれています。ボタン付けは機械で付けるのが一般的ですが、洋服地とボタンとの間に糸で足を作り、 服地の厚みに合わせた根巻き、さらに足に糸を通すことで丈夫に仕上がります。 ジャケットのフロントボタンは使用頻度が高く、一番力の加わる部分だからこその丁寧仕立てです。 また、表地とボタンをつなぐ足があることで、ボタンの着脱もスムーズです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで標準仕様

フックベント

フックベント

フックベント

    フックはカギのこと。
    見た目はほとんどセンターベントと同じですが、ベントの切れ目根元が カギ状になっています。アイビー調必須のディテールですが、そうと限った ものでもなく、おシャレ感覚でご指定いただいても大丈夫です。 メンズスーツ、特にお仕事用にご着用になる場合には、あまり大きく デザイン変更することが難しい場合がありますから、こういったところで ちょっとだけ遊べるのもオーダースーツならではの楽しみです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※指定で無料オプション

タイトシルエット

タイトシルエット

タイトシルエット

    Pitty Savile Rowのカスタムメイドラインでご提案させていただいている タイトシルエットは、ボタン位置の高いハイゴージ、全体のゆとり量を抑えた細身のスーツです。 ファッション度の高い熟成されたクラシコラインに比べるとうらやましいぐらいにぜい肉も少ない若年層向けのシルエットのように思われがちですが、オーダースーツの場合には、タイトでもゆとり量は適正量なので、 着心地良くカッコ良いスーツに仕上がります。
    また、さらにゆとり量を抑えたショート丈仕様のタイトスーツのシルエットも人気です。

対応縫製ライン

サイドベンツ

サイドベンツ

サイドベンツ

    ベントはもともと乗馬服着用時動きやすいようにジャケット背面に切れ目 を入れたもので、真ん中にあるものをセンターベント、両脇に2本あるものを サイドベンツ、ベントのないものをノーベントといいます。ネットからご注文をいただくおよそ7割程度が サイドベンツで、ヒラヒラとおシャレですし、両脇の切れ目はパンツを多く見せて 着用者を足長に見せる効果があるのでおススメです。
    サンプルのジャケット裏地は表地チャコールグレーに対しての真っ白、、 動くとサイドベンツの裏地は見え隠れするので、選び方もお好み次第です。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※無料オプション

シングル3釦1掛段返り

シングル3釦1掛段返り

シングル3釦1掛段返り

    3釦1掛段返りはアメリカントラディショナル、略してアメトラのフロントデザイン で、一般的に3釦スーツとして認識のある3釦2掛スーツよりも衿の下げ止まる 位置が少し下になります。 そのため、衿の返り線上で第一釦穴がちょうど真ん中あたりで折り返されることに なり、特徴的なデザインとなっている。 釦は3つありますが、胸部分の前開きも大きくボタンも真ん中1個でしか とめないため着心地は楽。
    ※画像はカスタムライン・ブリティッシュモデルの3釦段返り

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※ジャケットのフロントデザインとして指定
    無料オプション

腰ポケット【斜め・ハッキングポケット】

斜めポケット・ハッキングポケット

斜め・ハッキングポケット

    ジャケットの腰ポケットはフタ付きポケットが標準で、 その切り口は水平に切られていますが、その口巾を 脇側に向けて少し下げた切り口にしているのが「斜めポケット」とか 「ハッキングポケット」「スラントポケット」と言われるもの。 ファッションはちょっとルーズで反抗的だったりするとおシャレに みられるものなので、お仕事上大丈夫そうな人にはおススメ。 フタ形状は通常のフタ付きポケットが長方形なのに対して、 平行四辺形の形になります。 脇側に向けての下げ巾は垂直線で3cmがレギュラー。

