フックベント

★ベント

フックベント


ホームスパン・フックベント(Ex-made)
アメトラ・フックベント(Custom)
オリーブグリーンコットン(Ex-made)
フックベント

フックベントのフックは訳すとカギ型

センターベントと同じジャケットの背裾中央に入るベントですが、よく見ると背裾からさかのぼったベント開き止りが、カギ型(フック)になってます。モーニングコートやアイビー調ジャケットに入るベントの形ですが、普通のシングルスーツにセンターベント感覚でカスタムメイドしても、特徴的な伏せ縫いのためにはいるミシン糸がアクセントになって、おしゃれ度がアップします。
ディズニーアニメのピーターパンで有名なフック船長の義手のようがカギ型・・と、店長はそのイメージで覚えています。



アイビー調に特徴的なベント

アイビー(Ivy)は、ハーバード大学などアメリカ東部有名8大学で構成されるフットボール・リーグに加盟するアイビー・リーグ校の学生やその卒業生たちが、好んでよく着ていた背広型「アイビー・リーグ・モデル」のこと。
アメリカン・トラディショナルの代表的なスーツスタイルで、これを、1955年にIACDが流行スタイルとして発表してからアメリカで人気となり、日本でも1960年ごろから「アイビー族」まで結成されてしまうような流行になりました。

火付け役はアイビーの教祖”VANの石津謙介氏で、平凡パンチが「アイビー族」のバイブルだったというのは少し意外なところです。このアイビー調スーツは一部のファンにいまだに根強いに人気があるスーツスタイル。
ボックス型のシルエットでボタン間隔の広い3釦上2掛ラペル巾は狭く、フロントダーツなし(ダーツでウエスト部分を絞らないボックス型)で、全体に5ミリくらいのステッチがかけられています。

普通ステッチというと、上衿・下衿・フロント・胸ポケ・腰ポケあたりに入れるフロントステッチが一般的なのですが、本格的なアイビー調となると総ステッチで、さらに脇・肩・袖・背・ベント・ズボンの脇にまで入ります。

パンツはというと、ノータックで細身のパイプド・ステム(煙突のように上から下まで同じ太さ)で、裾はダブルで後ろ身にバックストラップが付くこともあります。
アイビー・リーグ・モデルのスーツを本格的に復刻するカスタムメイドも気合が入りますし、また釦間隔の取り方、パンツのライン、ステッチの入れ方など、部分的にデザインを取り入れて見るのも楽しそうです。

メールのお客様限定セール