インデックス > オーダースーツマニュアル > オーダージャケット Archive

オーダージャケット Archive

夏シーズンジャケットの胸開きを広めに取る

夏シーズンジャケットの胸開きを広めに取る

夏シーズンジャケットの胸開きを広めに取る

    ジャケットの印象を大きく変えるフロントデザイン。
    これから暑くなる季節には、3ボタンのジャケットは少し窮屈な感じがする、またいつも2ボタンのジャケットなので思いきれないとお考えの方にお試しいただきたいのが、フロントボタン数は3個なのに、止めるボタンは真ん中の1個だけなので、胸開き(Vゾーン)が広く取れ、風通しも良さそうなシングル3ボタン段返り。。
    いちばん上のボタンの中央を衿の返り線が通ることで、ボタン穴が半分だけ前から見えるこの独特なデザインは、見ためにも、ボタン位置が低めなための軽いご着用感も満足させてくれる、すべての縫製ラインでご対応させていただくことができるフロントデザインです。。
    春夏~秋口までとご着用時期が長めな当店一番人気のカノニコサマーツイードや、コットンリネンでお仕立ていただくジャケット、スーツにもご好評をいただいております^^

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

裏仕立て・広見返し時の背抜き仕立て(観音仕立て)

裏仕立て・広見返し時の背抜き仕立て(観音仕立て)

裏仕立て・広見返し時の背抜き仕立て(観音仕立て)

    春夏シーズンにお仕立ていただくコットンジャケットリネンジャケットには特に人気の高い「広見返し」。
    コットンやリネンなど天然素材をジャケットの見返し部分で肌で感じることができるこの「広見返し」をナポリクラシコ(アンコン仕立て)でお仕立ていただいた際の「裏仕立て」には、背抜き仕立ての背裏部分に、軽く動きやすい「観音仕立て」が標準セットされているんですよ。。

    この「観音仕立て」はジャケットの肩回りのみに裏地を付ける「背抜き仕立て」の一種で、一般的な仕立てかたに比べ手のかかるオーダー仕様となるために高級仕立てのひとつとされています。。
    オーダーらしさもご満足いただける「広見返し」を、この春夏シーズンのスーツ・ジャケットにぜひお試し下さいませ。。

対応縫製ライン

    カスタムライン
    広見返し
    背抜き仕立てご選択時


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

春夏のネイビーブレザーを仕立てる

IMG_6872.JPG

春夏のネイビーブレザーを仕立てる


対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

カラードパンツに合わせたいパターンドコットン

カモフラージュ柄・パターンドコットン

カラードパンツに合わせたいパターンドコットン

    少しずつ暖かくなる春に向けてのご用意におススメなのが、 コットンリネンなどのカラードパンツとの組み合わせを是非お試しいただきたい、 パターンドコットン各種。
    ジャケットだけ見ていると、上級者向きなアイテムも、 春夏向きに発色の良い明るめなパンツとのコーディネートは、 驚くほど好相性。。
    衿先を丸くしたクローパーラペルや、夏ジャケットに合わせられることが多い白蝶貝ボタン、 ステッチや裏地色など、思い切りオーダーらしさをお楽しみいただけます。。

    ジャケット+ベストに異素材パンツの組み合わせも、この春夏シーズンに、 是非お試しいただきたいオーダーアイテムです。。

    オーダースーツ Pitty Savile Row
    http://www.order-suits.com/
ダンガリー・チェック柄パターンドコットン

ライトネイビーのスーツに茶系のナットボタン



ライトネイビーのスーツに茶系のナットボタン

ライトネイビーのスーツに茶系のナットボタン

    スーツジャケットに合わせる裏地は、ネイビーならネイビー系、グレーならグレイ系や、 ストライプやチェック柄の色具合の1色を拾って合わせることが多いのですが、店長も好きでよく合わせる茶系のボタンは、 何色にもよく合ってしまう便利な色だと思いますよ。
    また、ナット釦や本水牛ボタンなどの天然ボタンは、茶系の色具合をしているため、 ネイビーやグレイ系のビジネススーツとも相性が良く、ご愛用スーツを手軽に1ラックアップさせるのにも効果的。。

    高い関心をお寄せいただくことが多くなっております明るめなネイビー系のスーツにも、
    茶系のボタンはとても良く映えます。。




対応縫製ライン

    全ての縫製ラインでご対応可




オーダースーツ Pitty Savile Row

http://www.order-suits.com/

ダブルステッチ

カラー・ラペルのダブルステッチ

ダブルステッチ

    ハリスツイードジャケットなどのツイードジャケットミシンステッチとは とても相性の良い組み合わせ。。さらに衿やフロントライン、腰ポケットに入れられる ステッチをより効果的に目立たせたいときには、ステッチを2本線で入れるダブルステッチはいかがでしょうか。。
    このダブルステッチは、端~2ミリと8ミリ、または10ミリの位置に、2本のシングルステッチを少し 離れた間隔で入れられるなかなか目立つミシンステッチです。。
    #ダブルステッチと良く似たレールステッチは、端~9ミリとさらに内側に3ミリ入った位置に入れられるミシンステッチになります。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
腰ポケットのダブルステッチ

茶系ボタンを選んでみる

茶系ボタンを選んでみる

茶系ボタンを選んでみる

    ネイビーやグレーでお仕立ていただくことが多いビジネススーツに使われる ボタンや裏地などの付属類には、ネイビーならネイビー系統、グレーなら同じくグレー系統の ものが標準で使用されることになるのですが、是非お試しいただきたいのが茶系のボタン、裏地。 これがなかなか良く合います。
    たとえば、ただいまの春夏シーズンにとても涼しげなブルー×ホワイトのコットンコードレーンには、 明るめなマーブル調の茶系ボタン、ネイビー、グレーのダークスーツなら、濃いめのこげ茶ボタンや裏地を 選ぶなど。これだけでぐっとファッションセンスの良さが1ランクアップしてしまいそうです。。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

本バルカポケットとチェンジポケット

本バルカポケットとチェンジポケット

本バルカポケットとチェンジポケット


対応縫製ライン
    全ての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ナポリクラシコの肩先ステッチ

ナポリクラシコの肩先ステッチ

ナポリクラシコの肩先ステッチ

    軽い仕立て上がりのために春夏シーズンには特に人気の高いアンコン仕立て・ナポリクラシコ。 このナポリクラシコには、装飾を兼ねたステッチが押さえミシンとして肩先に入れられるため、 ステッチの色糸指定をしていただく際には、この肩先ステッチも色糸指定の対象に。。
    通常、上衿・下衿・フロントカット・胸ポケット・腰ポケットに 入れられるフロントステッチに追加されるステッチとお考えいただければと思います。。
    コットンスーツリネンスーツとステッチとはとても相性の良いデザインオプション。 是非、お仕立ていただくジャケット、スーツのご検討材料としていただければと思います^^

対応縫製ライン
    カスタムライン・色糸指定
    +¥1000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

チンストラップ

チンストラップ

チンストラップ

    未使用のときには、衿タブ位置にボタン止めでぶら下げておき、 使用時には、反対側の衿裏にも付けられたボタンでも止めることで、 風よけ、防寒用として暖かく、しかもカントリーツイードのジャケット のデザインも楽しませてくれるチンストラップ。
    エクセーヌでお好みの色で作ったり、ジャケット地と同じ生地でも 作れます。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可
    +¥3000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

お台場仕立て・縁取りパイピング色指定

お台場仕立て・縁取りパイピング色指定

お台場仕立て・縁取りパイピング色指定

    オーダースーツならではの手をかけたデザインとして 袖本開きボタン止めピックステッチとならんで 人気の高いお台場仕立てでは、見返しと裏地との間に 挟んで縫われるパイピング色を無料でご指定いただけるんですよ。。
    標準では、裏地や表地の色に合わせた同系色で付けられるところ、 「黒・紺・グレー・白・赤・茶・エンジ・ベージュ」の各色より。
    お台場仕立てだけでも、ついつい人に見せたくなってしまう 裏仕立てなのに、パイピング色指定でよりデザイン性の高い、カスタムメイドな オーダースーツをお楽しみいただけます。。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

チェンジポケットの玉縁を別布で

チェンジポケットの玉縁を別布で

チェンジポケットの玉縁を別布で

    秋冬シーズンに人気の高いハリスツイードジャケットや、 フラノジャケットでぜひお試しいただきたい、腰ポケットの 玉縁を別布で作るオーダーデザイン。
    はっきりとわかる色違いの別布を選んだり、同系色の近い色 で大人しめのデザインとしたりなどオーダースーツならでは。。 ジャケットに効果的なアクセントをお加えいただけます。。
    この別布で作る玉縁は、スラックス後ろポケットや、 ジャケット内ポケットベストの胸・腰ポケットなど、 すべての玉縁ポケットにご対応可です。。

対応縫製ライン
    縫製ラインにより、
    別布代+無料~¥2000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

内ポケットの玉縁を別布で

内ポケットの玉縁を別布で

内ポケットの玉縁を別布で

    ジャケットの内ポケット、ペンポケットタバコポケットのポケット口(玉縁)に 通常使われる胴裏と同じ裏地を、白黒のハウンドトゥースなど別布で仕立てることができます。 比較的手に入りやすく、半端切れなどとして在庫のあるものでしたら、別途生地代も無料対応。
    ジャケットの腰ポケット口や、スラックスピスポケット(後ろポケット)にも同様の 加工をすることができますので、取り付ける生地色を表生地の色と色合わせなど工夫をしていただき、 ぜひお楽しみいただければと思います。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可
    無料~¥2000(別途要生地代の場合あり)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

水玉ドット、カラーストライプ、タータンチェック柄裏地

水玉ドット、カラーストライプ、タータンチェック柄裏地

水玉ドット、カラーストライプ、タータンチェック柄裏地

    スーツやジャケットの裏地に少し遊び心が欲しいときにおススメなのが、 水玉模様のドット柄や太めなストライプ、はっきりとした色使いのタータンチェック柄各種 でお仕立ていただくオーダースーツやジャケット。。
    これら裏地は、ジャケットの背抜き仕立て総裏仕立てなどの胴裏地や、ベストの裏地、 内ポケットの玉縁、 パイピングなどスーツのいろいろな所で使われるのでなかなか楽しめます。。

対応縫製ライン

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

広見返しのパイピング標準

    そのデザインのオーダーらしいところからも春夏シーズンのみでなく 秋冬シーズンにも人気の「広見返し」。
    特にコットンジャケットリネンジャケットなどの天然素材では ジャケットの裏仕立て・見返し部分を大きく作ることで、 優れた通気性や吸湿性をより効果的に引き出せます。
    この「広見返し」の裏仕立てでは、内ポケットの玉縁、フタ、 背裏、ベントその他端処理の一部を、裏地と同じ生地を使って 仕上げられますが、パイピング(オプション対応)をご利用 いただくことで、これら部分のほか、背中心、裾、脇の縫込み 部分にも玉縁処理されることになるため、その高いファッション性は 見た目にも楽しませてそうです。。
    ※「広見返し」ではその仕立て方から、タバコポケットペンポケットを 付けることができません。

対応縫製ライン
    カスタムライン、ビスポークで


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返し・背裏なし

広見返し・背裏なし

広見返し・背裏なし

    春夏向きなジャケットの裏仕立ての作り方に「広見返し」や「大見返し」と呼ばれる作り方があります。
    これは、ジャケットの胴裏に使われる裏地部分まで、表生地と同じ素材で作ってしまう作り方のため、 リネンコットンなど、通気性、吸湿性に優れた天然素材での「広見返し」は、春夏シーズンを快適に 過ごせるデザインとして効果的。
    標準的な「広見返し」は、背部分を「背抜き仕立て」、前身を前述の作り方で作られますが、 背部分を「背裏なし」と指定したり、「袖裏なし」とすることで、 裏地をできる限り排し、コットンやリネンなどをより肌身で感じられる春夏仕様へのご対応も可です^^
    春夏シーズンには、アンコン仕立てのナポリクラシコと組み合わせる方がとても多いです。。

