背抜き仕立て

★裏仕立て

背抜き仕立て

背抜き仕立て

オールシーズン用におススメな背抜き仕立て

ジャケット背部分の裏地が、下3分の2ほどカットされた裏仕立てです。
この形にしておくと、裏地が少ない分軽くて通気が良いというメリットがある反面、総裏仕立てに比べて保温効果が期待できないというところもありますが、ベスト付きの3ピーススーツとして仕立て、中衣的なベストで寒暖の調整をするなどの方法で、春夏秋冬を通して長くご着用いただくことができるようになります。

オールシーズン用の裏仕立てということで、春夏素材、秋冬素材のどちらでもご利用いただくことが多く、スーツでは標準の裏仕立てとされています。


キュプラ飛び柄・角台場(Custom)
背抜き仕立て(Bespoke)
メッシュ裏地・背抜き仕立て(Ex-made)
キュプラピンク・背抜き仕立て(Ex-made)


背抜き仕立てが適さないケース

長いシーズンでご着用いただける背抜き仕立てですが、摩擦の大きい生地(例えば、コーデュロイツイードベルベットフラノなど)では、動作時にジャケット内側で布地同士がつっかかって、洋服内の回転が悪くなる傾向があります。

摩擦が大きい起毛素材は、秋冬にご着用いただくことに適した暖かな素材が多いのですが、このような素材の場合には、ちょっとぜいたくに、ウォームビズや休日カジュアル用の防寒衣として総裏仕立てにすることで、冬専用アイテムにしてしまったほうが良いかもしれません。シーズンをきっちり分けた装いは、ご着用者も快適にお過ごしいただくことができるとともに、スーツなどのアイテムを長持ちさせる秘訣です。



裏地オプション

無料裏地オプションだけでも、豊富な色柄の中からスーツのイメージにあったものをお選びいただくことができるほか、更に夏用には極薄裏地などまで選べる機能的なカスタムメイド。特にご指定のない場合は、店長がスーツ表生地に一番合った裏地を経験からのセオリーで決めさせていただきます。

スーツ地よりちょっと薄い色で付けるビジネススーツ標準の合わせ方をさせていただくことが多いので、濃紺スーツ地にエンジの裏地とか、黒無地スーツにライトグレーの明るい裏地など、通常合わせない色合わせをご希望の方は、ご指定いただくと良いと思います。。

有料裏地からは、光沢感に優れすべりの良いキュプラ裏地はとても人気があり、ツヤのある無地やビビッドな柄裏など種類も豊富。盛夏用としてお選びいただくことができるメッシュ裏地、網目状に作られた裏地のため、気持ち良い新鮮な空気を服内に取り込みます。
また、ビスポークスーツでは高級感のあるシルクハット柄のキュプラ裏地を無料オプションとしてサービス中。このほか、花柄、ペイズリー、幾何学模様、ドット柄、ストライプ柄など、取り寄せ可能な裏地のご用意もございますので、ご希望の柄裏地などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メールのお客様限定セール