インデックス > スーツデザイン > | ジャケットデザイン > ジャケット・裏仕立て Archive

ジャケット・裏仕立て Archive

裏仕立て・広見返し時の背抜き仕立て(観音仕立て)

裏仕立て・広見返し時の背抜き仕立て(観音仕立て)

裏仕立て・広見返し時の背抜き仕立て(観音仕立て)

    春夏シーズンにお仕立ていただくコットンジャケットリネンジャケットには特に人気の高い「広見返し」。
    コットンやリネンなど天然素材をジャケットの見返し部分で肌で感じることができるこの「広見返し」をナポリクラシコ(アンコン仕立て)でお仕立ていただいた際の「裏仕立て」には、背抜き仕立ての背裏部分に、軽く動きやすい「観音仕立て」が標準セットされているんですよ。。

    この「観音仕立て」はジャケットの肩回りのみに裏地を付ける「背抜き仕立て」の一種で、一般的な仕立てかたに比べ手のかかるオーダー仕様となるために高級仕立てのひとつとされています。。
    オーダーらしさもご満足いただける「広見返し」を、この春夏シーズンのスーツ・ジャケットにぜひお試し下さいませ。。

対応縫製ライン

    カスタムライン
    広見返し
    背抜き仕立てご選択時


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

お台場仕立て・縁取りパイピング色指定

お台場仕立て・縁取りパイピング色指定

お台場仕立て・縁取りパイピング色指定

    オーダースーツならではの手をかけたデザインとして 袖本開きボタン止めピックステッチとならんで 人気の高いお台場仕立てでは、見返しと裏地との間に 挟んで縫われるパイピング色を無料でご指定いただけるんですよ。。
    標準では、裏地や表地の色に合わせた同系色で付けられるところ、 「黒・紺・グレー・白・赤・茶・エンジ・ベージュ」の各色より。
    お台場仕立てだけでも、ついつい人に見せたくなってしまう 裏仕立てなのに、パイピング色指定でよりデザイン性の高い、カスタムメイドな オーダースーツをお楽しみいただけます。。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

内ポケットの玉縁を別布で

内ポケットの玉縁を別布で

内ポケットの玉縁を別布で

    ジャケットの内ポケット、ペンポケットタバコポケットのポケット口(玉縁)に 通常使われる胴裏と同じ裏地を、白黒のハウンドトゥースなど別布で仕立てることができます。 比較的手に入りやすく、半端切れなどとして在庫のあるものでしたら、別途生地代も無料対応。
    ジャケットの腰ポケット口や、スラックスピスポケット(後ろポケット)にも同様の 加工をすることができますので、取り付ける生地色を表生地の色と色合わせなど工夫をしていただき、 ぜひお楽しみいただければと思います。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可
    無料~¥2000(別途要生地代の場合あり)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

お台場仕立て・見返しピンステッチ(色糸指定)

お台場仕立て・見返しピンステッチ(色糸指定)

お台場仕立て・見返しピンステッチ(色糸指定)

    お台場仕立てはオーダースーツでお選びいただくことができるオーダーオプションの中で、 「袖本開き」「ピックステッチ」などと並ぶ人気の高いデザインのひとつ。 この「お台場仕立て」には、カスタムラインの場合、お台場の形に沿ったピンステッチが 入れられるのが標準となりますが、この色糸指定が可。(標準では生地色と同系色)
    また、Ex-madeラインでは、この部分に縁取りとなるパイピングを付けさせていただいており、 黒・紺・グレー・白・赤・茶・エンジ・ベージュの各8色の中からお選びいただけます。。

対応縫製ライン
    カスタムライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

盛夏におススメな広見返し+背裏なし

盛夏におススメな広見返し+背裏なし

盛夏におススメな広見返し+背裏なし

    ジャケットにいくつかある裏仕立てのなかで、裏地をほとんど使わない 仕立て方が、ジャケット内側に表生地と同じもの広い面積で使う「広見返し」と、 「背裏なし」の組み合わせ。
    胴裏地を前身・後ろ身の背~裾まで全面に付けるのが「総裏仕立て」、 背部分を下3分の2程度少なく仕立てるのがオールシーズン向きな 「背抜き仕立て」、「背裏なし」は「背抜き仕立て」で残されていた 上3分の1程度の背部分の裏地も付けない軽く、風通りの良い仕立て方になります。

