Ex|袖釦3個・革釦

袖ボタンの数

ビジネススーツは4個、カジュアルジャケットは2個

袖ボタンの数
日本人の手の長さには3個位が一番バランスがよいと思うのですが、人気のタイトでショー
ト丈のスーツ
も、クラシコスーツブリティッシュスーツも、着丈の長い短いに関係なく、袖丈は長めが好まれているため、ボタン数も合わせて4個で多めいう傾向があります。
また、キス釦(重ね釦)とすると、その分釦間隔が詰まるので、4個は適量というところもあります。
カジュアルジャケットの袖ボタンを2個にするのはビジネススーツと少し気分を変えてみたい気持ちが働いているのではないかと思います。

袖釦中1個

レディーススーツではけっこう見かけますが、メンズのお仕事用スーツでデザインとして取り入れるとちょっとかっこ良すぎる感じ、カジュアルジャケット向きかも知れません。
この中釦というのは、ジャケットのフロントにつける釦のことで、20ミリ位の直径をしており、通常袖につける釦は小釦といい15ミリ位の大きさ。コート用の釦などには、20ミリ(中釦)をはるかに大きさで越える30ミリ位の直径のものもあります。

くるみ釦・共布釦

釦をスーツ地と同じ布で包んで、袖釦・フロント釦に使用することができます。
上品でおしゃれなスーツになります。ベルベットでくるんだくるみ釦・共布釦などを多く見かけますが、ドレスアップ度が更に上がります。
ジャケットのフロント釦は、使用頻度が高いので、くるみ釦にすると色の薄い生地の場合にはすぐ汚れたり、磨耗したりと傷みがちなため、予備用釦を余計に釦を作っておいてもらうとか、補修用に添付される共生地をしっかり保管しておいたほうが良いと思います。

小柄な人の袖釦の数

小柄な方は手も短いのが普通ですから、短い袖丈には釦数も少ないのがバランスが良いと思うのですが、いまどきスーツは、ジャケット丈に関係なく袖丈長めなので、袖釦数も4個で付ける方が非常に多くなっています。
フォーマルスーツや、かしこまった席で着たいきっちり寸法のダークスーツなどお仕立ていただく際には、着丈・袖丈の適正バランスに対して、身の丈にあった袖釦数は注意していただきたい点のひとつです。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る