Ex|フタなし左釦止め

フタなしポケット

ビジネス用スーツの標準、フタなし左ボタン止め

フタなしポケット
パンツの後身、ヒップに付くポケットのことをピスポケットといいます。ピスポケットは昔、この後ろポケットにピストルをおさめていたことに由来するもの。もっと簡単にバックポケットとか、ヒップポケットのほうがわかりやすそうなのですが、オーダースーツ店を含め縫製業界では、「ピスポケット」が普通に使われます。
この「ピスポケット」は「フタなし左釦止め」という形がビジネス標準。この尻ポケットのデザインでは、左右ともフタは付かずに、左側だけ打ち抜きのボタン止めにする形になります。
このピスポケットは札入れ用財布を入れておくのに使う人が多く、また右利きの人の場合には左手で出し入れするため、この用心のための左釦止めにはやはり意味があります。
逆に、左利きの人は(右手で札入れを収納する人)には、右側のピスポケットが釦止めとされていたほうが便利なのかも知れません。
ヒップはできるだけスッキリ、機能的なボタン止めも最小限に抑えたデザインが「フタなし左釦止め」。オッドパンツとして着用するオーダーパンツのオプションにあるフタ付きとした場合の、「クモフタ付き」「角フタ付き」「ループ付き」「ベロ付き」などを用いたパンツとは対象的に、カジュアル素材でもクールなお仕立て上がり。

左右(両)ボタン止めもできます

ピスポケットを使わない方用にはポケットの袋布を付けないこともできます。
よくあるフォーマル用のジャケットの腰ポケットにあるデザインで、ポケット口のみ普通に玉縁(パイピング)で作っておいて、開かないように縫い付けてしまいます。
新調してから時間が経つと若干開き気味になってしまうポケット口が気になる方にもおススメ。オプション料もかかりません。
また、「フタなし左右ボタン止め」というピスポケットのデザインでも、長期間きれいなポケット口を維持できるうえ、更にボタンが1個多い装飾的デザインは、オーダーパンツとしての個性的なデザインともなりそうです。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る