対応縫製ライン
    カスタムライン
    ビスポーク


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

    そのデザインのオーダーらしいところからも春夏シーズンのみでなく 秋冬シーズンにも人気の「広見返し」。
    特にコットンジャケットリネンジャケットなどの天然素材では ジャケットの裏仕立て・見返し部分を大きく作ることで、 優れた通気性や吸湿性をより効果的に引き出せます。
    この「広見返し」の裏仕立てでは、内ポケットの玉縁、フタ、 背裏、ベントその他端処理の一部を、裏地と同じ生地を使って 仕上げられますが、パイピング(オプション対応)をご利用 いただくことで、これら部分のほか、背中心、裾、脇の縫込み 部分にも玉縁処理されることになるため、その高いファッション性は 見た目にも楽しませてそうです。。
    ※「広見返し」ではその仕立て方から、タバコポケットペンポケットを 付けることができません。

対応縫製ライン
    カスタムライン、ビスポークで


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返し・背裏なし

広見返し・背裏なし

広見返し・背裏なし

    春夏向きなジャケットの裏仕立ての作り方に「広見返し」や「大見返し」と呼ばれる作り方があります。
    これは、ジャケットの胴裏に使われる裏地部分まで、表生地と同じ素材で作ってしまう作り方のため、 リネンコットンなど、通気性、吸湿性に優れた天然素材での「広見返し」は、春夏シーズンを快適に 過ごせるデザインとして効果的。
    標準的な「広見返し」は、背部分を「背抜き仕立て」、前身を前述の作り方で作られますが、 背部分を「背裏なし」と指定したり、「袖裏なし」とすることで、 裏地をできる限り排し、コットンやリネンなどをより肌身で感じられる春夏仕様へのご対応も可です^^
    春夏シーズンには、アンコン仕立てのナポリクラシコと組み合わせる方がとても多いです。。

対応縫製ライン
    カスタムライン、ビスポークで 各+¥3000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

軽く羽織りたいジャケットにカバーオール仕立て

軽く羽織りたいジャケットにカバーオール仕立て

軽く羽織りたいジャケットにカバーオール仕立て


対応縫製ライン

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

夏用ビジネススーツにメッシュ裏地、袖裏共取り、メッシュ脇当て

夏用ビジネススーツにメッシュ裏地、袖裏共取り、メッシュ脇当て

夏用ビジネススーツにメッシュ裏地、袖裏共取り、メッシュ脇当て

    夏用ビジネススーツを最高に涼しくお仕立ていただくための3点セット。。
    まず、目付けが軽めで透け感のある生地をお選びいただくということも 第一条件ですが、それに加えてジャケットの胴裏に用いる裏地にメッシュ(網目)裏地を お選びいただき、さらに袖裏地も袖裏と同じメッシュ、脇汗止めとなる脇当ては この場合、胴裏地と同じくメッシュ裏地で作られることになりますので、 通気も良く、汗の乾きも早い快適な夏バージョンスーツのお仕立て上がりです^^

縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    Ex-madeラインでメッシュ裏地¥1050
    袖裏地共取りご指定でも同価格


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しでする裏地色指定

広見返しでする裏地色指定

広見返しでする裏地色指定

    春夏らしいカノニコモヘアクアトロ、ライトブルー地ピンチェックを広見返しで仕立てた 涼しげなジャケットです。広見返しは裏地がほとんど付けられない裏仕立てなのですが、 一部に胴裏地が付けられる部分があり、無料裏地とさせていただいているポリエステル裏地や 極薄裏地のほか、光沢感の強いキュプラ裏地をご指定いただくことで、個性的な裏仕立てを お楽しみいただけます。
    広見返しの際には、内ポケットフタ、玉ぶち、ベント、広見返しの端処理として、 裏地が使われますので、ポリエステル裏地の色指定なら無料、袖裏共取りも無料対応、 キュプラ裏地の場合には、使用していただく裏地量にかかわらず、ご指定いただいた キュプラ裏地の通常のオプション料が必要になります。。(有料裏地で袖裏共取りとさせて いただく場合には、オプション対応となります。)
    ※ご指定いただかない場合には、同系色の裏地が付けられます。
    無料裏地でもカラーマッチをお楽しみいただけるのがオーダースーツならでは。。 ボタンのバイカラーと、袖の穴かがり色とを同系で合わせているのも好印象ですね^^

対応縫製ライン



オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

赤キュプラ裏地を見返しに差し込みパイピング

赤キュプラ裏地を挟み込みパイピング

赤キュプラ裏地を見返しに差し込みパイピング

    ツイードジャケットやフランネルジャケットをお仕立ていただく際、ご依頼をいただくことが 多くなった挟み込みパイピング。見返しと言われるジャケットと同じグレー生地で作られている ジャケット裏仕立てと、胴裏地の間に見える部分では5ミリ程度の巾のパイピングを挟み込みます。 お選びいただくことができるパイピングは3種類。パイピングはバイアス(斜め45度)に布地を カットして作られるため、縞柄は斜めに出ます。
    あざやかな光沢感をもつキュプラ裏地と、見返し、挟み込みパイピングの3色の 色具合をお楽しみいただけます。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン
    +¥1575の有料オプション


