インデックス > スーツデザイン Archive

スーツデザイン Archive

ハリスツイードで仕立てるビジネススーツ

ハリスツイードで仕立てるビジネススーツ

ハリスツイードで仕立てるビジネススーツ

    ジャケットベストでお仕立ていただくことが多いハリスツイードですが、 12月~2月のいちばん寒くなる時期におススメなのが、このツイード素材で仕立てるパンツ。
    特にグレーやネイビーの無地系ツイードでお仕立ていただく上下スーツは、 外出の多い営業の方や、寒い地方にご出張の際に、1着あるととても便利な アイテム。。 腰回りを暖めてくれるジャケットやコートよりも、更に足元から暖かく、 快適な環境の中でお仕事をしていただけます。。
    また、カジュアル向きな装いには、ハリスツイード定番のヘリンボーンや、 ガンクラブチェック、その他チェック柄もお選びいただきがいのある豊富な生地柄種類。。 粗いざっくりした生地感が直接肌に触れることが気になる方は、パンツの前身と後ろ身に裏地の付く「パンツ総裏」を ご指定下さい。。

対応縫製ライン
    すべての縫製ラインでご対応可


オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ウィンドウペーン|ネイビーフラノベスト付きスーツ

ウィンドウペーン|ネイビーフラノベスト付きスーツ

ウィンドウペーン|ネイビーフラノベスト付きスーツ

    サッカー日本代表・サムライブルーのオフィシャルスーツの強い影響からか、 ここ数シーズン人気の高いチェック柄のスーツ。時に秋冬シーズンには ベスト付きの3ピーススーツへの関心度がグッと高まります。
    スーツ生地の織り柄はとても種類が多く、なかには一言では難しい 微妙なものも多いなかで、ウィンドウペーンはわかりやすくシンプルな クラシックパターン。日本名「窓枠格子」で、窓枠のように見える チェック柄となっています。
    ウィンドウペーンのチェック柄が、左右の前身でぴったり合っている ことはもちろん、袖と身頃ともぴったり。

対応縫製ライン

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

フラノのバルカラー5釦スーツ

フラノのバルカラースーツ

フラノのバルカラー5釦スーツ

    上衿が大きく下衿が小さいバル・カラーは本来、バルマカーン・コートの衿型ですが、それをジャケット の衿型とすることができます。。標準的なジャケットフロントは釦位置が高くなるために相性が良い4釦3掛。 これを敢えて5釦や6釦など釦数を増やしたり、逆に3釦に減らしたり、というオーダーも対応可。 素材がフラノだと今どきの冬ならアウターとしてご着用いただけます。汚れの目立たないチャコールグレー、 アクセントとしての胸ポケフタ付き、釦位置が高くなることで広く見える前身にチェンジポケットは半コート的 なご着用にも向いています^^

対応縫製ライン

    全ての縫製ラインで4釦3掛のバルカラージャケット+¥1050
    5釦となる場合、その他手裁断が必要となるカスタマイズは特別補正料として +¥3150~で対応可

