Ex|クラシコ・センターベント

センターベント

シングル2釦スーツと相性の良いセンターベント

センターベント
シングル2釦スーツノッチ衿・センターベントの組み合わせは、一番オーソドックスなビジネススーツの基本形。スーツ生地が濃紺やグレーならかしこまったイベントやリクルート、新入社員さん用、スーツを着る機会の少ない方のための一張羅的スーツにおススメです。
知らないで着てらっしゃる方もいるかもしれませんが、センターベントを合わせられるのは、シングルスーツだけといってしまっても良いほどで、打ち合いがダブルのジャケットにセンターベントは、ピーコートかよほどの変わり型ジャケット以外見ることがありません。
ダブルスーツの場合には、サイドベンツノーベントからベントの種類を選ぶことになるため、このディテールでは、センターベント・フックベントも選べるシングルスーツのほうが、より多くの着こなしを楽しむためのカスタムメイドの巾が広いです。

センターベントは、背の真ん中に入る切れ目のこと

ジャケット背の中央の縫い目(シーム)上に、左右から重ね合わせた、片重ねという割りかたで、真ん中に1本の切れ目が入ります。スリットは、切れ目の生地が突き合せになっているので、重なり部分のあるベントとは区別されます。

ベントとは・・

発祥はイギリスで、乗馬用のハッキングジャケットを、馬に乗りやすいように裾を割ったのがはじめで、別名「馬乗り」と呼ばれるのはそのためです。
一般にタイトめとはいっても、ブリティッシュスーツクラシコスーツなどにも標準に取られるゆるみがあるため、機能的にどうしても必要ということはありませんが、バックスタイルのアクセントとしては重要な意味を持ちます。
また、ジャケットのシルエットによっては、ショート丈で着るタイトスーツなど、極端にゆとり量を減らした細身スーツの場合には、標準でセットされた大きく開くフロントカットと合わせて、腰を楽にするためのベントは必須。

関連記事

ネットからオーダー

ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
ご愛用スーツ寸法から仕立てる本格オーダースーツ
採寸方法 ご愛用ジャケットやパンツ寸法を基本寸法としてお仕立てをさせていただくオーダーは、普…
仕立てる生地を選ぶ
仕立てる生地を選ぶ
生地から選べるオーダースーツ あなたのお気に入りスーツの寸法を基本とさせていただき、本格的な…
各縫製ライン対応のスーツモデル
各縫製ライン対応のスーツモデル
シルエットに違いのある各スーツモデル ゴージと言われる上衿(カラー)と下衿(ラペル)の高さ・…
スーツデザイン
スーツデザイン
スーツのデザインを選んでオーダーする オーダースーツでは、スーツを仕立てる際「ジャケット」「…
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
シルエット、デザインの違いから選べる縫製ライン
縫製ラインとは? Pitty Savile Rowでは、多くのジャケットモデル、シルエット、…
オーダーの流れ
オーダーの流れ
オーダーの流れ 1500を超える生地から選ぶオーダースーツ。 Pitty Savile Ro…
ページ上部へ戻る