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの前裏に挟み込みパイピング

前裏挟み込みパイピング

ジャケットの前裏に挟み込みパイピング

    ジャケットの見返しと胴裏地の境に挟み込みで入れることができるパイピングは、 本来、裁断された生地のほつれ止めのための後始末として用いられるものですが、 装飾目的から、【赤】【ダークオレンジ】【チャコールグレー】のキュプラ裏地3色の 中から色指定をしていただくことができます。
    お台場仕立て広見返しでパイピング指定をしていただきますと、ご希望の胴裏地で パイピング処理された裏仕立てをお楽しみいただくことができるのですが、背抜き仕立て総裏仕立てなどのオーソドックスな裏仕立てに@¥1575で組み合わせることができるのが 魅力です^^

対応縫製ライン
    Ex-madeライン専用
    赤・ダークオレンジ・チャコールグレーの3色から


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

パイピングで選ぶ縫製ライン

パイピング

パイピングで選ぶ縫製ライン

    パイピングはジャケット(パイピングジャケット)の衿端などに縁飾りとして装飾的に付けられることが ありますが、主な目的は使うにしたがってほつれてくる布端のほつれ止め。
    ジャケットでも簡易的にはカッターシャツやカットソーなどと同様、ロックミシンなどを 用いた「縁かがり縫い」をほどこし、布端をかがっておけば問題はないのですが、 オーダーらしく、または胴裏地などと同じキュプラ裏地等の布地を縁飾りとすることで、 「縁かがり縫い」と同様の効果を得ることができるパイピングは、見た目によりきれいな上、 ファッション度も高いです。

対応縫製ライン
    メンズEx、レディース、ビスポークは標準仕様
    カスタムラインは+¥1050


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しとパイピング

広見返しのパイピング

広見返しとパイピング

    広見返しはジャケットの裏仕立ての中で夏仕立てといわれるもの。
    ジャケットの内側を見ていただくと、スーツの表生地と同じ生地が折り返して付けられているのが 「見返し」というもので、この「見返し」から続く胴裏地も表生地と同じもので作ってしまいます。 通常胴裏で隠れてしまっている部分がむき出しになるので、機能的なほつれ止めと装飾目的で付けられる パイピングは効果的な見え方でファッション的に楽しませてくれます。
    コットンスーツリネンスーツでこの広見返しをすると、軽く通気が良い上に吸湿性の高いコットン、 リネンの天然素材がジャケット内をより涼しく保ってくれます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

お台場仕立て(角台場仕立て)

IMG_7966.JPG

お台場仕立て(角台場仕立て)

    本格的なオーダースーツならではのデザインとして、袖本開きピックステッチなどと並んで 人気の高いのがお台場仕立て。お台場仕立てにはいくつか種類があり、タイトルの「角台場仕立て」のほか、 「本台場仕立て」「剣先台場(切り台場)仕立て」など。もともとは、その昔、胴裏地があまり丈夫でなかった 時代にスーツ生地で擦れやすいポケット口回りを補強したのが初めですが、胴裏地も進化しその必要もなくなった 現在では、ひと手間かかった仕立て仕様としてオーダースーツの代名詞のようにもなっています。。
    この「角台場仕立て」は、「本台場仕立て」に対してのいわゆる簡易仕立てで、よく見ないとわからないのですが、 ポケット口を囲う突き出た部分が切れており、一枚でつながっている「本台場仕立て」に比べて必要生地要尺が 少なくて済むため、オプション価格もリーズナブルなもの。。
    機能的というよりもそのファッション度の高さから人気のお台場仕立てなので、見た目があまり変わらない のなら、「角台場仕立て」としてしまうのも方法です。。

対応縫製ライン

    カスタムライン専用
    ¥1575の有料オプション

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

夏ジャケットにおススメな汗脇パッド

脇汗パッド

夏ジャケットにおススメな汗脇パッド

    ジャケットアームホール下の部分に付けられる、汗脇パッドとか汗脇止め、脇当てパッドと言われるものは 胴裏地と同じ布地で付けられるもの。脇部分に1クッションおくことで、脇下の汗が密着し、蒸れるのを防ぎます。 素材はより吸湿性の高いキュプラ裏地などならより効果的。外から見える部分ではありませんが、脇下のフィット感 も増し、汗が蒸れて発する嫌なにおいの心配もしなくて良いので、夏には人気の高いオプションです。 なかなかに自分のにおいには気がつかないもの、店長も近頃心配なオヤジ臭さ軽減、せっかくの香水を効果的に 長続きさせるためのデオドラントなオーダースーツ的オプションです。。