対応縫製ライン
    カスタムライン、ビスポークで 各+¥3000


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

明るめライトグレーフランネルのジャケット

明るめライトグレーフランネルのジャケット

明るめライトグレーフランネルのジャケット


対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ライトグレーフランネルのナポリクラシコ

ライトグレーフランネルのナポリクラシコ

ライトグレーフランネルのナポリクラシコ


対応縫製ライン
    カスタムライン専用
    無料オプション~¥1500(+税)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

グレー斜めストライプのカラークロス

グレー斜めストライプのカラークロス

グレー斜めストライプのカラークロス

    ハリスツイードなどツイード素材で仕立てるジャケットや、 フランネルなど秋冬向けカジュアルジャケットには、 付いているとなんとなくうれしい、ベロアやチェック、ストライプ柄 のカラークロス。
    このカラークロスは衿のすわりを良くするために 付けられる付属で、見えない部分なので、普通は黒系、茶系、グレー系、 紺系など表生地に対してのカラーマッチで知らないうちについている ものなのですが、万一フーテンの寅さんのように、衿を立ててダブルジャケットを 着るような機会に恵まれるようなことがあれば、素材感、色柄とも 満足させてくれる特別素材のカラークロスはとても効果的。。
    ジャケットの衿はシングルピーク

対応縫製ライン
    カスタムラインでの種類が豊富
    +¥1000(+税)


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シルバー・メタル釦のフラノジャケット

シルバー・メタル釦のフラノジャケット

シルバー・メタル釦のフラノジャケット

    ライトグレーのフラノジャケットにシルバーのメタル釦を選ぶと同時に、 フロント釦穴とステッチの色糸をホワイトで。。見えないですが、衿穴も 白色で穴かがりがされています。
    腰ポケットが角フタフラップとなっているのも、オーダースーツならでは のデザインです。シルバーの釦に白色ステッチ・穴かがり、生地はライトグレーフラノと 色味に統一感があり、しかもそれぞれの素材・デザインが適度に効果的な 大人らしいデザインとなっています。

対応縫製ライン

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

腰ポケットハッキング(強)のフタ角度

腰ポケットハッキング(強)のフタ角度

腰ポケットハッキング(強)のフタ角度

    ジャケットの腰ポケットを斜め切りにすることを、「ハッキング」といいますが、 この「ハッキング」の角度には「弱」と「強」の2種類があり、「弱」では、 通常水平となる腰ポケットの口巾の後ろ端を3cm下げるのに対して、「強」では、 その倍の6cm下げます。
    腰ポケットの口巾15~6cmを、6cm下げるとなかなかインパクトのある 変形した腰ポケットフタと、角度になりますよ。。
    フロントステッチ指定では、 このフタ部分には必ずステッチが入れられることになりますので、色糸指定 などしていると、さらに主張の強い個性的なオーダーアイテムが仕立て上がります。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインで対応可

紺ブレにメタル釦でトラッドなテイストを加える

IMG_3816.JPG

紺ブレにメタル釦でトラッドなテイストを加える

    ネイビーのジャケットは一枚あると着こなし、イベント的なご用向きなど とても便利に使いまわせるアイテム。
    また、オーソドックスな色柄なために、ポケットデザインやステッチ色、 ウエストを絞り込んだり、裾まわりをフレアさせたりと、標準的なシルエットを 大きく変化させることでもオーダージャケットとしての楽しみが広がります。
    きっちりとトラッドに着こなしたいときには、ミシンステッチを入れた アウトポケットのジャケットに釦をメタル釦などとすると、グッと清潔感の 漂うプレッピーな紺ブレジャケットが仕上がります。

対応縫製ライン
    各縫製ラインに対応する釦からセレクト
    ご希望色・形・デザインなど取り寄せ可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

広見返しでする裏地色指定

広見返しでする裏地色指定

広見返しでする裏地色指定

    春夏らしいカノニコモヘアクアトロ、ライトブルー地ピンチェックを広見返しで仕立てた 涼しげなジャケットです。広見返しは裏地がほとんど付けられない裏仕立てなのですが、 一部に胴裏地が付けられる部分があり、無料裏地とさせていただいているポリエステル裏地や 極薄裏地のほか、光沢感の強いキュプラ裏地をご指定いただくことで、個性的な裏仕立てを お楽しみいただけます。
    広見返しの際には、内ポケットフタ、玉ぶち、ベント、広見返しの端処理として、 裏地が使われますので、ポリエステル裏地の色指定なら無料、袖裏共取りも無料対応、 キュプラ裏地の場合には、使用していただく裏地量にかかわらず、ご指定いただいた キュプラ裏地の通常のオプション料が必要になります。。(有料裏地で袖裏共取りとさせて いただく場合には、オプション対応となります。)
    ※ご指定いただかない場合には、同系色の裏地が付けられます。
    無料裏地でもカラーマッチをお楽しみいただけるのがオーダースーツならでは。。 ボタンのバイカラーと、袖の穴かがり色とを同系で合わせているのも好印象ですね^^

対応縫製ライン



オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ショート丈タイトスーツのチェンジポケットハッキング

ショート丈タイトスーツチェンジポケットハッキング(強)

ショート丈タイトスーツのチェンジポケットハッキング

    カスタムライン専用ショート丈タイトスーツ、衿巾ナローラペルのジャケットで お仕立ていただく際の腰ポケットの高さは標準が6cmに対して4.5cmと浅めの 設定がされているため、斜め切りとなるハッキングの角度を強くする(強)とすると、 なかなかモードでうれしいポケットフタの形になってくれます。
    この腰ポケットのハッキング(斜め切り)とする場合には、(強)でも(弱)でも無料オプション。 その上に付いているチェンジポケットという口巾の小さなポケットを付けると有料オプション。
    また、このフタの高さや巾は、例えばクラシコスーツブリティッシュスーツでも指定することが でき、腰ポケットとチェンジポケットのフタが重なるようにポケット位置調整などということも できてしまいます。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カノニコ黒無地スーツ・腰ポケットチェンジポケット

シングル3釦段返りと3釦中段返り

シングル3釦段返り

シングル3釦段返りと3釦中段返り

    シングルジャケットのフロント釦デザインのうち、2釦や3釦2掛は わかりやすいのですが、このシングル3釦段返りと、3釦中段返りとは、 3つある釦のうち、真ん中の1個のみで止めるという共通点から、見た目が近く、 お問い合わせをいただくことも多いです。。
    この2つのフロント釦デザインのうち、大きく異なるところが、第一釦の釦穴 の見え方。3釦中段返りはこの釦穴が衿返り線から見えず、3釦段返りは、 シャツ・ネクタイの見えるVゾーンが広めとなるため、釦穴が衿の返り線上に 見えています。
    ブレイクポイントといわれる、衿の下げ止まり位置が4cm程度異なるため このようなデザインの違いがとなっています。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
シングル3釦中段返り

チェンジポケットハッキングと角フタ付き

ハリスツイード・ライトグレーヘリンボーンジャケット・チェンジハッキング

チェンジポケットハッキングと角フタ付き

    人気のブリティッシュスーツと相性が良いことで知られているチェンジポケット。 一般には水平となるこの腰ポケットのデザインを斜めとしたのがチェンジポケットハッキングとなります。
    この腰ポケットを斜めとするハッキングのみなら無料オプション。また、このハッキングには角度を別とする 2種類があり、サンプルはどちらも斜め角度が弱めのハッキング弱と言われるものです。 この斜め切りを強くしたものがハッキング強となります。
    このフタをアイビー調の角フタとさせていただくのも無料オプション。通常の角が小丸となった フタと比べると印象が少し違います。
    ハリスツイードジャケットが標準、フラノジャケットが角フタ仕様。
    ※オーダーフォーム上ではご指定いただくことができないため、備考欄等でご指定下さい。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ライトグレーフラノジャケット・チェンジハッキング角フタ

ジャケットの腰ポケット(ボックスポケット)

ジャケットの腰ポケット(ボックスポケット)

ジャケットの腰ポケット(ボックスポケット)

    ツイードコーデュロイフランネルなどカジュアル素材でお仕立ていただく ジャケットの腰ポケットの種類は多くあり、このボックスポケットもそのひとつ。
    特に秋冬シーズンには人気の、ハリスツイードジャケットドネガルツイードの オプションポケットとしてお選びいただく方が多いです。
    このボックスポケットは、ヒダを内側に折り込んだもので、インボックスと 言われるもの。カスタムラインでお仕立ていただくポケット種類となりますが、 Ex-madeでご案内しているプリーツポケットと同じものになります。
    こういった、ジャケットの腰ポケットをオーダーパンツの脇ポケット、後ろポケット の変形オプションとしてご指定いただくことも可。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ヘリンボーン・ハリスツイードジャケット

ヘリンボーン・ハリスツイードジャケット

ヘリンボーン・ハリスツイードジャケット

    ヘリンボーンは、オーソドックスなビジネススーツ生地にもよく見る織り柄で、ハリスツイードドネガルツイードなどざっくり織られたツイードジャケットの生地表に織りだされる綾織り柄になると、はっきりと目立ちます。 日本ではその織り柄が杉の葉のように見えることから「杉綾」ともいわれ、「ヘリンボーン」の 名前の由来も同様、ニシンの骨のように見えるところから。ヘリンボーンストライプ。
    スーツ生地などに用いられる場合には、ヘリンボーンの巾も細めで大人しく、 きっちりとヘリンボーン柄で構成されたストライプ柄ばかりではなく、 ヘリンボーン柄の上にオーバーストライプやオーバーチェック、織り巾を 変えたブロークンヘリンボーンなど、そのバリエーションの種類は豊富です。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

セミノッチ衿をジャケットデザインに取り入れる

ネイビーチェックスーツ・セミノッチ衿

セミノッチ衿をジャケットデザインに取り入れる

    ビジネススーツ等スーツの衿型標準はノッチ衿と言われるものですが、 ゴージ(衿の上下を分ける縫い目線)から下の下衿が、三角に少し突き出た 衿型をセミノッチといいます。
    オーダースーツらしい衿型で、ジャケットのフロント部分に位置するデザイン のため、ほんの少しの変更ですが、見た目に与える影響はなかなか大きく効果的。 メンズスーツでもレディーススーツでもお選びいただくだけの無料対応とさせて いただいておりますが、Ex-madeラインではタイトスーツのみを除く、クラシコスーツレギュラースーツで対応可。カスタムラインでは、レギュラースーツでのみの 対応とさせていただいております。。
    ※カスタムラインのクラシコは専用ノッチとなりますため、ほんの少し セミノッチに似た傾斜をお楽しみいただけます。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    一部のジャケットシルエットに制限のある場合があります。


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

胸ポケット・隠しフラップ

ジャケット・隠しポケット

胸ポケット・隠しフラップ

    オーダースーツらしいジャケットの胸ポケットのデザインに 「隠しフラップ」というものがあります。 この「隠しフラップ」は、腰ポケットと同じようなフラップ(雨蓋) を切り込みポケット内に格納することができ、フタ格納時には、 ジャケットの胸ポケット標準の箱ポケットのようなステッチが 生地表に見えることで、「胸ポケット・箱」のようにも見え、 「胸ポケット・フタ付き」のようにも見える、おしゃれ度の高いデザイン。 箱ポケのように見せるステッチがポイントのため、 お仕立ていただく生地が、ツイードなど、比較的ステッチが 目立ちにくい素材よりも、フラノサキソニーほか、スーツに用いられる平織り地などのほうが 効果的です。

