Cu|袖釦開きみせ・革バスケット釦

袖開きみせ

本開き釦止めのように見える開きみせ

袖開きみせ
ジャケットの袖口の仕立て方が、もともと前釦と同様、釦穴が開いて止められるような作りとなっている「本開き釦止め・本切羽」だったものを、簡略化した「見せかけの開き」が「開きみせ」。フェイクなので、釦穴の代わりに飾りの切羽、袖口の切り込みは縫ってあるため、実際には開きません。
このほうが丈夫で長持ち、実際釦穴が開いてないいため、袖丈の直しも容易というところもあり、優れものですが、クラシックな「本開き釦止め」はなかなか気になります。

切羽

袖本開きなら袖ボタン穴が開いているため、その釦穴をかがる糸が必要になります。
開きみせの場合ボタン穴は閉じてますので、穴かがり糸は必要ないのですが、その代わり切羽という穴かがりに似せた刺繍が入っています。この切羽という刺繍には、縫製仕様によって機械で入れられた切羽と、手縫いで入れられた切羽の2種類。
穴かがりの色糸指定は、袖切羽にも対応可。
また礼服の場合、切羽は一般的には付きません。

本開き釦止めへの変更

袖口仕立てが「開きみせ」となっているご愛用スーツを、「本開き釦止め」にできないか?
という補修のお問い合わせをたまにいただきます。
結果からいうとできない、ということになってしまいます。
「開きみせ」の袖縫いこみ部分に、釦止めとするための釦穴を開ける縫い代を通常とらないので、切り込みを入れて袖口を開くようにする、「スナップ止め」がせいぜいです。
この「スナップ止め」は「開きみせ」のように釦穴が開かない切羽がついた状態のまま、袖口の切り込みがスナップ止めとなる形。「本開き」のように袖口は開きますが、釦で止めず、スナップでパチンと止めるデザインです。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る