Cu|ポリエステル裏地・半裏仕立て

半裏仕立て

半裏仕立ては背抜き仕立てよりも軽量で夏向き

半裏仕立て
半裏仕立ては、オーダースーツらしい夏向きな裏仕立て。前身裏地+背裏地(下3分の2をカット)された背抜き仕立ての裏地のうち、前身頃の裏地を弧を描くようにざっくりと切り取った裏地の付け方をします。
この裏地を省いた面積分ジャケットが軽く、通気が良い夏仕立て。裏地を付けることで、ジャケットの型崩れを予防しながら軽く、涼しく、快適な夏をお過ごしいただくことができる裏仕立て。ジャケットの前釦を外したときに、チラっと見えるスケルトンな内部の付属類。腰ポケットの袋布が半分程度、顔をのぞかせます。

半裏仕立ては分類上、合服仕立て

ずいぶん裏地を省き、軽涼な夏仕立てイメージの半裏仕立てですが、背抜き仕立てと共に合服仕立ての裏地とされています。合服は梅春ものともいって、シーズン的には3~4月に着用されるもので、モヘア混素材に代表されます。ほんの一時期のぜいたく品。近頃では、そこまで用意する人が少なく、ほんと洋服屋泣かせの陽気です。いつまでも寒いと思ったら、すぐ暑くなったり、暑いと思ったらすぐ寒くなったり・・、衣服で調整するよりも、空調設備のほうが便利でということでしょうか。
合服などというと、オールシーズンに兼用で着ることができるスーツと語感からイメージされてしまうかも知れません。
盛夏用夏服の裏仕立てには、肩裏仕立てというのがあります。これは、半裏仕立てに付けられている背・前身部分の裏地、肩部分だけを動きやすくする目的のために限りなく少なくした裏仕立て。裏地が肩に少しと背裏の上部に少ししかついていません。

裏地オプション

無料裏地オプションだけでも、豊富な色柄の中からスーツのイメージにあったものをお選びいただくことができるほか、更に夏用には極薄裏地などまで選べる機能的なカスタムメイド。
特にご指定のない場合は、店長がスーツ表生地に一番合った裏地を経験からのセオリーで決めさせていただきます。
スーツ地よりちょっと薄い色で付けるビジネススーツ標準の合わせ方をさせていただくことが多いので、濃紺スーツ地にエンジの裏地とか、黒無地スーツにライトグレーの明るい裏地など、通常合わせない色合わせをご希望の方は、ご指定いただくと良いと思います。。
有料裏地からは、光沢感に優れすべりの良いキュプラ裏地はとても人気があり、ツヤのある無地やビビッドな柄裏など種類も豊富。盛夏用としてお選びいただくことができるメッシュ裏地、網目状に作られた裏地のため、気持ち良い新鮮な空気を服内に取り込みます。
また、ビスポークスーツでは高級感のあるシルクハット柄のキュプラ裏地を無料オプションとしてサービス中。このほか、花柄、ペイズリー、幾何学模様、ドット柄、ストライプ柄など、取り寄せ可能な裏地のご用意もございますので、ご希望の柄裏地などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る