対応縫製ライン
    Ex-madeライン
    ビスポークライン
    +¥1050の有料オプション

チェンジポケット・ハッキング強

IMG_9231.JPG

チェンジポケット・ハッキング強

    スーツをオーダーする際の、人気デザインがすべて集まってしまったような チェンジポケット・ハッキング強。
    チェンジポケットは、ジャケットの腰ポケットの上にチケットや小銭入れ用として 用意される口巾の小さなポケットのこと。ハッキングはこの腰ポケットを斜め切りと することで、「強」は通常3cm程度後ろ端を下げるところ、倍の6cm下げる 急角度のハッキングポケット。角度を変更することで、変化する雨蓋の形にも注目です。
    ※腰ポケット上のチェンジポケットが有料オプション、通常のポケットをハッキング(斜め切り) とする場合は無料です。

対応縫製ライン
    Pitty Savile Row 特選スーツ
    素材コレクションで無料

    全ての縫製ラインで対応可
    +¥3150の有料オプション


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの衿タブ(スロートタブ)

ジャケットの衿タブ(スロートタブ)

ジャケットの衿タブ(スロートタブ)

    ジャケットの上衿の端に付けられているタブをスロートタブやスロートラッチといいます。
    このタブには釦穴が開いており、以前防寒用に釦止めとしたところからの名残が飾りとして 残っているもので、このタブをとめた時、スロート(喉)に当たることからこの名前が付けられました。 多くのものは、ジャケットと共生地(同じ生地)を、縫い付けたようなデザインとなりますが、 上衿と1枚につながったスロートタブのデザインもあり、また、切り替えて縫い付ける場合でも、 別布を取り付けるという対応も可。
    ハリスツイードなどカントリー調のジャケットにもおススメ。
    タブの形には、先端が尖ったものや丸いもの、半円となるものなどいくつかの種類に対応しています。

対応縫製ライン
    若干形の対応に差がありますが、
    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ナット釦バイカラー、革釦8種、本水牛釦6種追加しました。

ナット釦バイカラー、革釦、本水牛釦

ナット釦バイカラー、革釦8種、本水牛釦6種追加しました。

    カスタムラインでご利用いただくことができる釦を数種類追加させていただきました。
    ナット釦バイカラーは、上から見たところが黒、下半分が【オレンジ】【赤】【ブルー】の 2層となった各3種類のおしゃれ度の高い釦。ナット(木の実)の質感が、ビジネススーツ標準の 練り釦と少し違う高級感を楽しませてくれます。
    また、ハリスツイードをはじめとした秋冬シーズンのジャケットや、もちろんコットン、リネンなど 春夏用ジャケットにもおススメな革釦を8種。バスケット調革釦を黒・こげ茶・中茶・薄茶の4種類と、 フラットなものを同じく4色。追加された本水牛釦は、横から見ると半円の形をしたもの3種を含む計6種が ¥2625でお選びいただけます。。

対応縫製ライン
    カスタムライン用釦
    ナット釦バイカラー @¥1575
    革釦各種      @¥2100
    本水牛釦追加分   @¥2625


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ショート丈シングル1釦でフロントすっきりなジャケット

ショート丈シングル1釦スーツ

ショート丈シングル1釦でフロントすっきりなジャケット

    シングルの1釦スーツというとまず思い浮かんでしまうのが、ボックスシルエット が特徴的なコンポラスーツですが、タイトスーツという細身なシルエットから、 シングル2釦、1釦のみしか許されないショート丈ジャケットにも、1釦は相性が良い フロントデザインです。
    特に、短い着丈の限られたスペースにフロント釦1個はすっきりしてとても印象が良くておススメ。。 最もオーソドックスなビジネススーツ2釦シングルに見た目が近く、少し違う・・というところが、 オーダースーツならではの懐の深いところです^^
    明るめの紺はこの春夏シーズン人気の色柄。

対応縫製ライン
    全ての縫製ラインで対応可
    ジャケットシルエットによって、おススメしていないものは デザインフォームからお選びいただくことができませんが、 備考欄などからのご指定で対応可。

パイピングで選ぶ縫製ライン

パイピング

パイピングで選ぶ縫製ライン

    パイピングはジャケット(パイピングジャケット)の衿端などに縁飾りとして装飾的に付けられることが ありますが、主な目的は使うにしたがってほつれてくる布端のほつれ止め。
    ジャケットでも簡易的にはカッターシャツやカットソーなどと同様、ロックミシンなどを 用いた「縁かがり縫い」をほどこし、布端をかがっておけば問題はないのですが、 オーダーらしく、または胴裏地などと同じキュプラ裏地等の布地を縁飾りとすることで、 「縁かがり縫い」と同様の効果を得ることができるパイピングは、見た目によりきれいな上、 ファッション度も高いです。

対応縫製ライン
    メンズEx、レディース、ビスポークは標準仕様
    カスタムラインは+¥1050


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードジャケットに革釦2種類

IMG_8254.jpg

ツイードジャケットに革釦2種類

    秋冬にはハリスツイードドネガルツイードのジャケット、春夏シーズンには コットンスーツとの相性が特別良さそうな革釦。
    この革釦には、プレーンな革をかぶせたようなものと、バスケット釦といって、革を籠の目状に編んだような 見た目の種類の2種類があります。
    ツイードのようなレトロでカントリー調の素材には暖かみを増してくれますし、 コットンならベージュなど生成りで茶系のオーソドックスな色合いのものが しっくりきます。

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可
    +¥3150


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

袖釦の切羽(せっぱ)なし

IMG_7974.jpg

袖釦の切羽(せっぱ)なし

    袖を本開きにして釦止めとしたときと同じように見える袖飾りが袖切羽。実際には釦止めとはしない袖先の 作り方をした時に、飾り縫いをするもので、この袖切羽にはミシンで入れる「機械切羽」と手縫いで入れる 「手縫い切羽」とがあります。どちらも実際には釦止めの穴かがりとならない飾りなので、「機械切羽」 標準仕様となっています。
    この袖釦の切羽なしは、飾り縫いの切羽を付けない無料オプション。釦の端が少しずつ重なっていますので、 袖キス釦・切羽なしというご指定で対応させていただいております。。
    袖先のオーダーできるアクセントのひとつとしてご利用下さい。。

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

7ミリステッチでアウトフタ付きポケットもかっちりめなハリスツイードジャケット

IMG_8114.jpg

7ミリステッチのハリスツイードジャケット

    ハリスツイードドネガル(ドニゴール)ツイードのような、織りが粗くざっくり感のある生地の場合には、 5ミリステッチや7ミリステッチなど、より内側にジャケットステッチを入れると効果的。
    特にアウトポケット、しかもフタ付きポケットなどとした場合には、くっきりステッチの縫い目が 見えるので、これがステッチの本領を発揮してくれます。
    逆に、カノニコなどSuper表示、イタリア製の柔らかめ、細糸で織られたビジネス向きなスーツの場合には、 ミシンステッチピックステッチともコバステッチ(端)に入れるのが、控えめなオトナの雰囲気漂うセンスの ある入れ方です。
    こういった、存在感のあるポケットは、野趣あるカントリー調のハリスツイードジャケットにはよく似合います。

対応縫製ライン

    カスタムライン・ビスポークライン
    ジャケット腰ポケット
    (17)ボックス・ベースフタ付き釦止め+¥1050

    ミシンステッチ7ミリ
    全縫製ラインで無料


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ロングジャケット






ロングジャケット・フロント(フラノ)

ロングジャケット(フラノ)

    一般的なジャケットの着丈から+10cm程度長く仕立てたジャケットをロングジャケットといいます。
    なかなかデザインフォームに盛り込むのが時間がかかってしまうため、先にブログでご案内です。 ブリティッシュスーツや、クラシコスーツナポリ・クラシコなどジャケットの基本シルエット全てに対応。サンプルは、 Ex-madeライン・クラシコスーツの着丈を長くしたものですが、カスタムラインスーツでも、ジャケットシルエットの 全てに対応。
    通常お仕立ていただくジャケットの胸ポケット、腰ポケット位置などはそのまま、必要分のジャケット着丈を 長くしたアイテムとお考えいただくとイメージしていただきやすいと思います。。 ご注意いただきたい点は、ロングジャケットとしての対応をさせていただくことができる着丈が、 85cmまでなので、それ以上の着丈が必要となるお身体の大きな方の場合には、 コート価格をご検討いただければと思います。。
    フラノをはじめ、ハリスツイードドネガルツイードなど、暖かな素材でお仕立ていただく ロングジャケットは、腰まわりがより暖かく、ドライビングコート的なご着用にも便利なアイテム。 ジャケットデザインも、袖本開きお台場仕立てほか、ジャケット対応のオプションは全てお選び いただけます。

  • 全ての縫製ラインで対応可

    #着丈86cmまで

    Ex-madeライン  +ジャケット価格×10%

    カスタムライン  +ジャケット価格×15%

    ビスポークライン +ジャケット価格×15%



    #着丈86cm超の場合には一律

    +ジャケット価格×25%

    ※追加生地+縫製増が含まれます。




オーダースーツ Pitty Savile Row

http://www.order-suits.com/
ロングジャケット・バック(フラノ)

ナポリ仕様クラシコ|ツイード生地で仕立てた雨降り袖

ハリスツイードで仕立てたアンコン仕立て

ナポリ仕様クラシコ|ツイード生地で仕立てた雨降り袖

    ジャケットもカジュアル化がすすみ、お仕事用のジャケットスタイルも多様化。 きっちりテーラードなブリティッシュスーツや、本格クラシコスーツでなくては、 仕事にならないというお仕事場も多いなか、アンコン仕立てのナポリ仕様クラシコハリスツイードジャケットや、フラノスーツコーデュロイスーツなどのカジュアル素材 で人気です。。
    ナポリ仕様クラシコに特徴的なのが、肩パッドがなく、芯地・付属をできるだけ省いた アンコン仕立てのほか、シャツに近い袖付けをしているために、楽な着心地となっている 「雨振り袖」といわれる縫製手法。いせ込みを多く取っているため、袖山が若干ボコボコ している感じになっているのも、着心地が良い上、おしゃれ度の高いポイントとなっています^^

対応縫製ライン

    ナポリ・クラシコはカスタムライン専用
    秋冬シーズン限定・ただいま無料オプション!!

