パンツ・後ろポケットフタ付き

★パンツピスポケット(後ろポケット)

フタ付きポケット


左フタ付き釦止め
(Ex-made)
 
 
パンツ・後ろポケットフタ付き

左フタ付き、左右フタ付きポケット

パンツのピスポケットにフタをつけることで、カジュアル感を演出することができます。特に、上着を脱いでいる機会の多い春夏シーズンのパンツには、このフタ付きポケットにする方が多く、クールビズが普及してからは更にその傾向があります。ファッションポイントのひとつとして利用価値の高いピスポケットのフタは装飾的で、なおかつ機能的。春夏用の素材は薄いので、フタをかぶせてもそれほど重くならなずに着用感への影響も少ないです。

逆に、ツイードサキソニーなど若干厚地な紡毛織物で作るフタは、強い存在感があります。また、フタを付けるなら左のみですが、左右両方に付けたほうが、カジュアル感・スポーティーさが増しますから、ビジネススーツとしてご使用になる場合には仕立てる生地の厚みや素材感と相談する必要があります。



フタ付きポケットの変わり型

フタ付きポケットの場合には、普通はボタン止めとなるのが一般的ですが、これをボタンなしや、隠しボタンなどにすることもできます。「フタ付きボタンなし」は、ポケット口にフタのみはついていますが、ボタン止めとなっていないデザイン。「隠しボタン」は、一般のボタン止めがポケットフタを貫通した「打ち抜き」となっているのに対して、表生地一枚を残してポケットフタを貫通させないボタン止めとしたもの。

ポケットのフタそのものの形は一般には「くもフタ」といわれる半円に似た形をしたものですが、これをアイビースラックスにある「角フタ」としたり、長方形の「角フタ」を台形、「ベース型」「ループ」「ベロ」などそのバリエーションも豊富です。

パンツピスポケットのデザインは、オーダーフォームのパンツ項目の中からお選びいただけます。

メールのお客様限定セール