Cu|チェンジポケット

チェンジポケット

チェンジポケット

ブリティッシュ調と相性が良いチェンジポケット

ジャケットの腰ポケットの上に、口巾10cm前後の小さなポケットをつけたものを、チェンジポケットといいます。
チェンジポケットのchangeは小銭を意味していて、小銭入れやチケット入れとして使用するためのもので、右腰ポケットの上にあるのが通常です。チケットポケットには、ポケット袋内に小部屋をもうけたものや、パンツの帯間にスラッシュポケットとして作るものなど、いくつかの種類がありますが、このチェンジポケットは特別で、オーダースーツのデザイン的にも人気があります。
相性がいいのは、上着丈が長く・ウエストシェープ・裾フレアーを特徴とするブリティッシュ・モデル(英国調の背広型)で、ブリティッシュスーツといえばと連想されるぐらい、よく組み合わされることが多いデザインです。釦位置が高め、着丈長めの胴にほど良いアクセント。

スーツ・腰ポケットの位置
チェンジポケット

チェンジポケットをフタなし

チェンジポケットも見かけるようになったので、飽きてしまった・・、という方には、腰ポケットはフタ付き、チェンジポケットはフタなしパイピング(両玉縁)が見えるデザインはいかがでしょうか。シンプルでなかなかクールなイメージです。もちろん、腰ポケットの全てのフタをなしというご指定にも対応可。

小銭入れなんだから釦止めにしてみる

チェンジポケットは、小銭入れ・チケット入れがその本来の使い道なので、ボタン止めとしても決して不自然なデザインではありません。カジュアル感が増す装飾目的のデザインでも、そのデザインの歴史的ないきさつを知っていると、自分が楽しいです。
通常ではカドの丸いフタをアイビー調に角フタフラップ、しかもチェンジポケットのフタも角になると、お洒落度は更に増してしまいそうです。

関連記事一覧