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

お台場仕立て(角台場仕立て)

IMG_7966.JPG

お台場仕立て(角台場仕立て)

    本格的なオーダースーツならではのデザインとして、袖本開きピックステッチなどと並んで 人気の高いのがお台場仕立て。お台場仕立てにはいくつか種類があり、タイトルの「角台場仕立て」のほか、 「本台場仕立て」「剣先台場(切り台場)仕立て」など。もともとは、その昔、胴裏地があまり丈夫でなかった 時代にスーツ生地で擦れやすいポケット口回りを補強したのが初めですが、胴裏地も進化しその必要もなくなった 現在では、ひと手間かかった仕立て仕様としてオーダースーツの代名詞のようにもなっています。。
    この「角台場仕立て」は、「本台場仕立て」に対してのいわゆる簡易仕立てで、よく見ないとわからないのですが、 ポケット口を囲う突き出た部分が切れており、一枚でつながっている「本台場仕立て」に比べて必要生地要尺が 少なくて済むため、オプション価格もリーズナブルなもの。。
    機能的というよりもそのファッション度の高さから人気のお台場仕立てなので、見た目があまり変わらない のなら、「角台場仕立て」としてしまうのも方法です。。

対応縫製ライン

    カスタムライン専用
    ¥1575の有料オプション

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

袖半額縁仕立てで手軽に袖先デザインを遊んでみる

袖半額縁仕立て

袖半額縁仕立て

    袖先の仕立て方は、メンズスーツ、レディーススーツともお仕事用ビジネススーツでは、 こだわれる人気オプションが多いところ。まず代表として上げられるのが袖釦を実際に釦穴を開け止める「袖本開き仕立て」、 この釦穴を閉じ、穴かがり糸を「切羽」という見せかけの飾り縫いで代用したものが「開きみせ」。また、「袖キス釦」も 簡単なディテール変更でぐっとスーツのファッション度を上げてくれるので人気です。
    これら袖先仕立てオプションに加えて、「袖半額縁仕立て」は、「袖本開き仕立て」と「袖開きみせ」の中間に 位置するような仕立て方で、釦止めとするための釦穴は開いていないのですが、「袖本開き仕立て」のように 袖先が「額縁仕立て」とされており、同様に袖先に切れ込みがあるデザイン。 「額縁仕立て」は、ジャケットサイドベンツやその他衣服の端処理として、額縁のように角を始末したもの。見た目がきれいです。

対応縫製ライン

  • カスタムメイドライン専用
    +¥1050の有料オプション
    ※2017年春夏以降、開きみせ仕様として標準デザインになりました。(無料)

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

チケットポケット(名刺入れポケット)の種類

もみ玉名刺入れポケット

チケットポケット(名刺入れポケット)の種類

    ジャケットの内側にオプションで付けることができる名刺入れはチェンジポケットなどと同じチケットポケットの一種。 名刺を納めておくと、長い間、角も丸くならず折れ曲がったりすることもない便利なアイテムです。 この名刺ポケットは付かないのが標準なのですが、オプションとして付ける場合、いくつかの 種類の中から選ぶことができます。
    一般的なものは、「挟み込み」といって、ジャケット見返しの境の胴裏地で挟みこむようにポケットを作るもの。 サンプルは、モミ玉といい揉んだように細い玉縁をポケットの切り口として名刺入れ。このポケットの端 を松葉カンヌキという矢印の矢先のような処理を施したものもあります。このカンヌキは、消耗の激しいポケット口が 裂けてしまわないためのひと工夫。両玉は、ジャケットの腰ポケットのような玉縁を胴裏地で作るので、 キュプラのストライプ柄などを胴裏地に選んでおくと、なかなか目立ちます。

対応縫製ライン

    各縫製ラインで対応可
    ¥1050~¥2100

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

夏ジャケットにおススメな汗脇パッド

脇汗パッド

夏ジャケットにおススメな汗脇パッド

    ジャケットアームホール下の部分に付けられる、汗脇パッドとか汗脇止め、脇当てパッドと言われるものは 胴裏地と同じ布地で付けられるもの。脇部分に1クッションおくことで、脇下の汗が密着し、蒸れるのを防ぎます。 素材はより吸湿性の高いキュプラ裏地などならより効果的。外から見える部分ではありませんが、脇下のフィット感 も増し、汗が蒸れて発する嫌なにおいの心配もしなくて良いので、夏には人気の高いオプションです。 なかなかに自分のにおいには気がつかないもの、店長も近頃心配なオヤジ臭さ軽減、せっかくの香水を効果的に 長続きさせるためのデオドラントなオーダースーツ的オプションです。。

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで対応可 +¥1575

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケット総ステッチがピックステッチにも対応

ジャケット総ステッチ

ジャケット総ステッチがピックステッチにも対応

    ステッチにはミシンで入れるミシンステッチと、手縫いで入れたようなピックステッチの2種類。 ジャケットに入れられる総ステッチはフロントステッチで入る、上衿(カラー)・ラペル(下衿)・胸ポケット・腰ポケット・フロント に、バックに入れられる背縫線・肩線・ベント・袖、フロント部のダーツが加わります。 フロント部のミシンステッチは無料となりますが、総ステッチへの対応部分が加わるとミシンステッチでも +¥3675がオプション料として必要になります。また、ピックステッチではフロントステッチ部分の¥3150の オプション料に総ステッチピック対応部分が加わり、+¥6875の有料オプション。色ステッチなどと組み合わせると 効果的なカスタマイズになると思いますよ。。
    特にコットンスーツコットンジャケットなど、平面的で明るめ無地、例えばライトベージュに濃い色ステッチ。逆にダーク系無地に明るい色ステッチはかっこ良さそうです。

オーダージャケット

対応縫製ライン

    カスタムライン総ステッチ・ピック ¥6825
    カスタムライン総ステッチ・ミシン ¥3675

ナロー(狭い)衿巾のピークラペル・タイトなショート丈ジャケット

タイトスーツ・ピークラペル

ナロー(狭い)衿巾のピークラペル・タイトなショート丈ジャケット

    肩巾も狭めなタイトジャケットには、その衿巾も狭めとするのが基本スタイル。 カスタムメイドスーツでお仕立ていただくことができる、ショートナローがコンセプトの タイトスーツでは、ジャケット肩巾の広さに応じて衿型ノッチで5.5cm~7cm、衿型ピークで6~7.5cmの衿巾が 標準セットされます。広い衿巾で自己主張も大胆なワイドラペルなピーク衿もかっこ良いものですが、 小ぶりでシャープなキレ感のナローなピークラペルもファッション度が高いです。衿巾のご指定をいただく場合には5ミリピッチ、 大きすぎ、小さすぎには若干の制限もあります。。

対応縫製ライン

    サンプル画像はカスタムメイドライン
    ショートナロースーツ
    ピークラペルの衿巾指定はどの縫製ラインでも対応可
    +¥1,050の有料オプション

袖釦を5個にして個性的なカジュアルジャケット

袖釦5個のカジュアルジャケット

袖釦を5個にして個性的なカジュアルジャケット

    袖釦の数はビジネススーツで3個、カジュアルなもので2個というのはひと昔前の定番スタイル。 日本人の体型もアメリカナイズされて(こういう表現もおやじくさいかも知れませんが・・)、 袖丈も長めが好まれるようになると、袖釦数も比例して多くなる傾向があります。 また、釦の端を5ミリ程度重ねる「キス釦・重ね釦」の場合には、一般的には、5ミリ程度 間隔をおいて配置されている釦の長さが詰まって短くなるため、3個ではちょっと物足りません。。 店長の好み的には、4個で重ねるのがベストバランス。カジュアルでは、フロント釦サイズの 少し大きめなものを袖釦に付けるものや、5個付けるのもかっこよくておススメです。。
    オーダージャケット

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    ご指定で無料オプション

ショート丈タイトスーツ専用の浅い胸ポケ箱・腰ポケフタ

浅い胸ポケットハコ

ショート丈タイトスーツ専用の浅い胸ポケ箱・腰ポケフタ

    同じタイトスーツでも着丈の短いショート丈のジャケットには、全体バランスを より自然にかっこ良く見せるためのディテール調整があります。。 胸ポケット・箱や腰ポケット・フタが標準的なジャケットのものよりも浅くできているのも そのためで、胸ポケットハコでは2.5cm→2.0cm、腰ポケットフタでは6.0cm →4.5cm。縦の長さの短いショート丈ジャケットでは、この浅めのハコ、フタが 良いバランスになるのですが、単純におしゃれポイントとしても点数が高いです^^ ポケットはやはり目につきますし、ハッキングとしたときには、さらにそのフタの 薄さが目立ちます。
    このショート丈タイトスーツをお仕立ていただく場合には、通常のお仕事でご着用 いただくレギュラージャケットの寸法から、着丈で-3~5cm程度、肩幅・半胴で -1~2cm程度が目安です。。

    ■ショート丈タイトスーツ(ナローラペル)
    ■各ジャケットデザインを拡大表示でみる
浅い腰ポケットフタ

メタル釦でカジュアルジャケットを華やかに着こなす

シルバーでつや消しのメタル釦

メタル釦でカジュアルジャケットを華やかに着こなす

    ストリートスーツ的に、若干着崩したスーツ、ジャケットの着こなしをする方が増えてきましたので、 ビジネススーツ用の釦をそのままカジュアルスーツに付けてしまうのには、少し面白くない場合があります^^ 釦の種類には、主にお仕事用スーツに使う樹脂製の練りボタン、木の実で作られたナット釦、水牛の角で作られる 本水牛釦(リアルホーン釦)、革で包んだ革釦、スーツの共生地で包んだくるみ釦・共布釦などがあります。カジュアルジャケット などに多く見かけるメタル釦には、主に、ゴールド、シルバーの2色があり、ゴールドはよく金釦などといわれる 少し目立つ感じ、渋いジャケットのイメージなら銀色のメタル釦、しかもつや消しの感じがおススメです^^

対応縫製ライン

    それぞれの縫製ラインで対応の釦のご用意がございますが、 持ち込み、取り寄せなども対応可です。

ハリスツイード100周年の生地ブランドタグ

ハリスツイード100周年記念生地タグ

ハリスツイード100周年の生地ブランドタグ

    1909年イギリスのロンドンにハリスツイード協会が設立されてから今年が100周年というアニバーサリーイヤーに限定 のハリスツイード認定ラベルです。現在600軒以上の手織り工場を持つ契約農家を厳重に品質管理し、協会の検査にパスした 織物のみに付けられる認定ラベル。素朴でざっくりした風合いの粗い織物は、英国スコットランド北西部の漁師たちに防寒用の 作業着として愛用されていたものなので、その暖かさは折り紙付き。この黒地の認定ラベルは100周年限定のものなので、 ちょっとひかれるところです。。(1909年から数えて100年なら2009年というところですが、タグには2010年と・・そして今年は2011年と少しずつ謎が深まります。。)

    ハリスツイード

    ドネガル(ドニゴール)ツイードなどとともに、ツイード生地の代表とされるハリスツイードは、ウォームビズの傾向からジャケットでの着用だけでなく、オーダーパンツも共生地で仕立てたツーピーススーツ、ベスト付きスリーピーススーツなど、アイテムの選び方にもご着用目的に応じた巾が出てきています。
ハリスツイードジャケット

オールインラインのダブルスーツ

オールインラインのダブル6釦3掛スーツ

オールインラインのダブルスーツ

    一般的な打ち合いがダブルのスーツの釦配置は、スプレッドアウトといって、左右に配置される釦の間隔がジャケットの 上にいくほど広がっているのですが、オールインラインは、この釦間隔が等巾となっているものを言います。 4釦2掛6釦3掛、8釦4掛など比較的少ないフロントシルエットの釦配置となるのでそれだけでオリジナルっぽいオーダーらしさがありますが、打ち合いの深さを 調整したり、Vゾーンの高さ、縦横の釦間隔を狭くしたり広くしたりと更にカスタマイズしたいときには、 ビスポークラインでのお仕立てがおススメです。。

対応縫製ライン

    ビスポークラインのみ詳細対応・調整料無料
    カスタム・Ex-madeでは、シルエット・釦数 によって釦位置が異なります。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

フラノジャケットの裏仕立てをお台場

フラノジャケット

フラノジャケットの裏仕立てをお台場

    今年の秋冬はまだ暑さが残るころから、フラノオーダージャケットが好評です。。フラノはハリスツイードなどツイード素材と共に、秋冬シーズンを代表するカジュアル素材。夏に着る機会の少なかったジャケットが おしゃれな人にはやはりファッションアイテムとしては欠かせない存在なんだと思いますよ^^短繊維を織り上げた厚地な 紡毛フラノ地ジャケットがあれば、コートがわりのアウターとしてもとても重宝。おしゃれ好きでない人にも、おススメ な便利アイテムです。独特な風合いのフラノ地で見返しお台場仕立てにするのも、ちょっと惹かれます^^

