ダブルスーツ4釦2掛

w42

★ジャケットフロント

ダブル4釦2掛スーツ

ダブル4釦の1掛スーツが2個ずつ並ぶフロント釦のうち、下1個のみで止めるデザインなのに対して、4釦2掛は、2個とも釦を止めるように出来ているため、Vゾーンが狭く、1掛けよりもタイトな印象があります。

ダブルスーツの形の中では、ご利用者が比較的少ないデザイン。ファッションに関心のある人でなければ、こんな釦配置のダブルスーツがあることもご存知ないかも知れませんが、タイトめがトレンドな現在、デザイナーズ・ブランドのダブルジャケットで見かけることが多くなってきたような気がします。共通していえるのは、タイトで着丈が短く、4個釦の釦配置が極端なぐらい上の位置というところ。

オーダースーツでは、この高めの釦位置や、横、タテの釦間隔はそれほど難しい指定ではありませんので、ご自分からネックポイントからの指定、またサンプルスーツを元にどの程度上げるなど、ご指定いただくことで、カスタムメイドしていただけます。
もともとダブルスーツはシルエット自体がドレス(フォーマル)寄りですから、着こなしの巾が狭く、ピーク衿という衿型は案外シャツの衿型との相性が良くないのですが、ダブルのジャケットは太いウエストを隠してくれるというのが大きなメリット。
ダブルスーツがお好きで、いつも同じシルエットばかりではつまらないというお客様の気分転換にはおススメです。


クラシコ・クローバー衿4釦2掛(Ex-made)
 
 


★おススメの体型

ダブルスーツの着こなし方

小柄な人はダブルが似合わない・・、だからダブルスーツは選ばない、仕立てるのはフォーマルスーツの時ぐらい・・。ダブルスーツをおススメすると、いつも決まった同じ言葉が返ってくることが多いです。
そんな食わず嫌い・ダブルスーツ嫌いな方に、まず1着目におススメするダブルスーツは小柄な方をスッキリ見せるダブルの4釦1掛け。その大きな理由は、下の釦一個掛けにすることで、真っ直ぐなラペルの線が身体・前身を長く斜めに走るため、その視覚的効果から、上背を高く見せるんです。

ここで大事になってくるのが、着こなし方。ダブル6釦2個掛けスーツの下釦1個外しは、前釦を外して着ることができないダブルスーツの中でも、シックな着方の代表。
これと同じ着こなしがダブル4釦2掛のスーツでも可能です。ダブルスーツを着ている人の数が少ないので、有名ファッション雑誌の中に見るこんな初歩的な着こなしをお手本にするだけで、ずいぶんかっこ良く目立ててしまいそうですね。。



★寸法・デザイン調整

ダブルスーツは、本当に太めのウエスト、隠してくれるんですか・・

「太目のウエストを隠せる・・」というと、とても消極イメージに思ってしまいがちですが、その逆に厚い胸、肩、腰は、風格・格調・大人のイメージのあるダブルスーツをかっこ良く着こなすためには役立つボディーバランス。

ダブルスーツは、太めのウエストを隠して細く見られたい・・と思ってしまうようりも、大きな体格を生かして自分に最も合ったスーツの着こなしを堂々とするという着方がおススメで、ダブルスーツは昔から「恰幅のよい人が似合う」と言われているのはそのためです。
しかし、「タイト=かっこ良い」というのは、メンズスーツでもいつの時代にも共通しているところがあり、身体を包むフォルムが腰まわりを隠すというシルエットをより効果的にするためには、ジャケットの腰ポケットのフタを、袋の中にしまいこんで隠してしまうとすっきりします。
「見せたくないものは隠す」が、体型カバーの基本、見せたくない部分からは相手の視線を遠ざけろ・・、というところです。フタが付いているとただでさえ、ぼこぼこ、ひらひら、横巾は太く見えがちだし、気がつくと、「フタが半分見え隠れしてしまっていた・・」なんて、かっこ悪い経験をされたことはないでしょうか。
その上、フタが付いていれば、自分の隠して見せたくない部分に視線を集めてしまうので、ジャケットの腰ポケットには標準の「フタ付きポケット」のフタ(フラップ)をはじめから付けない「フタなし(玉縁のみ)」という仕様も無料オプションで対応可。
フタがなければ腰回りはすっきり、相手の視線もひきつけません。

メールのお客様限定セール