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可 +¥1575

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しとパイピングのジャケット裏仕立て

広見返し

広見返しとパイピングのジャケット裏仕立て

    ジャケットの裏仕立てもいくつか種類のある中で、「広見返し」はジャケットの表生地と同じ生地で作る 見返し部分が広いもの。裏地を大きく省くことになる軽量な仕立てになるため、主には夏の裏仕立てとして 使われることが多いです。。この「広見返し」を裏仕立てとする時には、目立った色のパイピングがあると、 裏地の占める面積が少ないだけにインパクトがあっておススメ。原則は、ジャケットの胴裏に選んだものと 同じものが使われます。
    ※広見返しは、特徴のあるデザインのため、タバコポケットが付けられないなど、一部に制限のあるデザインがあります。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    有料オプション+¥3150一律
    パイピングはカスタムラインで+¥1050
    ほかは標準仕様

オーダージャケット

ナポリクラシコスーツ専用|裏仕立てカバーオール

IMG_4174.JPG

ナポリクラシコスーツ専用|裏仕立てカバーオール

    付属・芯地を極力省いたナポリクラシコスーツを更に軽く仕上げるには、裏仕立てにカバーオールをお選びいただくのがおススメ。へり取りのパイピングをしただけの最小限の裏地。このカバーオール仕立ての場合には、付属・芯地が更に少ないため、内ポケットは付けられず、表のポケットも切りポケット(フタ付きポケットなど)も対応不可、胸ポケットも含めてアウトポケットのみと、独特な形なだけに、若干、仕様に制限があります。

対応縫製ライン

    ■カスタムメイドライン専用
    +¥2100の有料オプション

切り台場・剣先台場仕立て

切り台場・剣先台場

切り台場・剣先台場仕立て

    内ポケットまわりを補強する意味合いでスーツ表地と同じ生地で作るお台場仕立ては、海に埠頭が突き出したような形をしていることから この名前がありますが、その種類には、本台場仕立て(R台場仕立て)、角台場仕立てに加えて画像のような切り台場・剣先台場という ものがあります。これは、内ポケットまわりに厚み1cm~1.5cm程度のお台場とするもので、ちょっと見た目すっきりしていて店長は好きです。 若干縫製ラインによって形状に差がありますが、今のところメンズスーツのみ対応で、レディーススーツには対応不可です。どうしても、、という 方はご相談下さいませ。。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    @¥3150
    ※レディースラインでは未対応

もみ玉名刺入れポケット

もみ玉名刺入れポケット

もみ玉名刺入れポケット

    ジャケットに名刺やチケットをしのばせておくのにとても便利な名刺入れポケットの形には標準的な「裏地はさみ込み」の形に加え、 更に手をかけた「もみ玉仕様」のポケットでお仕立てさせていただくことができます。
    サンプル画像上の右上に位置する切れ込みがその「もみ玉ポケット」で、両玉部分を裏地で作りますので、柄裏なら柄裏、 無地なら無地の切り口になります。また、裏仕立てに本台場仕立てをお選びいただいた場合、名刺入れはこの「もみ玉仕様」になります。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    もみ玉仕様 +¥2100
    裏地はさみ込み +¥1050

キュプラ柄裏地

キュプラ柄裏地

キュプラ柄裏地


対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可

  • メンズカスタム ¥2100
    Ex-made・E-Make ¥2575
    ビスポークではEx-made・E-Makeと同一素材をご用意できます。

半裏仕立て

半裏仕立て

半裏仕立て

    ジャケットの裏仕立てにはいくつかの種類があり、胴、背部分の全てに裏地がつくものを 総裏仕立て、胴部分は付くが背部分の背裾から3分の2をつけないものを背抜き仕立て(標準)、 この背抜き仕立てから胴裏部分を斜めにえぐるように裏地を少なくしたのが、この半裏仕立て になります。
    オーダースーツならではの高級仕立てとして人気も高い、「お台場仕立て」は、このそれぞれの 総裏仕立て、背抜き仕立て、半裏仕立てに対して対応可。 裏地を少なくすればそれだけ通気も良く、軽く涼しくなります。更にくわえて、裏地の素材 そのものをメッシュ裏地などにすると更に夏の快適さは倍増です。
    また、視覚的にも胴裏地がけずれてないと、ジャケット腰ポケットの袋布が見え隠れして ちょっとかっこいいです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ¥2100~¥3150の有料オプション

