外ヒダスラックス

★パンツタック

タックが外を向いたスラックス


外ヒダ1タックパンツ
(Ex-made)
外ヒダ2タックパンツ
(Ex-made)
外ヒダ1タックパンツ
(Ex-made)
外ヒダ3タックパンツ(Custom)
外ヒダ1タックパンツ(Custom)


外ヒダタック(アウトタック)

タックと言えば、パンツ・チャックのある中央から脇に向かって折り畳まれているこの外ヒダタックのこと。ヒダの折山が外側に向いているため、外ヒダタックとかアウトタックと言います。パンツをオーダーする場合には、普通にワンタックもしくはツータックといえば、外ヒダタックのことになります。

外ヒダタックが普通過ぎて面白くない人・・、オーダーパンツではこのタック量を変えることができます。タック量というのは折り畳まれているタックの深さのことで、2タックの場合内側の1本目のタックが深さで2cm、外側のタックが1.5cm程度なので、タック量はそれぞれ深さの2倍ということになります。タック入りパンツは、これだけの量、単純にヒップまわりに余裕があるので、はいていて楽に感じます。

タック量を調整する場合、この寸法を調整することになるのですが、あまり浅くしすぎるとタックが開きすぎてしまう(はだけてしまう)ので注意が必要。タックは入れてみたいけど、あまり太すぎるものは・・、とお考えの方には、深さ5ミリ程度(タック量1cm程度)浅くする寸法は、問題のない調整寸法。
逆に、バブル期ソフトスーツのようなアルマーニ調太めのパンツで豊かなドレープ感を楽しみたい方は、タック量を多めがおススメ。同じ外ヒダのパンツでも、雰囲気や表情がまったく違います。



大きな体重変化から体型が変わってしまった人

完成品パンツのウエスト伸縮調整は、せいぜい5cm程度が標準では限界なのですが、オーダーパンツならではのパンツウエストまわりの仕立て方で、10cmぐらいまでウエスト寸法を伸ばすことができるようになります。
この調整ができるパンツは腰帯を「帯なし」という仕立て方で作ってあるパンツ。
通常、「帯つき」と言われる3.5cm程度のウエストバンドがパンツ上端に付けられている部分を、パンツ身頃を延長した一枚仕立てで作るオーダーならではの贅沢仕立て。タックとウエスト部分が一体となっているので、例えば2タックのタック量分を伸ばし、1タックパンツとすることで、そのタック量分のウエスト寸法を伸ばすことができるようになります。

「帯つき」と「帯なし」のパンツではご着用感にも好みのわかれるところですが、「帯なし」はソフトな履き心地というご感想が多いです。

2タックパンツをノータックにすれば、13~4cmもウエストを伸ばせるようになりますが、そこまでやるとパンツのシルエットも変わり、費用もかかるため、今後のご着用予定も含め、急場の間に合わせ程度とお考え下さい。
また、ウエスト寸法を大きく出す必要がある時には、全体できつくなっていると思いますので、合わせてモモ巾の寸法も出すことをおススメします。

メールのお客様限定セール