対応縫製ライン

    2011年の秋冬は、イタリア製オルメザーノ、
    英国製スキャバル、国産カレッジフラノ3銘柄の展開

胸ぐせ、胸ダーツをとってボックススタイルに

胸ダーツなしのジャケット

胸ぐせ、胸ダーツをとってボックススタイルに

    胸ぐせ、胸ダーツは胸の張りに衣服を沿わせるため、平面的な布を立体的に見せるために 布の一部をつまんで凹凸感を出す縫製の技法。胸ダーツを多く取れば、より胸板が厚いボリューム感の あるジャケットになります。。どのジャケットにも入っている胸ダーツですが、これをあえて取ってしまい 寸胴なボックスシルエットとするのが、アイビー・リーグ・モデルに代表されるアメリカン・トラディショナルスーツ。 着ていて楽だし、全体タイトな今どきスーツには、細身のアイビーパンツと合わせたシルエットは逆に新鮮。

対応縫製ライン

    縫製ライン、シルエットを問わず無料対応可

広見返しとパイピングのジャケット裏仕立て

広見返し

広見返しとパイピングのジャケット裏仕立て

    ジャケットの裏仕立てもいくつか種類のある中で、「広見返し」はジャケットの表生地と同じ生地で作る 見返し部分が広いもの。裏地を大きく省くことになる軽量な仕立てになるため、主には夏の裏仕立てとして 使われることが多いです。。この「広見返し」を裏仕立てとする時には、目立った色のパイピングがあると、 裏地の占める面積が少ないだけにインパクトがあっておススメ。原則は、ジャケットの胴裏に選んだものと 同じものが使われます。
    ※広見返しは、特徴のあるデザインのため、タバコポケットが付けられないなど、一部に制限のあるデザインがあります。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    有料オプション+¥3150一律
    パイピングはカスタムラインで+¥1050
    ほかは標準仕様

オーダージャケット

フラノのバルカラー5釦スーツ

フラノのバルカラースーツ

フラノのバルカラー5釦スーツ

    上衿が大きく下衿が小さいバル・カラーは本来、バルマカーン・コートの衿型ですが、それをジャケット の衿型とすることができます。。標準的なジャケットフロントは釦位置が高くなるために相性が良い4釦3掛。 これを敢えて5釦や6釦など釦数を増やしたり、逆に3釦に減らしたり、というオーダーも対応可。 素材がフラノだと今どきの冬ならアウターとしてご着用いただけます。汚れの目立たないチャコールグレー、 アクセントとしての胸ポケフタ付き、釦位置が高くなることで広く見える前身にチェンジポケットは半コート的 なご着用にも向いています^^

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで4釦3掛のバルカラージャケット+¥1050
    5釦となる場合、その他手裁断が必要となるカスタマイズは特別補正料として +¥3150~で対応可

チェストポケットにフタ付きポケット

チェストポケット・フタ付きポケット

チェストポケットにフタ付きポケット


対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    通常+¥1050(規定パターンにない場合+¥2100)

トラッド・スーツといえばアイビールック・スーツ

トラッドスーツの種類

    trad.jpg トラッド(トラディショナル)なスタイルを背景とするスーツにはいくつかの種類がありますが、 主にはアメリカ東部の伝統的なメンズスタイルをいうことが多く、 アメリカン・トラディショナル(アメ・トラ)と呼ばれています。 本来の伝統的という意味でいえば、ツイード素材で作るノーフォーク・ジャケットや、 ドレッシーなダーク・スーツ・スタイルなどを原点とする、 ブリティッシュ・トラディショナルのほうが、よりトラッド・スーツらしいと 思うのですが、「トラッドの横取り」というか「言ったもの勝ち」というところでしょうか。
    また、このトラッド・スタイルといわれるファッション形式の中には、 日本独自のスタイルとして流行したハマトラ(ヨコハマ・トラディショナル)も含まれ、 アイビー・ルックに花を添えています。アイビーがもともとプレッピーな 米国東部の名門8大学の学生に好まれたファッションから始まっているため、 トラッドは上質なイメージとよくなじみます。

アイビー・リーグ・モデルの原型、アメリカン・トラディショナル

    このアメリカン・トラディショナルは、アメリカ型背広の典型として、アイビー・リーグ・モデルの 原型となるもので、ほぼ同様のシルエットとなりますが、シングル3釦段返りセンターベントを 特徴としています。広い意味では1951年、石津謙介氏が「ヴァンヂャケット」を設立し、1956年提唱 したアイビー・ルックも含め、少しずつ細かなディテールの部分で差はあるものの、トラッド・スーツ、 アイビー・スーツと呼ばれるものは、全てアメリカン・トラディショナルの影響を持つものと考えられます。

アイビー・リーグ・モデルとは

    アイビー・リーグとはアメリカ東部の有名8大学(エール、ブラウン、コロンビア、コーネル、ダートマス、ハーバード、ペンシルベニア、プリンストン) で結成されているアメリカンフットボールリーグのことで、これらの大学の学生や、卒業生はアイビーリーガーと呼ばれ、アメリカ社会のエリートを占めている。 本来は、アイビーリーガーたちが好んで着ていた背広型であったが、1955年IACDが流行スタイルとして発表した当時から、アメリカで大流行した背広型のひとつとなりました。 日本では、1960年代、東京のみゆき通りに集まった若者「みゆき族」の間に、アイビー・ルックが流行し、「アイビー族」まで結成されました。

    アイビー・リーグ・モデルの特徴は、肩線がナチュラルショルダー、シルエットが前ダーツのないボックスシルエット(ずん胴型)、ボタン間隔の広い3釦上2個掛けラペル巾は狭く、 全体に5ミリ位のステッチがかけられている。スラックスは前プリーツなしのパイプドステム型ターンナップがつき、後ろにバックストラップが付いている場合もある。 全体に細長くストレートなシルエットが特徴。

ナンバー・ワンサックスーツ|I 型(いちがた)スーツ

    仕立て屋さんの裁断の教科書に出てきそうな「I 型(いちがた)」スーツですが、このシルエットの スーツこそが、いま多くの方がトラッドスーツとして頭に浮かぶスーツの形なのではないかと思います。 サックスーツのサックとは、「袋」の意味で、袋のようにゆったりした→寸胴・ボックス型のシルエット。 実は、このI 型(いちがた)スーツは、アメリカン・トラッドで有名なBrooks Brothers(ブルックス・ブラザース) が、1954年、自社ブランドのトラディショナルモデルに付けた名前になります。
    シルエットはアイビー・リーグ・モデルに近いものですが、フロント釦が3釦上2掛に対してI 型(いちがた)スーツは 3釦段返り、胸ポケットがアウトポケットに対して、箱ポケット(ウエルト・ポケット)フックベントに対して センターベントが異なるところです。
    また、アメリカン・トラッドでブルックス・ブラザースと双璧となるJ・プレスのベントはフックベント、 日本の「VAN」は、3釦段返り+フックベント。 オーダーでお仕立ていただく場合には、よりトラッドの雰囲気を色濃く、特徴的な3釦段返り、ベントはフックベント、 お仕事用には、箱ポケットなど、いろいろなディテールを組み合わせてお楽しみいただく方が多いです。 もちろん2釦のトラッド、1釦のトラッドなどというのもアリです。。

合理的なアメリカらしいといわれるトラッド・スーツ

    フロントダーツ(胸ぐせ)の入らないボックス・シルエット、肩パットなども必要以上に 入れない、ナンバー・ワンサックスーツ、I 型(いちがた)スーツは、着ていて肩のこらない 着やすいスーツとして多くのビジネスマンに支持されるスーツとなっています。 フロントは3釦となりますが、衿の下げ止まりが、段返りという3個ある釦のうち、 真ん中の1つだけでしか掛けない形になるので、実質の釦位置は低く、2釦が主流の 流行時にも抵抗がありません。
    合理的かどうかということについては、着やすいという意味では合理的、生地の要尺や 縫製の面では、タイトなブリティッシュ・スーツに比べたら不経済で合理的でないような気もします。。 トラッド・スーツが流行する前の1940年代末には、 肩先を誇張するために肩パットを多く入れ、巾広のラペル・ネクタイで大胆さを強調する 目立ちたがりの「ボールド・ルック」が流行していたことを考えると、その時代背景にあった ファッションが流行するのかも知れません。
    きっと、タイトなスーツが流行するのは、生地代と縫製工賃をケチる既製服メーカーの陰謀です・・^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シアサッカーの3パッチポケットジャケット

IMG_4176.JPG

シアサッカーの3パッチポケットジャケット

    ジャケットの腰ポケットにアウトポケットというのはよく見かけますが、胸ポケットまでアウトポケットは少ないかも知れません^^この胸ポケットをアウトポケットにしたものを、3パッチポケットといって、カジュアルテイストの強い素材などに合わせると良いと思います。 サンプルは夏素材のシアサッカーがちょっとみづらい画像になっていますが、胸バルカポケット腰フラップポケットに比べるとかわいいイメージ。胸ポケットはメンズでは左のみが標準ですが、左右両方というのも対応可です。
    さらにゴツく、カントリー調なジャケットには、アウトポケットとした上に、フタ付きとするデザインなどもあります。

対応縫製ライン

    ■全縫製ラインで対応可
    ご指定で無料オプション

釦クロス掛け・鳥足掛け

釦クロス掛・鳥足掛け

釦クロス掛け・鳥足掛け

    オーダースーツだから釦の掛け方までご指定いただけます。
    標準の釦付けは水平、案外見かけるありがちなのが釦の「クロス付け」、「X掛け」などとも言います。
    更におシャレこころを満足させてくれる「鳥足掛け」は一度はお試しいただきたいオーダーオプションです。 はっきりわかるディテールのカスタマイズも楽しいですが、ちょっとしたところに凝ってみるのも さりげなくてカッコいいですよ。。
    ボタン付けの糸を色指定というのも対応させていただけます。

対応縫製ライン

    釦クロス掛は全縫製ライン対応可
    鳥足掛けはEx-made,レディース,ビスポークのみ

Pitty Savile Row ブランドネーム

Pitty Savile Row ブランドネーム

Pitty Savile Row ブランドネーム

    Pitty Savile Rowの店ネームが新しくなりましたのでご案内させていただきますね。。 お客様から、地味めなそのデザインに「もう少しなんとかならないか、、」という多くのご意見をいただいておりましたので、ようやくです。。
    このブランドネーム(店ネーム)のほかに生地ネーム(生地ブランドのタグ)があり、これらネームの付け方のオプションに「千鳥付け」というのがあります。カスタムメイドスーツ専用ですが、普通にミシン糸で止める場合と違い、ジグザグに縫いとめるので、ちょっとしたアクセント。縫いとめる糸もご指定いただけます。

対応縫製ライン

    縫製ラインによって若干つける位置が異なりますが、通常左右胸内ポケットの上か下です。 生地のブランドネームが付く場合には、その左右逆が店ネームになります。
    ※ご指定で付けないことも可
    ※ビスポークのみご指定で付ける位置指定可