スーツの背広型

ブリティッシュモデル
英国調の背広型。 紳士服の原型ともいえるこのモデルは、上着丈が長くウエストをしぼり裾にフレアーをだしている。
つまり、シェープドラインが基調となり、それにカントリールックの味が加えられている。トラディショナルルックの原型もここにある
アメリカン・トラディショナル
アメリカ東部で培われた伝統的な服装の総称。
トラディショナルルック、また単にトラッドの名前でも呼ばれる。
コンチネンタルモデル、コンテンポラリーモデル、ブリティッシュモデルと並んで男の代表的な服装を構成している。
アイビーリーグ・モデル
アイビーリーグとはアメリカ東部の有名8大学(エール、ブラウン、コロンビア、コーネル、ダートマス、ハーバード、ペンシルベニア、プリンストン)で結成されているアメリカンフットボールリーグのこと。これらの大学の学生や、卒業生はアイビーリーガーと呼ばれ、アメリカ社会のエリートを占めている。
本来は、アイビーリーガーたちが好んで着ていた背広型であったが、1955年IACDが流行スタイルとして発表した当時から、アメリカで大流行した背広型のひとつとなった。日本でも1960年ごろから人気を集め、「アイビー族」まで結成された。
このモデルの特徴は、肩線ナチュラルショルダー、シルエットがずん胴型、ボタン間隔の広い3ボタン、上2個がけ、ラペル巾は狭く、前ダーツなしで、全体に5ミリ位のステッチがかけられている。スラックスは前プリーツなしのパイプドステム型ターンナップがつき、後ろにバックストラップが付いている場合もある。全体に細長くストレートなシルエットが特徴。
コンテンポラリー・モデル
IACDが1965年に発表した流行モデル。 コンテンポラリーとは「現代的」の意味があり、シングルブレステッド1ボタン、衿はLシェープドラペル、フィッシュマウスなどの変わり型、脇ポケットはウエルトポケット、肩線はテーラードショルダーで、ウエストを絞った短い上着丈に特徴がある。
主にアメリカ西海岸、特にハリウッドを中心とした芸能人に愛用され、素材もイリデッセントなど派手なものが好まれている。日本では単に「コンポラ」の名前で呼ばれることが多い。
コンチネンタル・モデル
欧州型の背広モデルの総称。 大文字でContinentalとつづれば「英国から見た欧州大陸の」という固有名詞になる。
ブリティッシュモデル以外のフレンチ・コンチネンタルモデル、ジャーマン・コンチネンタルモデル、で構成されている。アメリカントラディショナルがスポーティな雰囲気をかもし出すとすればこれはドレッシーな雰囲気を持つといえるだろう。
イタリアン・コンチネンタル
コンチネンタルモデルの中で特にイタリア調のものをさす言葉。
カスタムテーラーの多いイタリアだけに、テーラードで、ディテールに凝ったものが多い。
フレンチコンチネンタル
フランスの背広型の総称。 以前は、肩がドロップショルダー、曲線的なボディシルエットなど特徴が見られたが、現在では的確な区別が付けられなくなっている。
しかし、フランス独特のエレガンス、シックな雰囲気が感じられ、洗練された紳士服ということがいえるだろう。
ジャーマン・コンチネンタル
コンチネンタルモデルのひとつで、ドイツ型のものをいう。
全体に保守的なイメージがあり、カチッと決まったスタイルが特徴である。ナチスの軍服などに見られるように、直線的でエレガントな雰囲気を好むのがドイツ人の国民性だともいえるだろう。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ナポリクラシコスーツ専用|裏仕立てカバーオール

IMG_4174.JPG

ナポリクラシコスーツ専用|裏仕立てカバーオール

    付属・芯地を極力省いたナポリクラシコスーツを更に軽く仕上げるには、裏仕立てにカバーオールをお選びいただくのがおススメ。へり取りのパイピングをしただけの最小限の裏地。このカバーオール仕立ての場合には、付属・芯地が更に少ないため、内ポケットは付けられず、表のポケットも切りポケット(フタ付きポケットなど)も対応不可、胸ポケットも含めてアウトポケットのみと、独特な形なだけに、若干、仕様に制限があります。

対応縫製ライン

    ■カスタムメイドライン専用
    +¥2100の有料オプション

ナローなピークドラペル

ナローなピークドラペル

ナローなピークドラペル

    今年ハヤリの鮫のようにざらついてキラキラした表面感のシャークスキン地に、細身のピークラペルは かなりおシャレ度の高い組み合わせ。礼服などにつける剣衿=ピークラペルをシングルスーツにつけると シングルピークスーツになります。タイトなスーツには衿巾を狭くするとバランスが良いと思いますよ。。 サンプルの衿巾は7cm(標準では8.5cmぐらい)。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで対応可
    +¥1050の有料オプション
    ※ジャケットシルエットによっては組み合わせることが できない場合があります。

靴ずれ布

靴ずれ布

靴ずれ布

    靴ずれ布はオーダースーツでは標準の仕様としてパンツの後ろ裾が靴のかかとで擦れて破損してしまわないように、 お仕立てするスーツと共生地で付けられるものですが、昔の名残りで、後からお直しなどをいただいたときのために、 どこの銘柄の生地でお仕立てしたのかがわかるように、このように生地の銘をいれることが多いです。 パンツの脇ポケットの裏にも同じようにこの生地の耳部分を見ることができます。 オーダーパンツらしいところですね。。

