タブ付きジャケット

★ラペル(衿型)

タブ付きラペル


上衿黒ベルベット・英国調(Custom)
クラシコハリス・タブ付き丸(Custom)
ナポリクラシコ・タブ付き角(Custom)
ハリスヘリンボン・タブ付き丸(Ex-made)
クラシコドネガル・タブ付き丸(Ex-made)
タブ付きラペル・角(Bespoke)
レギュラー・ハリスタブ付き丸(Ex-made)
レギュラーハリス・タブ付き丸(Custom)
タブ付きラペル・角
タブ付きラペル・角
タブ付きラペル・丸
タブ付きラペル・丸

英国調トラディショナルなカントリージャケットの衿型に

スロートタブとかスロートラッチとかいって、カントリー調のジャケットの左側上衿に、舌(スロート)のように付いているものです。シックな色柄のハリスツイードなどざっくり感のある生地で仕立てると、より雰囲気がでます。

現在は飾りとして残っているだけですが、このタブに開けられた釦穴は、反対側に付けられた釦と1セットで止めあわせることで、防寒用アイテムとしての側面もあり、強い風が吹いた時などに、衿を立てて使用されていたそうです。
上質な大人な着こなしを楽しみたいのならタブ付きジャケットだけで、十分ですが、もうオーダースーツらしくもうひと工夫なら、タブを別生地で作ったり、穴かがり糸を色糸指定など比較的簡単なカスタムメイドです。



ガンパッチ・エルボーパッチ

両方とも、カントリー調のジャケットには相性が良いデザインなので、タブ付きカラーとセットになることも少なくありません。ついでに背バンドや背部分にアクションプリーツを付ければ、ノーフォークジャケットっぽいスポーティーなジャケットスタイル。

ガンパッチは銃を肩に支えるためのもの、エルボーパッチは袖摺り防止布として、背バンドはベルトの名残なので、どれも現実的にどうしても必要というものではありません。ガンパッチだとずいぶん見た目が変わってしまいますが、コーデュロイツイードのジャケットにエルボーパッチぐらいなら、ほど良くクラシックな英国の田園風景を演出するお役に立つのではないかと思います。



アウトポケット

貼り付けたようにしたポケットを、アウトポケット(パッチポケット)といいます。
スロートタブ・エルボーパッチ付きときたら腰ポケットも、ビジネススーツ仕様のフラップポケットではなく、カジュアル度の高いアウトポケットのほうがしっくりきます。

アウトポケット表面にプリーツを入れたり、アウトポケットにしてフラップをつけたり、更にそのフタを釦止めにしたりと、お好みに合ったイメージでお仕立て下さい。

メールのお客様限定セール