背表共生地ベスト

背表共生地ベスト

ベストの背表はメンズスーツでは標準で、ジャケット胴裏と同じポリエステルやキュプラ裏地
で付けられますが、通常スーツを仕立てるのと同じ表生地(ベスト前身と同じ生地)
で仕立てることもできます。レディーススーツの場合には、縫製ラインによってはこの背表共生地が
標準となっている場合もありますが、メンズではご指定で無料オプションです。
ベストの背表がすべりの良い胴裏地でつけられるのには、ジャケット内での摩擦を
できるだけ少なくし、着心地を良くするという目的があるのですが、それにも増して、
背表共生地には、なかなかの魅力がありそうです。。
衿付きベストや、尾錠の有り無しなどと組み合わせてより個性的なウエストコートが
楽しめます。

対応縫製ライン

全縫製ラインで対応可
+¥2000

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る