対応縫製ライン

    全縫製ラインで標準仕様

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛

ベスト6釦5掛

    メンズスーツの場合、ベストのフロント釦の数は5個か6個が標準で、5個よりも6個のほうが釦数が多い分、 シャツの見えるVゾーンが狭くなって、釦間隔も狭くなります。
    この6釦5掛ベストは、一番最後の6個目の釦は飾りで釦穴も開きますが、実際には止めることができない 釦と釦穴との位置関係にあります。
    釦穴などに穴かがりを色糸指定としてみたり、この6個めの釦だけ、違った種類・色のものにしてみたりと オーダーベストらしいデザインのバリエーション。

対応縫製ライン

    全縫製ライン対応可
    無料オプション

衿付きベスト(1)

衿付きベスト

衿付きベスト

    ベストはアメリカでの呼び名、イギリスではウエストコート、ニット系のベストはチョッキと呼ばれて ウォームビズには欠かせないビジネス用のアイテムのひとつ。
    燕尾服フロックコートディレクターズスーツには必ず用いられ、上下服・ツーピーススーツに 加えて3つ揃い・3ピーススーツになる。 衿付きにすると更にドレッシーさが増して、仕事ができそうでイカク的な装い。
    寂しい衿元を飾ってくれるディテールとしてもおススメです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ビスポークラインのみ ¥3150
    他縫製ラインでは一律¥2100

シングルピーク衿

シングルピーク衿

シングルピーク衿

    ダブルスーツ標準の衿型ピーク衿をシングルスーツにつけると ちょっとカッコいいです。
    既製スーツにもみかけるおしゃれな組み合わせですが、オーダースーツなら 生地から選べてその他ディテールもお好み次第。 ピーク衿もタイト志向のスーツには衿巾も細め、6~7cmにする ナローラペルがおススメです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • +¥1050の有料オプション

パンツ前立て釦どめ

パンツ前立て釦どめ

パンツ前立て釦どめ

    他の人と少し違っているとうれしいのもおシャレなところです。
    見た目は標準のジッパーとまったく変りありませんが、レトロでアナログ的な感じがうれしいです。 人に見せることはあまりない部分ですので、コダワリのディテールですね、、前立てがジッパーでも ほとんど気になることはありませんが、着用時のパンツの履き心地はより自然、釦穴のゆとりが 影響している感じです。(個人的な感想です)
    夏にはコットンリネン、秋冬シーズンならフラノなどで仕立てたオーダーパンツとの相性が良く、 ついつい釦止めの股間に気持ちがいってしまいがちなのは店長だけでしょうか。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ビスポークは指定で無料オプション
    カスタム、Ex-madeでは+¥1890の有料オプション

アウトポケット

アウトポケット

アウトポケット

    アウトポケットはお仕事用スーツの腰ポケットが切りポケットにフタ付きが 標準なのに対して外(アウト)にはりつけてあるカジュアル仕様。
    サンプル画像は腰位置つけてある腰ポケットですが、これを同形で少し小さくした ものを胸ポケットにも付けて「3パッチポケット」というのもあります。 あまりビジネス用素材、スーツとは相性が良くないのかも知れませんが、 ハリスツイードコットンリネンコーデュロイなど、オーダースーツだからセレクトできる ディテールとして応用範囲も広いです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • 指定で無料オプション

衿穴(ラペル穴・フラワーホール)

衿穴・ラペル穴・フラワーホール

衿穴(ラペル穴・フラワーホール)