切り台場・剣先台場仕立て

切り台場・剣先台場

切り台場・剣先台場仕立て

    内ポケットまわりを補強する意味合いでスーツ表地と同じ生地で作るお台場仕立ては、海に埠頭が突き出したような形をしていることから この名前がありますが、その種類には、本台場仕立て(R台場仕立て)、角台場仕立てに加えて画像のような切り台場・剣先台場という ものがあります。これは、内ポケットまわりに厚み1cm~1.5cm程度のお台場とするもので、ちょっと見た目すっきりしていて店長は好きです。 若干縫製ラインによって形状に差がありますが、今のところメンズスーツのみ対応で、レディーススーツには対応不可です。どうしても、、という 方はご相談下さいませ。。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    @¥3150
    ※レディースラインでは未対応

背バンド・背ベルト

背バンド・背ベルト

背バンド・背ベルト

    ジャケットの背部分につける帯状の装飾を背バンド、背ベルト、バックベルトなどといいます。 ジャケット左右の脇縫いに差し込むように縫いこまれています。
    ガンパッチエルボーパッチなども一緒につけるとより野趣あるジャケットとして、カジュアル感を楽しめます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可

  • カスタムライン +¥1575
    Ex-made、レディース +¥2625
    ビスポークライン +¥2625

もみ玉名刺入れポケット

もみ玉名刺入れポケット

もみ玉名刺入れポケット

    ジャケットに名刺やチケットをしのばせておくのにとても便利な名刺入れポケットの形には標準的な「裏地はさみ込み」の形に加え、 更に手をかけた「もみ玉仕様」のポケットでお仕立てさせていただくことができます。
    サンプル画像上の右上に位置する切れ込みがその「もみ玉ポケット」で、両玉部分を裏地で作りますので、柄裏なら柄裏、 無地なら無地の切り口になります。また、裏仕立てに本台場仕立てをお選びいただいた場合、名刺入れはこの「もみ玉仕様」になります。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    もみ玉仕様 +¥2100
    裏地はさみ込み +¥1050

バルカラージャケット

バルカラージャケット

バルカラージャケット

    バルマカーンコートの衿型に由来するバルカラーは上衿が大きく下衿が小さな形をしています。 サンプル写真でご覧いただくように衿の下げ止まり位置がかなり上の位置になりますので、 通常シングル4釦や5釦でお仕立させていただきます。
    バルマカーンはスコットランド・インバネス近くの地名。
    バルカラージャケットは釦位置の高いシルエットのジャケットとなるため、 フラノハリスツイードコーデュロイなどで仕立てるロングジャケット、半コートの衿型として適しています。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    +¥1050の有料オプション
    ※基本はシングル4釦でお仕立させていただくことになりますが、 縫製ラインによっては5釦など釦数指定も可

キュプラ柄裏地

キュプラ柄裏地

キュプラ柄裏地


対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可

  • メンズカスタム ¥2100
    Ex-made・E-Make ¥2575
    ビスポークではEx-made・E-Makeと同一素材をご用意できます。

ジャケット腰ポケット-アウトフタ付き

ジャケット腰ポケット-アウトフタ付き

ジャケット腰ポケット-アウトフタ付き

    ジャケットの腰位置ポケットを外に貼り付けたアウトポケットにするだけで、カジュアル感を演出することができますが、 更にもう一工夫して、このアウトポケットにフタ(雨蓋)を付けるとずいぶんとジャケットの雰囲気が変わります。
    特にハリスツイードジャケットフラノジャケットコーデュロイジャケットなど秋冬素材の厚めの生地でやると、なかなかの存在感です。
    ※このフタ部分を釦止めにすることも可
    また、アウトポケットは、こういったフタ付きのものとするほか、ポケット口に切替を付ける、貼りつけられたポケット部分を箱ヒダとするなど、バリエーションも豊富。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    +¥1050の有料オプション

袖シルエットフレア

袖シルエットフレア

袖シルエットフレア

    標準的な袖シルエットはヒジ位置から少しずつ先に細くなっていますが、 逆にヒジ~袖口との中間あたりから標準的な袖巾+1.5cm~2.0cm程度 袖口巾を広くしている袖シルエットを袖フレアといいます。
    フレアは、朝顔のことで、ジャケットのウエストから裾にかけて広くなる、フレアと 同様の意味で使われています。
    ビスポークラインでは袖口巾はもちろんヒジ巾なども詳細な数値指定をして いただくことができますので、フレアのほかスリム・タイトな袖シルエットもお仕立て可です。
    縫製ラインによっては、例えばブリティッシュスーツや、クラシコスーツなど、ジャケットシルエットに 合わせたバランスの良い袖シルエットが標準セットされており、変更不可の場合もあります。

対応縫製ライン

  • メンズEx-made/レディースE-Make/ビスポークラインで対応可
  • +¥1575の有料オプション

穴かがり色糸指定・グラデーション

穴かがり色糸指定・グラデーション

穴かがり色糸指定・グラデーション

    ミシンステッチピックステッチ・袖切羽・釦穴穴かがりなどにご指定いただくことができる色糸指定も 思いっきり目立たせるほか、お仕事用にはサンプルのようなスーツ表地と同系色 を使用して少しずつ明るさだけを変えたグラデーションもカッコイイです。
    袖穴に色糸指定をしていただく場合、「袖本開き釦止め」に色糸指定することになるので、 更にかっこ良さが増してしまいます。
    ※袖先からライトグレー1穴、ミディアムグレー1穴、チャコールグレー2穴

対応縫製ライン

  • ビスポーク・・・・・1部位につき¥1050
  • カスタム・・ジャケットパンツベストの各アイテムごとに¥1050
    ※ジャケット内ならフロント釦穴、袖穴、衿穴など何箇所ご指定いただいても¥1050
  • メンズEx-made/レディース・・・一色指定につき¥1575
    ※フロント釦穴、袖穴をご指定いただいても1色なら¥1575

半裏仕立て

半裏仕立て

半裏仕立て

    ジャケットの裏仕立てにはいくつかの種類があり、胴、背部分の全てに裏地がつくものを 総裏仕立て、胴部分は付くが背部分の背裾から3分の2をつけないものを背抜き仕立て(標準)、 この背抜き仕立てから胴裏部分を斜めにえぐるように裏地を少なくしたのが、この半裏仕立て になります。
    オーダースーツならではの高級仕立てとして人気も高い、「お台場仕立て」は、このそれぞれの 総裏仕立て、背抜き仕立て、半裏仕立てに対して対応可。 裏地を少なくすればそれだけ通気も良く、軽く涼しくなります。更にくわえて、裏地の素材 そのものをメッシュ裏地などにすると更に夏の快適さは倍増です。
    また、視覚的にも胴裏地がけずれてないと、ジャケット腰ポケットの袋布が見え隠れして ちょっとかっこいいです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ¥2100~¥3150の有料オプション

オーダースーツだから選べるボタンオプション

オーダースーツだから選べるボタンオプション

オーダースーツだから選べるボタンオプション

    Pitty Savile Rowでお仕立てさせていただくメンズEx-madeラインレディーススーツで お選びいただくことができるボタンサンプル画像を大きく撮りなおしさせていただきました。
    Ex-madeライン、レディースE-Make対応ボタン
    少し大きくなったので、色柄など見やすくなったのではないかと思います。 無料ボタンオプションもかなりの点数、、ちょっとぜいたくな本水牛ボタン、 高級練りボタン、メタルボタンは、それだけでスーツの価値を高めてくれますし、 スーツが傷んでしまったら、新しいスーツに付け替えなんてこともできてしまいます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可

ジャケット胸ポケット-フタなし

ジャケット胸ポケット-フタなし

ジャケット胸ポケット-フタなし

    ジャケットの胸ポケットは箱ポケットが標準仕様、フタなしポケットは ジャケットの腰位置ポケットのフタをとってしまったもの。
    オーダースーツでは胸ポケットのバリエーションもとっても豊富、 腰位置のフタ付きポケットと同様のものを、口巾を少し小さくして 胸ポケットに付けたり、アウトポケットにしたりと、、お楽しみいただけます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※指定で無料オプション

メッシュ裏地

メッシュ裏地

メッシュ裏地

    暑くなるシーズンには、裏仕立てのセレクトはとっても大事。。 メンズEx-madeレディーススーツビスポークラインでお選びいただくことができる、 メッシュ裏地はすぐれた通水性・通気性でご着用中の汗の乾きもスピーディー!! 汗による不快感もなくて着心地がとても爽やかです。 メッシュ裏地というとかなり見た目的にも夏向きのスーツということになるのだと 思いますが、シーズンをわけてスーツをご着用になるのも、スーツが長持ちしますし、 なによりご着用中が快適です。。 更に袖裏地もこのメッシュでお仕立ていただくと更に涼しくておススメですよ。。
    ■メンズEx-made・レディースE-Make→¥1050
    ■ビスポーク→¥3150
メッシュ裏地サンプル

ドロップショルダー

ナチュラルショルダー・ドロップショルダー

ドロップショルダー

    ドロップショルダーはジャケットの肩先が全体的に丸みがあり、 通常のレギュラージャケットの肩線より 落ちているショルダーラインのこと。
    トラッドスーツのショルダーライン(肩線)として一般的で 肩先の丸みからソフトなイメージ、また、トラッドスーツが 胸ダーツを入れないなどボックスシルエットを特徴とする ゆるい着心地感を肩回りでも助けているような動きやすい袖付け。

対応縫製ライン

ベント深さ指定/浅いサイドベンツ

ベント深さ指定/浅いサイドベンツ

ベント深さ指定/浅いサイドベンツ

    オーダースーツではベントの深さをご指定いただくことができます。 特にご指定いただかない場合には、通常ジャケット着丈の3分の1程度の 深さとなりますが、サンプル画像のような浅めのサイドベンツもオーダースーツ らしくておススメです。
    このサイドベンツの深さは14cm、標準よりも10cm程度短くして仕立てて あります。この浅めのサイドベンツは1965年IACD(=国際衣服デザイナー協会) が発表した「現代的な」という意味のコンテンポラリーモデル(=コンポラ)の ベントとして当時目にした人も多いのではないでしょうか。
    コンポラスーツといえば、短い着丈のシングル1ボタン、衿型はLシェープドラペルもしくは フィッシュマウスの変り型、素材はイリデッセント(玉虫調)などのハデめな素材で 作られていました。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可

ナポリクラシコ-シャツ袖

ナポリクラシコ-シャツ袖

ナポリクラシコ-シャツ袖

    カスタムメイドラインでお仕立ていただくことができるナポリクラシコスーツは、 ナポリスーツの特徴であるシャツ袖仕様。
    肩パットを省き、袖まわりに多くの生地をいせ込む手法は、 動きやすく、軽く快適な着心地、、シャツを羽織る感覚のジャケットを実現しました。 おしゃれズキにうれしいのは、ひとめでわかる、袖まわりのいせ込み具合、、品良く ぼこぼこしているのが着心地良く実用的なのにファッション性も高いです。
    【ナポリクラシコスーツ】

    裏地・付属なども多くを省いているため、夏用クールビズまた、秋冬用ジャケット、特にハリスツイードフラノコーデュロイなどで楽な着心地感から、選ばれるジャケットシルエット

対応縫製ライン

  • カスタムライン対応素材のみ
  • +¥2100の有料オプション

ナローラペル

ナローラペル

ナローラペル

    ここ数年のタイト傾向のスーツと相性の良いナローラペル。 ナロー(=narrow)は狭いという意味なので、狭い衿巾のことをいいます。 肩巾が狭く、ウエスト位置が高い今のスーツにこのナローラペルをあわせると よりタイトな絞られたイメージになります。 また、このナローラペルは2釦スーツとの相性がとてもよく、ここ10年ぐらい 続いている3釦スーツから少しずつ2釦スーツへ、、という傾向です。
    サンプル画像は肩幅44.5cmに対して衿巾7.0cm。

