ワンタックパンツ

★パンツタック

タックが1本のスラックス


外ヒダ1タックパンツ
(Ex-made)
ネイビーコットンパンツ(Ex-made)
ネイビー地チェック・ワンタック(Ex-made)
ホワイトコットンパンツ(Ex-made)
ベージュコットンパンツ(Ex-made)
外ヒダ1タックパンツ
(Ex-made)
ワンタックパンツ

ワンタックスラックス

ノータックパンツよりもモモ巾(ワタリ巾)で1cm程度太く、ツータックパンツよりは逆に1cm程度細いパンツシルエット。折り畳まれたタック(ヒダ)がある分だけ、ノータックパンツより太くなり、タック本数が少ない分だけ、ツータックパンツよりも細くなります。

現在はジャケットもパンツも全てタイトなシルエットが好まれていますので、パンツもできるだけ細身に作れるノータックパンツが人気ですが、オーダーパンツの体型的なところからすれば、ウエストとヒップの差寸の大きな人、現在ご着用になっているノータックパンツのヒップまわりが少々キツそうな方は、+1本のタックを入れておくとずいぶん楽になると思います。

また、「デザイン的にワンタックパンツとしたいのだが、できるだけ細身に・・」という方にも、オーダーでお仕立ていただくことができるワンタックパンツは、モモ巾(ワタリ巾)を可能な限り細く調整ということにも対応させていただけます。
お仕事柄、椅子に座っている時間の長い方は、腰まわりがフィットするノータックパンツの場合、特に下腹部辺りの横ジワが気になるところですが、タックを入れておくとその横ジワも軽減されます。



パンツのシルエット

パンツをオーダーする時には、パンツのデザインを考えながら、パンツのシルエットも一緒に考えることが多いと思います。「お腹が出てるからワンタックにしておこう・・」パンツのタックは、シルエットとご着用感に直接影響するものなので、特に大事なデザイン。

オーダースーツのご注文にも慣れてくると、次にはパンツのシルエットを決める採寸の3ポイント、モモ巾(ワタリ巾)・ヒザ巾・裾巾が気になります。ヒザ巾は、ヒザの位置の巾。現物スーツからの採寸では、股下寸法の半分から5cm上がった位置の巾寸法を測ります。(ご愛用スーツをお送りいただく場合には、その寸法、またはご希望の微調整後の寸法で。)
また、「そこまでこだわらないけど・・」「面倒くさいなぁー」「でも少し調整してみたいけど・・」と言う方には、現在人気の寸法に、かっこ良く調整させていただくこともできますので、お気軽にお申し付けいただければと思います。

メールのお客様限定セール