Cu|アウトポケット・クラシコ
スーツ・腰ポケットの位置
アウトポケット(ウエスト)

アウトポケット(ウエスト)

カジュアルジャケットに人気のポケット

アウトポケットは、ビジネススーツに合わせることは少なく、ビジネスはフタ付きポケット、カジュアルジャケットにはアウトポケットと、自然に区別されてしまうイメージがあります。
お店などでも、「これはお出かけ用ジャケットに作るし、生地もツイードなので・・、形はシングル2釦で衿はノッチ、胸は箱ポケットで腰ポケットはもちろんアウト。
袖釦はビジネススーツでは3個が多いので、カジュアル感を演出するために少し変えて2個、遊び着だから動きやすいようにサイドベンツ・・」よくあるオーソドックスなオーダーパターンです。。
今まで店長もこういった組み合わせのジャケットデザインの寸法帳を、何枚書いたことかわかりません。腰ポケットにアウトポケットを選ぶのは、鉄板デザインというところです。

アウトポケットの変わり型

四角だったり底の角が取れて丸かったりというのがアウトポケットの基本的な形です。
カジュアル調の型なので、そのバリエーションはとても豊富で、多くのデザインが用意されています。、四角のポケットの入り口を斜めに切ったり、ポケット上端に同じ布または別布で切り替えをつけたり、ポケット腹部にインバーテッドプリーツやアウトボックスプリーツ、ワークパンツ風にアウトポケット+フタ付きボタン止めとするなど、オーダーフォームからお気に入りのものをご指定いただけます。

アウトポケットにものは入れない

アウトポケットは、パッチポケット。同じ生地を上から貼り付けて作るポケットのため、中に何かを入れると、入れたものの形がそのまま浮き出てしまい、あまり格好良くありません。
ジャケットの腰ポケットをアウトポケットにした時には、物入れとして使わないほうが良いと思います。バッグやポーチを持たず、スーツやジャケットを機能的なポケット代わりにお使いになる方にはフラップポケット(切りポケット)がおススメです。

アンコンジャケット・マオカラージャケット

どちらのモデルもアウトポケットが似合います。胸ポケットまでアウトポケットにする近頃人気の3パッチポケットは、よりカジュアル感が増します。特に肩パッドや芯地の入らないアンコンジャケットなど、アウトポケットのもつ雰囲気とはぴったりです。
カスタムライン専用パターンのナポリクラシコスーツは、肩パッドなし、芯地・付属を極力省いた着心地の軽いジャケットにも関わらず、ビジネスにもご使用いただけるクラシコ調スーツのフォルムはそのまま。
立体的な裁断が、軽い着心地とテーラードのシルエットを両立させています。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る