Cu|4釦4掛・チンツ加工ベスト

変わり型ベスト

打ち合いがダブルのベスト

ダブルというのは、両前と言われる前合わせの深いデザインになるため、あの尖った衿(ピーク衿)を想像してしまった人は勘違いをされています。
特にフォーマルスーツなどでよく目にするダブルスーツには、剣衿(ピーク衿)はセットのようになっているため、そのようにイメージされるかたもいらっしゃるかも知れません。
ベストにもジャケットと同じようにフロントの打ち合いを深くした、6釦3掛、4釦2掛というようなスタイルがあります。
このダブルベストの場合には、シングルベストのように前裾が剣のようになっているもののほか、水平になっているものもあります。
スリーピーススーツとして着てもかっこ良いですし、ベスト+パンツでの着こなしはより個性的でオーダースーツらしい組み合わせ。

Uカットベスト

胸開きのカットのことで、一般的なベストの胸開きがV字に見えるVカットをしているのに対して、Uの字に見えるカットとなっています。
ビジネス用に用いられることは少なく、バーテンダーや、おしゃれなハスラー。使われる生地も一般的なスーツ地よりは、光沢感をより強調した玉虫調のものや、ビビッド、パステルなどの色具合。
ご婦人がテーラーの生地で作るべステッド・スーツ、メンズでも注目の「ジレパン」には、組み合わせてみたいベストデザインです。
こんなベストに合わせるオーダーパンツもひと工夫欲しいところです。

ベスト単品なら、共布・くるみ釦でアクセント

くるみ釦・共布釦は、ジャケットやコートなどでも用いられますが、釦をベスト生地の共布でくるんで作った釦のことでファッション性も高いアイテム。オッドベストファンシーベストとしてご着用になる場合には、目先も変わっていておススメです。
メンズスーツでは、袖ボタン大15ミリの大きさの釦が前釦として付けられますが、これをジャケット前釦と同じ少し大きめな20ミリ+くるみ釦(共布釦)などとすると、より効果的です。オーダーフォーム上ではご案内しきれないデザインなども、このぐらいの変更なら比較的簡単に対応させていただけます。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る