    衿キザミ部分から切り替えられているゴージラインを境に、上部分を上衿(カラー) 下部分下衿(ラペル)といって、ラペルには衿穴が付くのが標準です。
    この衿穴は、ラペル穴と呼ばれたりより優雅にフラワーホールなどとも呼ばれます。 フラワーホールというのは、花を挿したりするのに使うためですが、一般的には 社章、記章、おシャレな人はラペルピンなどをさします。 ご指定いただけば、衿穴なしでお仕立てすることができます。 また、この衿穴をかがっているかがり糸を色指定などするとぐっと おシャレさを増してしまいます。
    バルカラーなど、下衿(ラペル)の小さな衿型の場合には、衿穴を付けられない場合もあります。 ノッチ衿セミノッチ衿ピーク衿など衿型を問わず、衿穴は付けられます。また、普通は1個の衿穴を左右2個や、 片側に平行して2穴付けるなど、オーダースーツならではのカスタマイズも対応可。

対応縫製ライン

  • 衿穴ありが標準仕様
  • 指定で衿穴なしも可(無料オプション)

ジャケットフロント-シングル4釦3掛

ジャケットフロント-シングル4釦3掛

ジャケットフロント-シングル4釦3掛

    ジャケットの第一釦をした時にネクタイとシャツが見える三角形の部分をVゾーンといいます。 このVゾーンはジャケットフロントの釦数が増えるほど釦位置が上って狭くなり、釦数が少なければ 釦位置は低くなって、Vゾーンは広くなります。この釦位置の高い・低いや釦間隔は流行に大きく左右されるところ。 一般には2釦よりも3釦、3釦よりも4釦のほうがVゾーンは狭く、ご希望があればシングル5釦の スーツもお仕立ていただけます。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可

パンツ裾ダブル

パンツ裾ダブル

パンツ裾ダブル

    パンツの裾の作り方は、このダブル仕様がおシャレなトレンド。もともと正統派といえるのは 折り返しのないシングルでしたが、その昔アメリカの大統領マッキンリーが遊説中、どしゃ降りの雨に降られたとき、 無造作に折り返してはいたのが始まり。おぼっちゃん学校の学生さんが裾ダブルをよくはいているので、 かしこまったイメージにとられることが多いのかも知れません。
    サイト内オーダーフォームでは、便宜的に3.5cm~4.5cmまでの0.5cmきざみをご案内させて いただいていますが、それよりも折り返しの浅い、深いは数値指定対応可です。標準は4.0cm。
    スナップ止めとされる裾ダブルを、折り返しがあるように糸止めで見せかけたデザインは フレンチ・ターンナップ

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • 指定で無料オプション

モーニングカット

モーニングカット

モーニングカット

    パンツ・スラックスの裾の仕立て方には、シングル、折り返しのあるダブル、それとシングルの前側を1.5cmほど あげたモーニングカットというのがあります。ぱっと見た目はシングルとそれほど変わりがありませんが、 靴をはいたときなどにたるむパンツの前裾を適度にカットすることで、パンツ前ライン(クリース)をきれいにみせる ためにこのようにします。また、この前裾のたるみをブレイクなどともいって、ルーズ感をだすために わざわざ長めのパンツにするのが好まれることもあります。 モーニングカットの名前は、モーニングコートの縞ズボン裾がこの形をしていることから。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※指定で無料オプション

ジャケットフロント-手付けボタン

ジャケットフロント-手付けボタン

ジャケットフロント-手付けボタン

    オーダースーツのひと手間かけた仕事はジャケットのフロントボタンを手付けで行うことにも あらわれています。ボタン付けは機械で付けるのが一般的ですが、洋服地とボタンとの間に糸で足を作り、 服地の厚みに合わせた根巻き、さらに足に糸を通すことで丈夫に仕上がります。 ジャケットのフロントボタンは使用頻度が高く、一番力の加わる部分だからこその丁寧仕立てです。 また、表地とボタンをつなぐ足があることで、ボタンの着脱もスムーズです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで標準仕様

フックベント

フックベント

フックベント

    フックはカギのこと。
    見た目はほとんどセンターベントと同じですが、ベントの切れ目根元が カギ状になっています。アイビー調必須のディテールですが、そうと限った ものでもなく、おシャレ感覚でご指定いただいても大丈夫です。 メンズスーツ、特にお仕事用にご着用になる場合には、あまり大きく デザイン変更することが難しい場合がありますから、こういったところで ちょっとだけ遊べるのもオーダースーツならではの楽しみです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※指定で無料オプション

