Ex|クラシコ・両衿クローバー

クローバーリーフ

レディーススーツ向きの衿型

クローバーリーフ
ノッチドラペルの上衿と下衿の角がとれた衿型です。クローバーの葉のような形に丸くカットしたものというのが名前の由来で、やはり角がとれると印象がやさしくなりますので、レディース用のジャケットに多く用いられるほか、コンテンポラリーモデルの代表的な衿型としても知られています。
高級プレタのレディーススーツでは、クローバーの形をデフォルメしたような衿型を見ることがありますが、テーラードのジャケットの場合には、ノッチ衿の上下の角が丸くしたものなので、キャリアスーツとしてご利用いただく方が多いです。また、コンポラスーツに特徴的な、ジャケット着丈を短くして仕立てるスーツというのもかっこ良さそうです。

上衿部分のみベルベット

クローバーリーフラペル限定ということではありませんが、オーダースーツらしいカスタムメイドなデザインとして、上衿(カラー)のみ別生地で仕立てることができます。
下衿(ラペル)は前身頃の前端を折り返して作られた衿、上衿(カラー)は、ゴージラインで切り替えられ、一般的なスーツなら共生地で仕立てられますが、この部分をちょっとおしゃれに、光沢感・高級感のあるベルベットに付け替えてしまうというもの。
どの縫製ラインでも対応させていただくことができますが、特別補正工賃として+¥3150前後と、ベルベットなどの取替え生地分の生地代が必要です。

衿キザミを大きくしてみよう

衿のキザミはタキシードで用いられるショールカラーなどの棒衿ジャケットにはない、上衿・下衿で作られる三角形の部分。わかりづらいご説明よりも、ジャケットを目の前に置いていただけば、衿から三角形がカットされている部分が目に付くと思います。
この衿キザミは、各縫製ブランドのブリティッシュスーツクラシコスーツなどパターンによって標準セットされたものがありますが、ビスポークラインスーツではこのカットの大きさを、ご指定いただくことが可能です。ゴージラインの高さ、上衿・下衿の角カットと合わせて、とにかく個性的なジャケットを・・、とご希望の方、上級者向きなオーダーメイドをお楽しみいただければと思います。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る