Ex|キュプラ縞・総裏仕立て

総裏仕立て

暖かで着心地がよい総裏仕立て

総裏仕立て
背抜き仕立てが、背裏地の下3分の2のない形なのに対して、総裏仕立ては胴裏地と背裏地が裾まで全て付く裏仕立てになります。
せっかくカッコ良い裏地を選んだんだから、どうせならジャケット内側も目立たせたいですし、総裏仕立ての場合には、ジャケット内側にすべりの良い標準ポリエステル裏地ほか、キュプラ裏地、メッシュ裏地などが付けられることで、洋服内の回転が良くなり保温効果も増しますので、ウォームビズ的暖房衣としてご着用予定いただく場合にも、総裏仕立てがおススメです。

春夏素材でも総裏仕立てがおススメなケース

まだ肌寒い日のある春先のジャケットなどは、秋冬ジャケットでは色合いも濃いものが多いため、陽ざしや周囲のトーンも次第に明るくなるシーズンにはちょっと・・。
春夏用生地は、明るい色合いは良いけど素材が薄くて少し頼りなげ・・、なんてことは有りがちです。そんなときには春夏用素材に裏地をつけるのがおススメです。裏地が付いた分ちょっと重くなって心強いですし、冷たい外気も遮断。総裏仕立てならではの、服内の保温効果も向上します。
近年の暖冬傾向から、春夏素材、秋冬素材とも裏仕立ての使い方で、オールシーズン的に着こなす方が多くなっており、「春夏生地には総裏仕立て」「秋冬生地には背抜き仕立て」という組み合わせ。以前なら、春夏スーツならできるだけ涼しく、秋冬スーツは暖かくというオーダースーツ思考にも更に個性的なカスタムメイドが加わった感じです。
春夏素材なら金属的で涼しげな光沢感・ざっくり織り目も粗いモヘア混素材よりは、一般的な薄手なウール素材で、秋冬素材ならツイードフラノなど厚地な紡毛織物よりは、Super表示の細糸で織られた生地が、こんな着方には相性が良いです。

裏地オプション

無料裏地オプションだけでも、豊富な色柄の中からスーツのイメージにあったものをお選びいただくことができるほか、更に夏用には極薄裏地などまで選べる機能的なカスタムメイド。
特にご指定のない場合は、店長がスーツ表生地に一番合った裏地を経験からのセオリーで決めさせていただきます。
スーツ地よりちょっと薄い色で付けるビジネススーツ標準の合わせ方をさせていただくことが多いので、濃紺スーツ地にエンジの裏地とか、黒無地スーツにライトグレーの明るい裏地など、通常合わせない色合わせをご希望の方は、ご指定いただくと良いと思います。。
有料裏地からは、光沢感に優れすべりの良いキュプラ裏地はとても人気があり、ツヤのある無地やビビッドな柄裏など種類も豊富。盛夏用としてお選びいただくことができるメッシュ裏地、網目状に作られた裏地のため、気持ち良い新鮮な空気を服内に取り込みます。
また、ビスポークスーツでは高級感のあるシルクハット柄のキュプラ裏地を無料オプションとしてサービス中。このほか、花柄、ペイズリー、幾何学模様、ドット柄、ストライプ柄など、取り寄せ可能な裏地のご用意もございますので、ご希望の柄裏地などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る