タイトシルエット

タイトシルエット

タイトシルエット

    Pitty Savile Rowのカスタムメイドラインでご提案させていただいている タイトシルエットは、ボタン位置の高いハイゴージ、全体のゆとり量を抑えた細身のスーツです。 ファッション度の高い熟成されたクラシコラインに比べるとうらやましいぐらいにぜい肉も少ない若年層向けのシルエットのように思われがちですが、オーダースーツの場合には、タイトでもゆとり量は適正量なので、 着心地良くカッコ良いスーツに仕上がります。
    また、さらにゆとり量を抑えたショート丈仕様のタイトスーツのシルエットも人気です。

対応縫製ライン

サイドベンツ

サイドベンツ

サイドベンツ

    ベントはもともと乗馬服着用時動きやすいようにジャケット背面に切れ目 を入れたもので、真ん中にあるものをセンターベント、両脇に2本あるものを サイドベンツ、ベントのないものをノーベントといいます。ネットからご注文をいただくおよそ7割程度が サイドベンツで、ヒラヒラとおシャレですし、両脇の切れ目はパンツを多く見せて 着用者を足長に見せる効果があるのでおススメです。
    サンプルのジャケット裏地は表地チャコールグレーに対しての真っ白、、 動くとサイドベンツの裏地は見え隠れするので、選び方もお好み次第です。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※無料オプション

パンツ-脇ポケット斜め

パンツ脇ポケット斜め

パンツ-脇ポケット斜め

    あたりまえのようについているパンツの脇ポケットにもいろいろな形があるのですが、 少し角度のある斜めポケットが標準的なパンツの脇ポケット。ポケット口を斜めにしてあることで、手が入りやすい作りになっています。
    ノータックパンツでは横切りのポケットなどもご指定いただくことができますが、 タックのあるパンツの場合には、この斜めポケットのほかポケットを垂直につける タテポケットもポピュラー。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • パンツ脇ポケットの標準

パンツ-ピスポケット・フタ付き

パンツ-ピスポケ・フタ付き

パンツ-ピスポケット・フタ付き

    パンツの後ポケットのことをピスポケットといって、 標準ではフタなしで左のみ釦止めとなっていますが、 これをフタ付きのピスポケット仕様に変更することができます。 左右両方にフタを付け釦どめとする形や、左のみフタ付き 釦どめ(片側なら左のみ)、フタはつけないが左右とも 釦どめとするなど。
    ピスポケットのピスは、ピストルのピスで昔パンツの後ポケット に護身用のピストルをいれたことから。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※指定で無料オプション

ベスト-腰ポケットハコ

ベスト-腰ポケットハコ

ベスト-腰ポケットハコ

    特別なご指定をいただかない限り、ベストの腰位置のポケットはこのハコポケットが標準仕様。 どの縫製ラインでもいくつかの変わり型デザインのご用意があり、ジャケットの腰ポケットと同じようにフタ付きポケットに したりフタを取った玉縁のみのフタなしポケット他、ビスポークラインではかなりの自由度があります。
    このハコポケットはジャケット胸ポケットのハコポケットと同形状。

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで標準仕様

ベスト-尾錠

ベスト-尾錠

ベスト-尾錠

    ゆったりめのベストをこの背の尾錠できゅっとしめてジャストサイズに調節するために使いますが、今のベストはぴったりに着用しますので、ほとんど飾りのようなもの。
    逆にオーダーなのでゆったりめのサイズに作ったベストをこの尾錠で絞って着るのもおもしろいです。ベストの背の作り方にも、「ジャケット胴裏と同じ裏地で仕立てる」「ベスト前身と同じ生地で仕立てる」などいくつかの方法があるので、尾錠を付ける付けないのセレクトでカスタムメイドの巾も広がります。

対応縫製ライン

    ※全縫製ライン/尾錠つきが標準仕様
    備考欄などに【尾錠なし】など明記で
    尾錠なし仕様にも対応可

衿付きベスト(2)