対応縫製ライン

別素材切替ジャケット

別素材切替ジャケット

別素材切替ジャケット

    スーツをお仕立てする表地とは別素材、サンプルでは黒ベルベットでジャケット上衿、胸ポケットフタ腰ポケットフタ、を作っています。シャツでは衿を身頃の生地とは別の生地で作ったり(クレリックシャツ)、 カフスを別生地で作ったりしますがそれと同じようなことがオーダースーツでもお好み素材でできてしまいます。 パンツの後ポケットをフタ付きにしたときなどにもこの別素材で作ってもいいかも知れません。

対応縫製ライン

  • 全ての縫製ラインで対応可
  • 切り替える部位、部位数、変更程度などによって
    ¥3150~¥5250程度
    別途取替え部位の素材費要
    詳細はお問い合わせ下さい。

ジャケット腰ポケット-両玉下広ブチ

ジャケット腰ポケット-両玉下広ブチ

ジャケット腰ポケット-両玉下広ブチ

    ジャケットの腰ポケットの標準はフタ付きポケットになりますが、このフタをポケットの中に 隠してしまうと、このフタ上下に高さ5ミリの玉ブチがでてきます。 オーダーでご注文をいただく腰ポケットの形状にはこのフタを取っただけの「フタなし」 というポケットの形もありますが、標準で高さ5ミリの玉ブチを下だけ広めに2cm、 若しくは上も少し広く7ミリ~1cmなど玉ブチの高さを変更したフタなしポケットも オーダーらしくておススメです。
    ビスポークでは玉ブチの詳細な高さ調整ができますし、ハッキングなども可。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • +¥1050の有料オプション
    各縫製ラインによって、上下玉ブチの
    深さに若干の差があります

袖口本開き・本切羽

袖口本開き・本切羽

袖口本開き・本切羽

    一般的なジャケットの袖口の作り方は「あきみせ」といって、開くようにみせている作り方をしていますので、 こちらが本物、実際にボタンで開け閉めのできる本開き釦どめ。 袖丈長めの今のスーツでは4釦で重ねて本開きというご注文が多い中、サンプルスーツはあえて2つ釦にして 重ねたところがおシャレなところ。夏場、袖口がちょっと開いていると涼しげですし、わざわざ開けなくても いいのにわざわざ開けてみるのもスーツのおシャレ度が上がります。
    袖口釦の端を5ミリ程度ずつ重ねたキッス釦では、釦穴に釦をはめた状態でもやっぱり重なっています。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • +¥3150の有料オプション

ジャケット腰ポケット-フタなしハッキング

ジャケット腰ポケット-フタなしハッキング

ジャケット腰ポケット-フタなしハッキング

    ジャケットの腰位置につく腰ポケットは通常水平のフタ付き切りポケットが標準ですが、 これをフタなしポケットにした上、さらに斜めに角度までつけてフタなしハッキングポケットにまで することができます。フタ付きポケット→フタなしへの変更が無料オプション。 フタがついてボテボテしていた腰まわりがスッキリしますし、ディテールのひとつとして 考えてもなかなか着こなしがいがありそうです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • フタなし腰ポケット(水平)・・無料
    ※フタなし腰ポケット(ハッキング)・・無料
    チェンジポケット仕様フタなしとなる場合には
    チェンジポケットオプション分が有料となります。

フロント釦穴かがり色・色糸指定

フロント釦穴かがり色・色糸指定

フロント釦穴かがり色・色糸指定

    ジャケットパンツ・スラックスの釦穴は通常スーツ表地と同系色の色糸でその穴を開けた生地がそこからほつれて こないように穴かがりがされていますが、この穴かがりをご自分の好きな色糸指定をすることができます。 使用できる色糸に限りがありますので、あまり細かな微妙な色合いのご指定にはおこたえすることが できませんが、赤・青・黄色など12色色鉛筆程度のご指定なら対応可です。 袖口を本切羽にした時などや衿穴、中でもフロント釦穴などに色糸指定をするとかなり目立って カッコ良いと思います。

対応縫製ライン

  • ビスポーク・・・・・1部位につき¥1050
  • カスタムライン・・ジャケット、パンツ、ベストの各アイテムごとに¥1050
    ※ジャケット内ならフロント釦穴、袖穴、衿穴など何箇所ご指定いただいても¥1050
  • メンズEx-made/レディーススーツ・・・一色につき¥1575

ジャケットミシンステッチ5ミリ

ミシンステッチ5ミリ

ジャケットミシンステッチ5ミリ

    ジャケットにステッチを入れると一般的にはカジュアル感が増しますが、 衿端を基点に内側へ入れれば入れるほど、ガンコなかっちりしたイメージに 仕上がります。コットンなどとのカジュアル素材との相性はとっても良いの ですが、こういったグレーでウールのシックな素材に入れても、良い意味で 少しだけドレスダウンさせてくれるので、さりげなさが出て更にカッコ良い スーツに仕上がります。
    縫製ラインによっては、衿端から7ミリ、10ミリのほか、 2本ステッチとなるダブルステッチ、レールステッチにも対応可。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※無料オプション

総裏仕立て

総裏仕立て

総裏仕立て

    ジャケットの裏仕立ての作り方には、主なものに総裏仕立て背抜き仕立て半裏仕立てなどがあります。
    画像は総裏仕立てで前身、背部分に裏地が全て付くもので、 背抜きは背部分の下3分の2を付けないもの、半裏は 更に前身部分の裏地をけずっています。 背抜きがオールシーズン、夏仕立てとして半裏、総裏仕立ては冬仕立て となります。
    総裏仕立てはやはり着用時暖かく、サベリのつるつるした 素材でジャケット内の回転も良いので着心地もいいです。

対応縫製ライン

  • ビスポーク・Ex-made無料
  • カスタムライン-+¥1575

袖中1釦

袖中1釦

袖中1釦

    袖口の釦は通常15ミリ、ジャケットフロントの釦は20ミリが標準なので、 少し小さめの釦がついていますが、この少し小さめの袖口釦にジャケットフロントの 釦と同じ大きさの釦をつけるのを「袖中1釦」といいます。 サンプルは「本開き釦止め」となっていますので、穴かがり(穴かがり糸を色糸指定しています)がありますが、袖口標準では 「開きみせ」で付けられる穴かがりに模した「切羽」がつきます。 どちらもこの袖中1釦では、切羽のつき方が斜めになっておシャレです。

対応縫製ライン

腰ポケット-ハッキング強

腰ポケット-ハッキング強

腰ポケット-ハッキング強

    ジャケットの腰ポケットを斜めにしたものをハッキングポケットとかスラントポケットと いいます。この角度は前端から後端にかけて3cm落とすのが標準なのですが、 普通のハッキングではちょっともの足りなくなってしまったときに、是非 お試しいただきたいのがこの「ハッキング強」。この「ハッキング強」では 前端から後端にかけて6cm下げていますので、かなりインパクトが強い仕上がりに なっています。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※ハッキング(強)6cm下げを
    指定で無料オプション
    ビスポークラインのみ詳細な角度調整可

ビルドアップショルダー

ビルドアップショルダー

ビルドアップショルダー


対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※カスタムラインでは専用のジャケットシルエット
    ブリティッシュに標準セット。

脇当てパッド・脇当て汗止め

脇当てパッド・脇当て汗止め

脇当てパッド・脇当て汗止め

    脇当てパッドはジャケットの脇の下に付けられる薄いパッド状のもので 蒸れ易いわきの下の汗を吸収しやすくする構造になっていて、また 運動量の多いわき下を摩擦から守りスーツを長持ちさせる効果があります。
    また、脇下のすべりを良くする効果もあり、着心地も改善させるのにも役立ちます。
    ジャケット胴裏地と同じ素材を使用して作られるため、胴裏地にメッシュ裏地を 選べば、より清涼感のある脇当てパッドとしていただけます。

対応縫製ライン

    ※カスタムライン
    ※Ex-madeライン
    ・各¥1575で対応可

携帯電話ポケット

携帯電話ポケット

携帯電話ポケット

    お仕事には欠かすことができなくなってしまった携帯電話 ですが、携帯の仕方はさまざま。 胸ポケットに入れるとふくらんでみっともないですし、腰ポケットでは 少しがさつきます、 内ポケットに入れておくと案外、見た目もわかりづらいですが、 他の収納物とごちゃごちゃしてしまったり、、 そんな時に便利なのが、通常ペンさしをつける位置に口巾を 広くして携帯電話サイズにした携帯電話ポケット。 カスタムライン仕様では、ペンさしの横に携帯電話専用 ポケットをもう1室作ります。
    ※画像はカスタムライン仕様携帯電話ポケット

対応縫製ライン

  • ビスポーク-指定で無料
  • ※ペンPの口巾を広くした形状
  • カスタム-+¥840
  • ※ペンPと携帯用ポケットの2室
    お台場仕立てなど裏仕立ての仕様によって、
    構造上口巾を広くしたポケットで対応
  • Ex-made-+¥840
  • ※ペンPの口巾を広くした形状
    【ペンポケット・携帯電話ポケット】

本台場・R台場仕立て

本台場・R台場仕立て

本台場・R台場仕立て

    高級仕立ての代名詞、お台場仕立てにも角台場仕立て、剣先台場仕立てなどいくつかの種類があるうち もっともグレードの高い縫製仕様として位置づけられる本台場仕立て。 その形状が英大文字のRに似ているところからR台場ともいわれる。 お台場仕立てはもともと、裏地が今ほどの耐久性をもたなかった時代に 裏地の取替えがしやすくまた、丈夫な表地でポケット周りを補強するために 一手間かけた工夫をしたもの。
    お台場仕立ては江戸末期、外国の艦隊から江戸を守るために人工的に築かれた海上砲台(台場) にその形が似ていることから。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※オプション料共通+¥3150

ミシンステッチ

ミシンステッチ

ミシンステッチ

    ステッチには手縫い仕様で入れるピックステッチとミシンで入れるミシンステッチの 2種類がある。ステッチには適した生地とそうでない生地とがありますが、 起毛感のあるコーデュロイなどには入れてもあまり目立ちませんが、コットンスーツなどに入れると効果的。
    ステッチを入れる位置は端からの距離でミリ指定可。
    好みですが一番品良く入るのがコバ(端から1ミリ)で、この数字が 大きくなるほどがっちりした感じになる。カジュアル感も増します。
    ※画像は端から5ミリ指定。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※無料オプション

くるみ釦・共布釦

くるみ釦・共布釦

くるみ釦・共布釦

    オーダースーツでは、お仕立ていただく生地で釦をくるんだくるみ釦・共布釦で お仕立ていただくことができます。婦人服によく見かけるディテールですが、 ジャケットのフロント釦、袖釦などにつけるとカジュアル感が増してメンズでも おシャレな仕上がりになります。
    また、スーツを仕立てる生地とは別素材(画像素材は ベルベット生地使用の共布釦)で作ると更に引き立ちます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※くるみ釦作成費¥2100は共通
    スーツ表地と別素材をくるみ釦とする場合には
    別途素材費が必要

パイピング

パイピング

パイピング

    ジャケットの裏仕立てが総裏仕立ての場合には関係ありませんが、 背抜き仕立てや夏仕立ての半裏仕立てなどにしたときに、 裁ち切り部分を裏地と同系色のバイヤステープでくるんだパイピング処理を しておくと、縫い端のほつれ防止などに効果的です。 また、裏地色の選び方ではよりインパクトのある裏仕立てをカスタマイズ することもできてしまいます。
    パイピング処理されていないものは、伏せ縫い処理といって裁ち切り部分を 内側にたたみ縫いとめたもの。