メッシュ裏地

メッシュ裏地

メッシュ裏地

    暑くなるシーズンには、裏仕立てのセレクトはとっても大事。。 メンズEx-madeレディーススーツビスポークラインでお選びいただくことができる、 メッシュ裏地はすぐれた通水性・通気性でご着用中の汗の乾きもスピーディー!! 汗による不快感もなくて着心地がとても爽やかです。 メッシュ裏地というとかなり見た目的にも夏向きのスーツということになるのだと 思いますが、シーズンをわけてスーツをご着用になるのも、スーツが長持ちしますし、 なによりご着用中が快適です。。 更に袖裏地もこのメッシュでお仕立ていただくと更に涼しくておススメですよ。。
    ■メンズEx-made・レディースE-Make→¥1050
    ■ビスポーク→¥3150
メッシュ裏地サンプル

総裏仕立て

総裏仕立て

総裏仕立て

    ジャケットの裏仕立ての作り方には、主なものに総裏仕立て背抜き仕立て半裏仕立てなどがあります。
    画像は総裏仕立てで前身、背部分に裏地が全て付くもので、 背抜きは背部分の下3分の2を付けないもの、半裏は 更に前身部分の裏地をけずっています。 背抜きがオールシーズン、夏仕立てとして半裏、総裏仕立ては冬仕立て となります。
    総裏仕立てはやはり着用時暖かく、サベリのつるつるした 素材でジャケット内の回転も良いので着心地もいいです。

対応縫製ライン

  • ビスポーク・Ex-made無料
  • カスタムライン-+¥1575

携帯電話ポケット

携帯電話ポケット

携帯電話ポケット

    お仕事には欠かすことができなくなってしまった携帯電話 ですが、携帯の仕方はさまざま。 胸ポケットに入れるとふくらんでみっともないですし、腰ポケットでは 少しがさつきます、 内ポケットに入れておくと案外、見た目もわかりづらいですが、 他の収納物とごちゃごちゃしてしまったり、、 そんな時に便利なのが、通常ペンさしをつける位置に口巾を 広くして携帯電話サイズにした携帯電話ポケット。 カスタムライン仕様では、ペンさしの横に携帯電話専用 ポケットをもう1室作ります。
    ※画像はカスタムライン仕様携帯電話ポケット

対応縫製ライン

  • ビスポーク-指定で無料
  • ※ペンPの口巾を広くした形状
  • カスタム-+¥840
  • ※ペンPと携帯用ポケットの2室
    お台場仕立てなど裏仕立ての仕様によって、
    構造上口巾を広くしたポケットで対応
  • Ex-made-+¥840
  • ※ペンPの口巾を広くした形状
    【ペンポケット・携帯電話ポケット】

袖裏共取り

袖裏共取り

袖裏共取り

    袖の裏地は標準では縞柄のものがつくことが多いですが、 これを胴裏と同じ素材でお仕立てすることができます。 袖口の作り方を本開きにしているときなどには、袖裏地が 見えるときがありますので、胴裏地にキュプラ裏地を選び、 袖裏共取りとするとちょっと目立ちますし、独特のシルクにも似た スベリの良さで着心地もあがります。
    また、夏の暑いときなどには胴裏地に夏用の極薄素材+袖裏共取りで 更に涼しく快適です。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • 標準裏地+袖裏共取りは無料オプション
  • キュプラ裏地+袖裏共取りは+¥1050~¥2100

タバコポケット

タバコポケット

タバコポケット

    ジャケット内側の左下につけられる口巾8cmのポケット。 ぴったりタバコのサイズにできているので、ここにタバコを おさめるとタバコを入れていてもジャケットのシルエットを損なわずにキレイなまま。 タバコを入れたシャツの胸ポケットがふくらんでボテボテしないし、 今時ひと目で喫煙者とわからずにスマートです。
    半裏仕立てナポリクラシコ専用のカバーオール仕立てなどの場合には その構造上タバコポケットをお付けできない場合があります。

各縫製ラインでの注意点

  • どの縫製仕様でも無料オプション。
  • 口巾・深さ指定は+¥1050
  • カスタムラインのみタバコポケット付きが標準仕様となるため、 タバコポケットなし指定の場合には+1週間納期となります。

More...

インデックス > スーツデザイン > | ジャケットデザイン > ジャケット・裏仕立て Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.