衿付きベスト

衿付きベスト

    ウォームビズにおススメなベストに衿が付くと グッと格調高くシックな装いになります。 オーダーだからベストを付ける付けないはご注文時に 選ぶことができるのですが、おじさん臭いニットベスト よりもスーツ生地と共生地で仕立てるベストははるかに カッコいいもの。
    ベスト付きスーツのことを3ピースとか3つ揃えなどと いい、上下一組のものは2ピーススーツといいます。
    ウエストコート(ベスト)付き3ピーススーツは英国調で着こなしたい ブリティッシュスーツは欠かせません。
    ベストの衿は前のみで、首の後ろ(衿腰)部分は通常つきません。

対応縫製ライン

  • カスタムライン
  • ※ベストオプション+¥2100
  • Ex-made・レディース
  • ※ベストオプション+¥2100
  • ビスポーク
  • ※ベストオプション+¥3150

シングル3釦1掛段返り

シングル3釦1掛段返り

シングル3釦1掛段返り

    3釦1掛段返りはアメリカントラディショナル、略してアメトラのフロントデザイン で、一般的に3釦スーツとして認識のある3釦2掛スーツよりも衿の下げ止まる 位置が少し下になります。 そのため、衿の返り線上で第一釦穴がちょうど真ん中あたりで折り返されることに なり、特徴的なデザインとなっている。 釦は3つありますが、胸部分の前開きも大きくボタンも真ん中1個でしか とめないため着心地は楽。
    ※画像はカスタムライン・ブリティッシュモデルの3釦段返り

対応縫製ライン

  • 全縫製ラインで対応可
  • ※ジャケットのフロントデザインとして指定
    無料オプション

内ヒダパンツ【インタック】

インタックパンツ

内ヒダパンツ【インタック】

    よく目にするタックは着用時外側を向いてヒダの入っている 外ヒダパンツ【アウトタック】ですが、オーダースーツの場合には、 これを内側にたたんだ内ヒダパンツ【インタック】をご指定いただくことができます。 パンツのモモ巾などの太さは普通の外ヒダパンツと同じ、 オーダーらしいデザインなので当店でもよくいただくディテールです。
    タイトシルエットなスリムパンツに飽きてしまった方や、すこしゆったりめに余裕のあるパンツをお探しの方、 体型からヒップ・モモ巾にゆとりが欲しい方におススメなパンツデザインです。

対応縫製ライン

  • 全縫製ライン対応可
  • ※無料オプション

腰ポケット【斜め・ハッキングポケット】

斜めポケット・ハッキングポケット

斜め・ハッキングポケット

    ジャケットの腰ポケットはフタ付きポケットが標準で、 その切り口は水平に切られていますが、その口巾を 脇側に向けて少し下げた切り口にしているのが「斜めポケット」とか 「ハッキングポケット」「スラントポケット」と言われるもの。 ファッションはちょっとルーズで反抗的だったりするとおシャレに みられるものなので、お仕事上大丈夫そうな人にはおススメ。 フタ形状は通常のフタ付きポケットが長方形なのに対して、 平行四辺形の形になります。 脇側に向けての下げ巾は垂直線で3cmがレギュラー。

対応縫製ライン

  • ビスポーク
  • ※斜めの下げ幅自由設定可
  • その他縫製ライン
  • ※「レギュラー3cm」または「下げ幅強6cm」
    の2形状からの選択可

外ヒダワンタックパンツ

外ヒダワンタックパンツ

外ヒダワンタックパンツ

    タックは「布をたたむ」とか「ヒダをとる」などの意味で、 パンツでいうタックはもちろんデザイン的な意味もありますが、 ワタリ巾(モモ巾)の太さと関連があります。 パンツ前部の左右に1本ずつヒダのあるのが1タックで、 このタックはヒダが外側を向いているので外ヒダタック。 逆に内側に向いていれば内ヒダタック(インタック)などといい、 2本あれば2タック。 パンツの太さはヒダの数が多いほうがそれだけゆとりができて 太くなりますので、タイト傾向のパンツはノータック(タックなし)や 1タックが主流。