対応縫製ライン

  • ビスポーク
  • ※斜めの下げ幅自由設定可
  • その他縫製ライン
  • ※「レギュラー3cm」または「下げ幅強6cm」
    の2形状からの選択可

袖口半額縁仕立て

袖半額縁01

袖口半額縁仕立て

    袖本開き釦どめ・本切羽の簡易仕立て。 袖本開きが実際に釦穴が開き、ジャケットのフロント釦などと同様に とめることができるのに対して、半額縁仕立ては釦穴の穴かがりは 飾り(切羽)のみで実際には開かないのは、「袖あきみせ」という 袖口仕様と同じですが、袖先に切り込みが入り袖本開きと同様の 額縁仕立て(賞状などを飾る額縁の角のような作り)となっている分、 より本開き釦どめの形に近く、よりリアルです。

対応縫製ライン

  • カスタムラインメイドスーツ
  • ※+¥1050の有料オプション
    ※2017年春夏以降、開きみせ仕様として標準デザインになりました。(無料)
    ※他縫製ラインでも対応させていただくことが
    できますが、既定デザインでないため
    特別補正料として¥2100~¥3150が必要。
袖半額縁02

衿型セミピーク

セミピーク衿

衿型セミピーク

    ダブルスーツに標準でつけられるピーク衿よりも尖った下衿が少し 小ぶりなセミピーク衿。このダブル寄りなピーク衿をシングルスーツに つけてしまうデザインをシングルピークといって、 スーツをオーダーいただく際には、衿巾指定 などもしていただくことができますが、全体的にタイト志向の現在では ピーク衿よりもこの小ぶりなセミピーク衿のほうが相性が良いと思うのは店長の個人的な 好みです。。 ちなみに中央に見える釦の穴かがり状のものは衿穴とかフラワーホールといわれるもの。

ブリティッシュスタイル

ブリティッシュスタイル

ブリティッシュスタイル


対応縫製ライン

    カスタムメイドライン
    ※無料オプション

バルカポケット

バルカポケット

バルカポケット

    バルカポケットは、胸ポケットの底が船底のように緩やかに湾曲した 形をもつもの。 バルカ【barca】はイタリア語で小さな船とかボートという意味で ポケット左端が小舟のヘサキのように先端が尖った形状をしているのも特徴的。 このバルカポケットには、胸のシルエットを立体的に見せる効果があり ウエストシェイプされたクラシコイタリア仕様のスーツと相性が良い。
    オーダースーツのオプションの中でも知名度が高く、人気があり、スーツの胸ポケットがこの形をしているだけでファッション上級者に見えるのでおススメです。

ハッキングチェンジポケット・フタ角

ハッキングチェンジポケット・フタ角

ハッキングチェンジポケット・フタ角

    右腰ポケットの上に、腰ポケットよりも少し小さめについている フタつきポケットをチェンジポケットというのですが、これは もともと小銭やチケットを入れるためのもの。 チェンジポケットだけでもあまり見ないおシャレなスーツになって しまいますが、更にこのポケットの切り口を斜め(ハッキング)にして、 標準では角に丸みのあるポケットのフタを角張った形にしたのがこの形。 通常の腰ポケットのフタはポケットの切り口が水平なので、長方形を していますが、斜め(ハッキング)にすると、フタ形状は平行四辺形に、、 その角が角張っています。
    本格的なアイビーリーグモデル・パンツのピスポケットは、このフラップ角の形をしています。

シングル3釦1掛中段返り

シングル3釦1掛中段返り

ジャケットシルエット

    クラシコイタリアを代表するジャケットシルエット。フロントに釦が3つつけられるのは多くみられる3釦2掛スーツと同じなのですが、衿の下げ止まりの位置(衿返り線の一番下の位置)がジャケットの第一釦位置(一番上の釦)よりも約3cm下の位置になるので、フロントの第一と第三釦は飾りで実際にはとめません。また、衿の下げ止まり上に第一釦をおくことから生まれる独特の衿のロール感、衿下から少しだけ垣間見える釦はおシャレ心を充分に満足させてくれます。釦位置の高い3釦スーツを着てみたいけど、出っ張ったおなかが窮屈そうで・・と今時スーツを敬遠がちな方にも、3つあるうちの中1個の釦だけでとめるこの3釦1掛中段返りはオススメです。

More...

インデックス > スーツデザイン > ジャケットデザイン Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.