対応縫製ライン

  • ビスポーク・Ex-made・E-Make
  • ※標準仕様
  • イージー・カスタム
  • ※+¥1050で対応可

腰ポケ・ハッキング角度調整

腰ポケ・ハッキング角度調整

腰ポケ・ハッキング角度調整

    ジャケットの腰ポケットを斜めポケットにするときの 角度調整は、ポケット切り口の前端の高さと後端の高さ の差寸で指定します。ハッキング角度は3cmが標準で ビスポークでは1cm単位での指定可、その他縫製ラインでは 3cmまたは6cmのどちらかで選択可。
    ハッキングポケットは乗馬用ジャケットのポケットとして、手が 入れやすいよう斜めの作りとされているものですが、その 名残から装飾的なアイテムとしてオーダースーツでも人気です。

対応縫製ライン

  • ビスポーク
  • ※斜めの下げ幅自由設定可
  • その他縫製ライン
  • ※「レギュラー3cm」または「下げ幅強6cm」
    の2形状からの選択可

衿型セミノッチ

衿型セミノッチ

衿型セミノッチ

    シングルジャケットの衿型はノッチ衿が標準。 このノッチの場合には上衿と下衿の縫い目線(ゴージライン) が直線ですが、セミノッチの場合には下衿が少し出っ張って います。
    オーダーだから選ぶことができるオーダーらしい 衿型です。ゴージラインの高いクラシコスーツにも相性が良いです。

対応縫製ライン

  • ビスポーク|無料オプション
  • ※赤線からの出っ張り高さ調節可
  • Ex-made・レディース|無料オプション
  • ※セミノッチ衿セレクト可
  • カスタムライン|無料オプション
  • ※レギュラースーツのみセレクト可
    //画像はメンズEx-madeのセミノッチ衿//

本水牛釦・リアルホーン釦

本水牛釦

本水牛釦・リアルホーン釦

    本水牛釦はリアルホーン釦ともいって、バッファローの角から加工した 天然素材。天然ものならではの独特の深い色合い・重厚感あふれる存在感は 使えば使うほどなじんで、丈夫で変色しにくく割れにくいのが特徴。 スーツが傷んでしまっても、この本水牛釦を別スーツに付け替えることで、 それなりスーツもずいぶん高級感あるスーツによみがえります。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • オプション料+¥3150
    ※ビスポークラインのみ+¥5250

  • 別ジャケットへの釦付け替え @¥1050

袖裏共取り

袖裏共取り

袖裏共取り

    袖の裏地は標準では縞柄のものがつくことが多いですが、 これを胴裏と同じ素材でお仕立てすることができます。 袖口の作り方を本開きにしているときなどには、袖裏地が 見えるときがありますので、胴裏地にキュプラ裏地を選び、 袖裏共取りとするとちょっと目立ちますし、独特のシルクにも似た スベリの良さで着心地もあがります。
    また、夏の暑いときなどには胴裏地に夏用の極薄素材+袖裏共取りで 更に涼しく快適です。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • 標準裏地+袖裏共取りは無料オプション
  • キュプラ裏地+袖裏共取りは+¥1050~¥2100

ゴージライン

ゴージライン

ゴージライン

    ジャケットの上衿と下衿の縫い目(図赤色線)のことをゴージラインといって スーツの風合い、テイストを決めるなかなか重要な部分になります。 流行によってこのゴージラインの角度が変ったり、肩線(図黄色線) からの長さが変ったりしてジャケットの表情に影響します。 このゴージラインはジャケットの釦位置と関係が深く、一般的には釦位置が高くなると ゴージの位置も高く角度も水平に近くなり、釦位置が低くなるとゴージ位置も 低く衿キザミの大きな下がったゴージラインになります。 肩線からゴージラインまでの長さ(図赤線矢印)は、釦位置の高い今のスーツ ではジャケット全体のサイズにもよりますがクラシコ仕様で4cm~5cm ブリティッシュ仕様で4.5cm~5.5cmぐらい。

対応縫製ライン

    ビスポークラインのみ対応可//無料オプション
  • 見本スーツからの採寸

  • 画像などから近いイメージで縫製

ジャケットフロントカット・セミスクエア

ジャケットフロントカット・セミスクエア

セミスクエア

    ジャケットのフロントカットには「レギュラーカット」のほか、レギュラーカットよりも少し 開き具合の小さな「小丸」、より開き具合の大きな「大丸」、ダブルスーツ標準のスクエア(ダブルカット) などがあり、このセミスクエアカットはダブル標準のスクエアカットが直角のフロントカットなのに対して 少しだけ開いた形になっています。 ご注文時にフロントカットをお選びいただけるのはシングルスーツのみで、ダブルスーツには直角のスクエアカット が必須です。シングルスーツのフロントカットにスクエアカットの前開きが少し重たげだ・・、とお感じになった時に お試しいただくのがおススメです。

対応縫製ライン

    【無料オプション】
  • ビスポーク、メンズEx-made、レディースE-Makeで対応可

ジャケットベントの深さ指定

ベント深さ指定1

ベント深さ指定

    ジャケットのベントは通常上着丈の3分の1程度の長さ。 特にご指定いただく必要はありませんが、お好みの長さを ご指定いただくことも可能です。このベントはもともと 乗馬の乗り降りがしやすく動きやすいように付いている もので、サイドベンツにすると両脇の切れた部分からパンツ、 ヒップなどが見え隠れして足長に見せる効果もあります。 ジャケット丈が75cmではそのベント深さは3分の1の25cm、 これを14~5cmの短めにするとコンポラスーツに見かける ベント深さになります。
    あまり長すぎるのは、切れ目からシャツが 見えてしまう心配もあるかも知れませんね。
    「椅子に座ったときにベントがシワになってしまって・・」 と、ちょっと気なってしまう人は少し短めに調整する方法も あります。
ベント深さ指定2

袖口キッス釦・重ね釦

キッス釦

袖口キッス釦・重ね釦

    ジャケット袖口の釦は2~4個、数ミリの間隔をおいて 付けられているのが標準ですが、この袖口の釦の端を 少しずつ重ねて付けるのを【重ね釦】とか【キッス釦】 などといって、オーダースーツではよくいただくオプションの ひとつです。 このキッス釦は「袖本開き・本切羽」と併用してご指定いただく こともできますので、袖釦穴があって更に重なっている、、というのは おシャレ的にもポイントが高いです。 このキッス釦とする場合の袖釦数は、通常ある釦間隔がなくなって 袖先釦~数個の釦の巾が狭くなりますので、3個よりも4個のほうが バランスが良いかも知れません。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可・・+¥1050

タバコポケット

タバコポケット

タバコポケット

    ジャケット内側の左下につけられる口巾8cmのポケット。 ぴったりタバコのサイズにできているので、ここにタバコを おさめるとタバコを入れていてもジャケットのシルエットを損なわずにキレイなまま。 タバコを入れたシャツの胸ポケットがふくらんでボテボテしないし、 今時ひと目で喫煙者とわからずにスマートです。
    半裏仕立てナポリクラシコ専用のカバーオール仕立てなどの場合には その構造上タバコポケットをお付けできない場合があります。

各縫製ラインでの注意点

  • どの縫製仕様でも無料オプション。
  • 口巾・深さ指定は+¥1050
  • カスタムラインのみタバコポケット付きが標準仕様となるため、 タバコポケットなし指定の場合には+1週間納期となります。

ジャケットの衿巾・ラペル巾指定

ジャケット衿巾

衿巾の基準

    ジャケットの衿巾は特にご指定をいただかない場合、 お客様の肩巾寸法を基準に決められます。 衿巾寸法はその時の流行に左右されることになりますが、 基本は肩巾寸法が広ければ衿巾も広く、肩巾寸法が狭ければ 衿巾寸法も狭くなります。
    また、パターンオーダーでお仕立ていただく、カスタムスーツEx-madeスーツの場合には、ご指定いただくことができる衿巾の太さ、狭さに若干の制限があり、ジャケットのシルエットパターンにもよりますが、5cm~10cm程度の衿巾の中で対応させていただくことができます。

指定方法

    この衿巾寸法は、【左参考画像】の採寸位置を採寸して いただくことでご指定寸法でのお仕立ていただくことができます。 下衿の一番尖った先端(下衿の一番広い位置)から地面と水平に 衿折り返し位置まで。 採寸寸法をご指定いただく場合には、5ミリ単位でご指定下さい。 標準的衿巾の目安は肩巾46cmのとき衿巾8.5cmとなります。

釦穴かがり糸・色糸指定

釦穴かがり糸・色糸指定

ジャケットフロント釦、衿穴、切羽、袖釦穴などのかがり糸色糸指定

    ジャケットパンツの釦どめの穴かがりの糸の色を指定することができます。 各縫製ラインとも対応することができますので、表地の色と見比べて選ぶ色にも ちょっとしたセンスが必要かも知れません。例えばダーク調の表地に白の穴かがり糸を指定し、 しかも指定位置もジャケットフロントなどとしたら、かなりインパクトがあって目立ちますが、 ご用向き・着こなしも大変そう・・・、、表地が黒なら、穴かがりの色糸はこげ茶やチャコール グレーなどの少し抑え目の色を選ぶことで品良く表地とも馴染みますし、この色糸ならジャケット フロントのような一番目立つ釦の穴かがり糸に指定してもお仕事でもご着用になることができそうです。 表地との反対色や、かなり目立つビビッドな配色でも、袖釦穴など場所的にそれほど人目につかない部分 での使用なら返って効果的です、、また、袖釦4個のうちの一番先の1個のみ、、とか先から2つめのみを 白、赤などという指定方法でご指定いただくことができますので、いろいろなカスタマイズをお楽しみいただけます。

【オプション料】

  • ビスポーク・・・・・1部位につき¥1050
  • カスタム・・ジャケット、パンツ、ベストの各アイテムごとに¥1050
    ※ジャケット内ならフロント釦穴、袖穴、衿穴など何箇所ご指定いただいても¥1050
  • メンズEx-made、レディーススーツは一色につき+¥1575

ジャケットのボタン位置調整

ジャケットのボタン位置調整

ジャケットのボタン位置について

    ジャケットのボタン位置は流行によって上がったり下がったり、今は高めのボタン位置が流行ですね。それにあわせてボタン位置が標準でも高い3釦4釦スーツのご注文をよくいただきます。。もちろんファッションは個人のものですので、、あえて時流に逆らって低いボタン位置でスーツを作るのも面白いかも知れません。ジャケットのボタン位置はジャケットフロント、一番目につくところですから仮縫い付きのフルオーダーでも鏡の前で後1cm上げてみようかな、、など気になりだすととっても気になるものです。

調整方法

    当サイトの各縫製ラインのうち、ボタン位置を詳細にご指定いただくことができるのは、ビスポークEx-madeスーツレディーススーツカスタムラインスーツでもボタン位置の上げ下げをすることはできますが当社レギュラーパターンから1.5cm若しくは3.0cmの上下のみご指定いただくことができます。このレギュラーパターンボタン位置は流行が加味されたり、また上着丈によっても異なりますので詳細な数値を決めることが難しいのですが、前回お作りいただいたスーツからの±調整だとか、採寸用にお送りいただくスーツボタン位置からの上下調整(可・不可あり)とご指定いただくと楽だと思います。また、カスタムラインでも有料オプションではジャケットボタン位置の詳細指定をしていただくことが可能です。
    ※各縫製パターンによって同じシルエット仕様(クラシコブリティッシュなど)でも、若干の差がありますので、前回縫製パターンと異なったスーツをお仕立ていただきます場合には、お手数ですがご確認いただければと思います。

More...

インデックス > オーダースーツマニュアル > オーダージャケット Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.