袖口半額縁仕立て

袖半額縁01

袖口半額縁仕立て

    袖本開き釦どめ・本切羽の簡易仕立て。 袖本開きが実際に釦穴が開き、ジャケットのフロント釦などと同様に とめることができるのに対して、半額縁仕立ては釦穴の穴かがりは 飾り(切羽)のみで実際には開かないのは、「袖あきみせ」という 袖口仕様と同じですが、袖先に切り込みが入り袖本開きと同様の 額縁仕立て(賞状などを飾る額縁の角のような作り)となっている分、 より本開き釦どめの形に近く、よりリアルです。

対応縫製ライン

  • カスタムラインメイドスーツ
  • ※+¥1050の有料オプション
    ※2017年春夏以降、開きみせ仕様として標準デザインになりました。(無料)
    ※他縫製ラインでも対応させていただくことが
    できますが、既定デザインでないため
    特別補正料として¥2100~¥3150が必要。
袖半額縁02

衿型セミピーク

セミピーク衿

衿型セミピーク

    ダブルスーツに標準でつけられるピーク衿よりも尖った下衿が少し 小ぶりなセミピーク衿。このダブル寄りなピーク衿をシングルスーツに つけてしまうデザインをシングルピークといって、 スーツをオーダーいただく際には、衿巾指定 などもしていただくことができますが、全体的にタイト志向の現在では ピーク衿よりもこの小ぶりなセミピーク衿のほうが相性が良いと思うのは店長の個人的な 好みです。。 ちなみに中央に見える釦の穴かがり状のものは衿穴とかフラワーホールといわれるもの。

ブリティッシュスタイル

ブリティッシュスタイル

ブリティッシュスタイル


対応縫製ライン

    カスタムメイドライン
    ※無料オプション

バルカポケット

バルカポケット

バルカポケット

    バルカポケットは、胸ポケットの底が船底のように緩やかに湾曲した 形をもつもの。 バルカ【barca】はイタリア語で小さな船とかボートという意味で ポケット左端が小舟のヘサキのように先端が尖った形状をしているのも特徴的。 このバルカポケットには、胸のシルエットを立体的に見せる効果があり ウエストシェイプされたクラシコイタリア仕様のスーツと相性が良い。
    オーダースーツのオプションの中でも知名度が高く、人気があり、スーツの胸ポケットがこの形をしているだけでファッション上級者に見えるのでおススメです。

ハッキングチェンジポケット・フタ角

ハッキングチェンジポケット・フタ角

ハッキングチェンジポケット・フタ角

    右腰ポケットの上に、腰ポケットよりも少し小さめについている フタつきポケットをチェンジポケットというのですが、これは もともと小銭やチケットを入れるためのもの。 チェンジポケットだけでもあまり見ないおシャレなスーツになって しまいますが、更にこのポケットの切り口を斜め(ハッキング)にして、 標準では角に丸みのあるポケットのフタを角張った形にしたのがこの形。 通常の腰ポケットのフタはポケットの切り口が水平なので、長方形を していますが、斜め(ハッキング)にすると、フタ形状は平行四辺形に、、 その角が角張っています。
    本格的なアイビーリーグモデル・パンツのピスポケットは、このフラップ角の形をしています。

シングル3釦1掛中段返り

シングル3釦1掛中段返り

ジャケットシルエット

    クラシコイタリアを代表するジャケットシルエット。フロントに釦が3つつけられるのは多くみられる3釦2掛スーツと同じなのですが、衿の下げ止まりの位置(衿返り線の一番下の位置)がジャケットの第一釦位置(一番上の釦)よりも約3cm下の位置になるので、フロントの第一と第三釦は飾りで実際にはとめません。また、衿の下げ止まり上に第一釦をおくことから生まれる独特の衿のロール感、衿下から少しだけ垣間見える釦はおシャレ心を充分に満足させてくれます。釦位置の高い3釦スーツを着てみたいけど、出っ張ったおなかが窮屈そうで・・と今時スーツを敬遠がちな方にも、3つあるうちの中1個の釦だけでとめるこの3釦1掛中段返りはオススメです。

More...

インデックス > スーツデザイン Archive

Search
Feeds

Page Top


Copyright © PSR スーツスタイル Аll Rights Reserved.